2008年08月30日

京阪700形の製作34

京阪初代700形の続きです。
下回りが一応できたのですが、床板と車体の取付をネジ止めで行うことにします。端部にはすでに横梁をつけているのでそれを利用すればよいのですが、中央部も止めておきたいところです。床下機器と干渉しないように横梁の位置決めをするので、床下機器取付板をt0.6真鍮板から切り出しました。
20080830a.jpg
それにしても機器がよくわかりません。図面は空気側の配置があるだけで、電気側の主制御器や抵抗器がどうなっていたのか、手持ちの資料では限界です。その頃の他の形式等を参考にして、ストック品の1/80パーツから寄せ集めて作ることにします。
取付位置の作業的には、ブレーキシリンダがほぼ中央にあるので、そのテコの間にねじ穴位置を決めています。

20080830b.jpg
車体側の横梁はt1.0真鍮板を切り出して瞬間接着剤で取り付けました。車体幅29.7mmの維持も兼ねています。現物合わせで1.4mmネジ穴もあけてできあがりました。

20080830c.jpg
裏返して見たところです。1/80の台車をそのまま使っているので、輪軸関係をなんとかしたいところです。

「モデルノート」らしい記事になってきたなぁ…。でも、嵯峨野線関連の閲覧の方が圧倒的に多いようです。月末は園部へ行ってないので様子がわかりませんが、113系もどうなっていくのか9月1日が楽しみです。
2008年08月30日 23:15 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2008年08月29日

京阪700形の製作33

京阪700形の下回り続きです。
20080829a.jpg
連結器をどうするか、実物は自動連結器をつけていましたのでKD711でもよいのですが、自動開放をすることもなかろうと思われますので、貫通側は自連型ドローバーでいくことにしました。非貫通側は中間にはいることがほとんどないのでダミイ自連でいきことにしました。間に1500形を連結する予定をしていますが、これもドローバー対応でいくことにしました。

連結面間の寸法ですが、京阪の図面では600形と同系列の16号が妻板間で780mmとなっています。1000系列は914mmとなっていてかなり広めです。この頃に車輛はアンチクライマーも装備しており、形式によってさまざまな寸法になっているようです。
模型では妻板間を9mmで設計することにしました。9×87=783mmで600形に近い数値かなということです。

20080829c.jpg
床板をはめて穴の位置決めをしています。図面を書かずに現物合わせ優先(^_^;

20080829b.jpg
車体の横梁にもねじを逃がす穴をあけておきました。

20080829d.jpg
ドローバー取付での連結状態です。

20080829e.jpg
非貫通側の自連もカプラー台を作って取り付けました。

これで連結運転が可能になりました。1500形はまだ手つかずで、3連にパワトラ1個ではちょっと厳しいかもしれません。まあ。作ってから考えよう。
次はやっと車体側の作業です。 

2008年08月29日 22:52 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2008年08月28日

京阪700形の製作32

進捗遅い京阪初代700形です。

20080828x.jpg
動力部分の加工を進めました。高さ方向の設計を厳密にしてないので、現物合わせでパワートラックのボルスタを付けることにしました。とりあえず切り抜いて穴あけて取り付けてみました。

20080828y.jpg
動力なしの方と高さを合わせてみました。微妙なところですがまあこんなもんでよしとしましょう。
2008年08月28日 22:55 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2008年08月15日

京阪700形の製作31

久しぶりに京阪電車を進めることにしました。

20080815a.jpg
とりあえず動力を決めないと床板の加工などができないので、パーツ箱から使えそうなものがあるか探したところ、MPギヤは手持ちないし、F1ギヤとかも考えましたがジョイント類がないので、最も手軽なところでD14台車に24.5ミリのパワトラとなりました。
2008年08月15日 23:57 | コメント(0) | 1/87・16.5mm