2008年02月19日

複線化工事状況 京都〜丹波口

嵯峨野線複線化工事の中で、最も難関と思われる京都〜丹波口間の様子を見るため、山科から京都駅へ出て239Mの先頭から撮影をしてみました。動画で撮ったのですが、サイズが大きいので本線HPの方へ掲載することにし、ここではキャプチャーした静止画をご覧ください。

20080219b.jpg
タキイ種苗前  複線化の余地はありません

20080219c.jpg
梅小路への分岐点  左は東海道線

20080219d.jpg
上は大宮陸橋  ここも場所がないです

20080219e.jpg
大宮陸橋をくぐったところにポイントが設置されて複線スペースができています

20080219f.jpg
レールも準備されています

20080219g.jpg
右へカーブ  右下は蒸気機関車館の展示運転線

20080219h.jpg
梅小路からの線が近づくあたり

京都駅から大宮陸橋付近までは単線、というか長ーいシーサスが入っていると考えればよいでしょうか。完全な複線にはできないようなので、この形で完成を目ざすことになるようです。複線へ分岐するポイントの外方が京都駅場内信号扱いで、丹波口側からそこまでは接近できることになるようです。

乗車記録
醍醐10:12普通5502山科
山科10:23新快速****Mサハ223-2020京都
京都10:43普通239Mクハ111-7605園部
園部16:39普通260Mモハ113-7047二条
二条17:36普通5601醍醐
タグ:線路
2008年02月19日 23:29 | コメント(0) | JR嵯峨野線