2009年03月22日

香住駅のキロポスト

先日の記事で山陰線香住駅のホーム上にある181.5キロポストの写真を掲載しましたが、香住駅の営業キロは180.0となっています。キロポストは実距離で建植すると思われますが、営業キロと実キロが一致しているならば、香住駅の停車場中心には180.0キロポストがあると思われます。しかし、今回はどこにあるのか気がつきませんでした。
山陰線は嵯峨〜馬堀間の新線区間切替時に1.6km短縮されていますが、これ以前の香住駅の営業キロは181.6となっており、短縮実施により180.0となっているわけです。ホーム上の181.5キロポストは香住駅停車場中心より百メートルほど京都寄りに建っているため、停車場中心は181.6となって短縮措置前は営業キロと実キロは一致していたと思われます。そうすると、このキロポスト表示は短縮措置以前のキロ数を表示していることになります。
そうなると香住駅だけではなく、山陰線の馬堀以降のキロポストは短縮前の位置に建植されたまま、表示も短縮前のままになっていて、マイナス1.6キロと読み替えるというようなことなんでしょうか?
どなたか標識などにお詳しい方、ご教示いただければ幸いです。
2009年03月22日 23:00 | コメント(0) | JR西