2010年02月20日

車輛整備続き

午前中は確定申告の書類作成、午後から先週の運転会に持っていった車輛の整備を続けることにしました。私鉄の小型電車たちですが、パンタグラフのフックがゆるんで折りたたみのロックが効かなくなっているものが多いです。

20100220a.jpg
これは琴電71号 ホームページの表紙にしているヤツです。フックの根元がゆるんでいます。ハンダで修理したいところですが、コテをあてられるような状態ではありません。スリ板もはがれているようです。

20100220b.jpg
フックは瞬間接着剤で固めてしまいました。折りたたみの動作にも何とか耐えられるようです。スリ板は、りん青銅板で作りました。

20100220c.jpg
パンタをはずしたついでに、ブロワーブラシでホコリを掃除しておきます。

20100220d.jpg
パンタを屋根に戻して修理出来。下回りも台車端梁やダミイモータなどがはずれかかっていたのでなおしました。

20100220e.jpg
これは銚子電鉄デハ500です。これもフックが不調なので修理しておきます。下回りは快調なのでそのままです。

20100220f.jpg
同じく銚子電鉄デハ800です。パンタの横枠がはずれ、フックもかかりませんでした。これも瞬間接着剤で修理しました。運転室窓ガラスがはずれていたので、床板をはずして車内から接着です。

20100220g.jpg
下回りはパワートラックが不調で走りません。分解してみるとモーターは大丈夫で調子よく回ります。ウォームギヤの車軸側についているウォームホイールが両軸とも割れていました。車軸にはローレットが切ってありますが、割れてしまうと横にスライドしてかみ合わず、動かなくなってしまいます。
日光製品のパワトラ用車輪に交換したものは比較的事例が少ないようです。しかし、手持ちのストックしてある交換用スポーク車輪のギヤはいくつか割れているものがあり、パワトラに組み込んで使っていなくても経年変化で割れが入るのでしょうか。

20100220h.jpg
デハ800はプレート車輪なんですが、パワトラ用プレート車輪の交換用がなかったので、スポーク車輪で割れてないものを選んで取り付けました。

20100220k.jpg
整備の終わった車輛たちを並べた棚です。右端の熊本電鉄モハ71は問題点がなく、車輪の掃除だけして終わりです。
2010年02月20日 22:10 | コメント(0) | 模型各種