2011年01月13日

MW井笠のホハ組立11

 西南海さんのブログで井笠のホハ組立が進んでいるので、ウチの方でも再開することにしました。いつから止まっているのか調べたら、2010年7月22日の記事のところで止まっていました。もう半年以上も放置ですが、このくらいは序の口ですね。実は屋根板だけホジ12と一緒に塗ってしまったので、こんな状態から再開です。
20110113a2.jpg

 西南海さんの記事にもありましたが、床板の嵌め合いはたしかによくありません。なんとなく入ってはいますが、エンドビームのところまできっちりと嵌ってない感じです。
20110113c2.jpg
 エンドビームは床板の角穴にはめて位置決めするのですが、角穴が大きくとってあり、どこに合わせるのかは組説に書いていません。適当につけると、ステップが仕切板と干渉してしまうようです。
20110113d2.jpg

エンドビームの外側が妻板に嵌るようRがついているので、そこを合わせるようにハンダ付けの修正をしました。
20110113f2.jpg

一旦はずしてつけなおしです。角穴の外側いっぱいまで合わせることになりました。
20110113e2.jpg

車体との取り付けネジ穴も微妙にずれるので、穴をやすりで修正しました。
20110113b2.jpg
 ネジ位置が台車枕梁下にあるので、台車をつけるとネジを回すことができません。台車ははずしておいて、床板止めネジを締めてから、台車をつけることになります。穴をあけなおしてもよいのですが、エンドビームに近いところで締めたいので、キットのままの位置でつけています。このあたりの順序は取説にも書かれています。
2011年01月13日 20:56 | コメント(3) | 1/87・9mm

2011年01月12日

今日の車輌

醍醐8:17普通5509二条
二条8:50普通235Mクハ221-39亀岡K4
亀岡駅前9:22バスか・303JA西部前
JA西部前15:11バスか1751亀岡駅前
亀岡15:56普通256Mクハ221-60二条K21
二条16:21普通5617醍醐

20110112a2.jpg
嵯峨嵐山駅 特急待避
左 235M 普通 園部行 右 3041M・5091M 特急 たんば1号・まいづる1号
嵯峨野観光鉄道トロッコ列車は冬季運休期間に入っています。
2011年01月12日 18:43 | コメント(0) | JR嵯峨野線

2011年01月11日

今日の車輌

醍醐9:20普通5602二条
二条10:03普通1231Mクハ221-75亀岡K14
亀岡駅前10:36バスか1135JA西部前
JA西部前16:29バスか1136亀岡駅前
亀岡17:02普通260Mクハ222-5505二条F5
二条17:28普通5616醍醐

20110111b2.jpg
久しぶりの嵯峨野線通勤です。10時前の比叡山。

20110111a2.jpg
こちらは愛宕山。

20110111c2.jpg
3044M 特急 まいづる4号 京都行 C32編成

20110111d2.jpg
5042M 特急 きのさき2号 京都行 A41編成

嵯峨野・山陰線の183系も引退が近づいてきているようです。
2011年01月11日 19:13 | コメント(0) | JR嵯峨野線

2011年01月10日

草軽の編成

 草軽電鉄のデキとホハ2両の仕上げを行いました。

20110110c2.jpg

オーバーコーティング作業のあと、パステルでウェザリングをしました。RMライブラリ53号の表紙を参考に、汚れのようなサビのような赤っぽく白っぽい感じにしてみました。
20110110d2.jpg
ホハ15です。

20110110e2.jpg
ホハ30です。 車体裾を白っぽくしてみました。シートをつけてみたいところですが、色がわからないですね。

20110110f2.jpg
デキ24です。
 実物の参考写真を見ると、社紋や番号がはっきりとわからないくらいに汚れているようです。
しばらく動かしてないので、モーターやギヤも潤滑をかけて慣らし運転をしました。
2011年01月10日 23:52 | コメント(0) | 1/87・9mm

南薩客車の整備

 南薩型ハフ56の下回りのガタつきですが、車体側にも少し原因があり、床板のねじれを直しても車体に止めてしまうとガタつきが出てしまいます。そこで軸受を3点支持に改造することにしました。
20110110a2.jpg
 元の軸受には中央に穴があいていますので、それを利用することにします。床板には対応する位置に1.1mm穴をあけて1.4mmタップを立てます。手持ちに内径1.4×外径1.7のパイプがあったので、1.2mm程度の長さに切ってスリーブとします。内径1.5×外径3.0×t0.3のワッシャを用意します。

20110110b2.jpg
 軸受けと床板の間にワッシャをはさんで、1.4×4ネジにスリーブをはめたものでネジ止めして出来上がりです。反対側の軸受けは4カ所で床板にネジ止め固定です。これで車体と床板のねじれは吸収できて、車輪がレールに接地するようになりました。
2011年01月10日 22:50 | コメント(0) | 1/80・16.5mm

2011年01月09日

草軽のレタリング

 昨年9月に車体塗装までできていた草軽電鉄の客車2両ホハ15とホハ30ですが、レタリングを入れる作業を進めました。昔の乗工社のインレタに草軽の社紋が10コついていたのですが、貨車に使ってしまったので残り2コしかありません。しかも少し剥がれかかっています。
そこで草軽の社紋をデカールで作ることにしました。基本的に円が3本とレールのデザインで、幸いにも比較的作りやすそうです。ソフトは他のデカールと同じく、「花子2007」というマイナーで古いソフトです。一太郎とセットで仕事にも使っています。
20110109a.jpg
 1コ作ったらコピーで20コほどに増やします。アルプスのMD-5500でクリアーデカールに白インク印刷するのですが、大きさや位置あわせの調整が結構面倒です。普通の紙で何回かテストして、乗工社製品とほぼ同じ大きさにしました。
20110109b.jpg
 カッターでおよその形に切り出して貼り付け準備です。形式の「ホハ」や番号は乗工社のインレタ残りを使うことにします。しかし、古いものなので固着力が落ちているようです。
 作った社紋デカールも、作業中に白インクがわずかずつ剥がれて形を崩すものもあり、必要数の倍くらい使うことになりました。20110109c.jpg
 電気機関車デキ12もレタリングがないのでつけてやりました。乗工社デキ12の取説では、ボンネットと窓のバリエーションが4種類ほどあり、このモデルでは丸型4枚窓になっています。23・24号機がこのタイプなので、24をつけることにしました。

2011年01月09日 23:28 | コメント(0) | 1/87・9mm

2011年01月08日

今日の車輌

醍醐17:56普通5504山科
山科18:14普通2861Mクハ117-307京都S2
京都22:50新快速3318Mサハ223-2052山科
山科23:15普通5612醍醐

 高校時代の友人の集まりで新年会をしてきました。
2011年01月08日 23:50 | コメント(0) | JR東海道線