2023年01月28日

B凸を組む

明日運転会ですが、点検修理ばかりでなにも作ってないので、急遽すぐにできそうなB凸を組むことにしました。

20230128d.jpg
キットの箱は金ラベルです。完成車を入れると長さがかなり余りそうです。

20230128e.jpg
箱から出してみました。パーツ袋はA〜F、Aが車体系、Bはパンタ、Cは台枠系、Dは動力、Eはウエイト、Fはカプラーです。

20230128f.jpg
Aの車体系パーツです、

20230128g.jpg
前面窓A−4を折り線から谷折りで曲げておきます。

20230128h.jpg
曲げ終わりの前面窓材A−4

20230128k.jpg
側板A−1と前面窓A−4をハンダ付け

20230128m.jpg
H形というか、こんなのができました。

20230128n.jpg
ボンネット上板A−2を折り線で谷折りします。角度は側板に合わせます。

20230128p.jpg
側板とボンネット上板の合い具合を確認します。

20230128q.jpg
両方のボンネットを置いてみて全体のイメージを確認。

20230128r.jpg
先にボンネットフタA−3を表の凹にはめてハンダ付けします。

20230128s.jpg
ボンネット上板を側板へハンダ付け。

20230128t.jpg
屋根板を取付ました。 前面のようす。尾灯とか何もないです。

20230128u.jpg
パンタ台を曲げて屋根板のスリットに差し込んで裏からハンダ付け。

上回りはここまで。
組説順ではここから手スリなどのディテールを取り付けますが、今回は形だけできればヨシとして後回しにします。

20230128v.jpg
下回りの組み立てへ進みます。台枠系のパーツです。

20230128w.jpg
端梁は折り線で谷折りにするとZ形なります。
組説順ではエアホースをつけるようになってますが後回し。
主台枠の端部を谷折りで曲げます。

20230128x.jpg
台枠全体をネジで組んでみまっした。
主台枠真ん中の動力取付部は山折りで…と書かれてますが、図がないのでちょっとイメージがつかみにくい。

20230128y.jpg
真ん中を山折で曲げてみました。

20230128z.jpg
動力はFM−Dです。仮台車枠をはずして主台枠に止めました。

20230128za.jpg
マクラバリワッシャというのを使うようになっているけど、使わないで組んでしまった。
今日はこれでヨシとします。

20230128zb.jpg
下回りだけで走行テスト。

モーターが6V仕様なので電圧は低めで試運転。

20230128zc.jpg
車体止めビスで上下を組んだら今日は一応出来上がり。
テストランします。

電圧計のついたパワーパックで6V越えないようして運転するようにしましょう。
タグ:IMON B凸
2023年01月28日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2023年01月27日

銚子デハ501キット点検

Twitterの方でのやりとりで、1/87のデハ501キットの状態を確認したことなかったのに気付きました。棚に長く置いたままになっています。ウレタンとか入っているのか、見ておく必要があります。

20230127a.jpg
18900円で割りと安いですが、車体関係だけの価格です。

20230127b.jpg
あっ、車体の中にウレタンが入ってる〜。
別売パーツもまとめて箱に入れているようです。

20230127c.jpg
箱から全部出してみました。車体内のウレタンは両端に前面パーツがついています。
右下のウレタン塊は何だろう?
ただの緩衝材にしては梱包してあるし、中に何か入っているのか?

20230127d.jpg
ウレタンがらみのパーツを袋から出してみました。幸いにも劣化はないようです。
ウレタン塊の中にはスリットがあって、間に連結器胴受パーツが入ってました。

20230127e.jpg
ウレタンの接していた車体内側は影響ないようです。

20230127f.jpg
前面パーツの形保持のためにウレタンを挟んでいます。

20230127g.jpg
ロスト一体の連結器胴受と解放テコ。取り出し時にテコが曲がったかな。

20230127h.jpg
前面パーツはえらく丁寧な梱包でしたが、取り出しに注意が必要でした。

さて、台車や動力があったはずだけど、この箱には入ってないなぁ。

20230127k.jpg
これまた探し出すのに時間かかりました。こんなところで発見。

20230127m.jpg
キドモーターを縦に二つ搭載するという、すごい動力装置です。

20230127n.jpg
モーターはギヤボックスに組み込んであるようです。
FMギヤでもないしMPギヤでもないような、独自設計かなぁ。
台車はロスト製で枕バネが別体の組立式でしょうか。
オリジナル性がありすぎて、どうなんですかねぇ。
コントロールしにくいキドモーターを1軸1個ってどんな走りなのか。
メーカー完成品があるらしいので聞いてみよう。

2023年01月27日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2023年01月26日

新交モワ51点検

点検シリーズの続きは新潟交通モワ51です。

20230126a.jpg
フクシマのキット組み立てです。 例によって棚出し走行してみます。

起動は8V以上必要ですが、走り出したら大丈夫なようです。

20230126c.jpg
ちょっとメンテナンスします。車輪踏面もそれほど汚れてない。

20230126d.jpg
窓ガラス外れが見つかりました。

20230126e.jpg
分解して直すしかない。

20230126f.jpg
パンタのスリ板がはずれて行方不明です。

20230126g.jpg
1.0×0.2の燐青銅帯材を適当にカットして取り付けました。

20230126h.jpg
作業終了。 4Vくらいで起動するようになりました。


貨車を牽かせてみます。5〜6Vくらいでの周回です。
キドモーターのパワートラックでは、起動して適度な速度で周回させる制御範囲が狭いです。


2023年01月26日 23:00 | コメント(0) | 1/80・16.5mm