2009年02月21日

但馬通い

ここには書かないでおこうと考えていたのですが、毎週ほど兵庫県に出かけて何しとんねん…ということもあろうかということで、簡単に報告です。

20090221a.jpg
義弟(妹の夫)の納骨に参列してきました。彼は但馬地域の小学校教員で、この地域の情報教育の推進担当をしていました。51歳で現役教員のまま亡くなりました。若いのでがんの進行が早かったようです。親族というだけでなく、貴重な小学校男性教員を亡くすのは残念なことです。
彼が家に残した十台以上に及ぶコンピュータや周辺機器や関連書籍が仕事ぶりを語っています。しかし、ネットワークの契約や設定の情報は家族にも伝えられておらず、後始末をするにあたって同じような仕事をしていた私が面倒を見ることにしました。そんなことで、しばらくは但馬通いが必要になります。
仕事の場合は次の担当者に引き継ぎを行いますが、家族では意外と本人だけしかわからないことが多く、資料等が整理されていないと、いつの間にか口座から料金が落ちていったり、請求書が郵送されたりしても、対応できないことがあるようです。我が家もかなりの台数をネット接続しており、同様なことがおこる可能性があることを認識しています。
私はこの仕事から一旦リタイアしましたが、現役の先生方にはくれぐれもお体を大事に職務を全うされることを願うばかりです。
2009年02月21日 23:00 | コメント(0) | 管理人ノート