2011年08月26日

もう少し進展

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

駅部分のポイントが集中しているブロックを全部接続するテストです。
20110826a.jpg
計画ではもっと長くなりますが、接続状態のテストだけなので短めにしています。

20110826c.jpg
反対方向からの状態です。

電気配線対応をしながら進めていたのですが、途中で絶縁ジョイナーが足りなくなってしまいました。パーツ補給のため模型店に出かける予定は9月以降になるので、しばらく中断状態になります。

1/87・12mmのIMONシステムトラックで同じような配置ができないか考えてみました。
20110826b.jpg

手持ちの分だけでなんとかできそうですが、S73が不足するようです。長さの種類が少ないので、短いのを何個もつないで調整するしかありません。ポイントも手持ちは2個だけなので増やしたいところですが、IMONのポイントは高価なので車輛増備をやめて線路にするくらいの覚悟が必要です。でもシノハラ6番ポイントがたくさんあるので、これでイチから作った方が自由度が高くてよいかもしれません。
2011年08月26日 23:33 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月25日

ポイント修理

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

ポイントが転換できない製品があり、裏蓋をあけて修理です。
20110825a.jpg
購入したばかりの新品なんですが、手動転換レバーを動かしてもトングレールが動きません。裏蓋を開けてみるとトングレールを動かすバネが定位置からはずれていました。道床裏の小さな穴に差し込んで、黒いT形のおさえ部品で止めてあるようです。押さえ部品がゆるんで、それによりバネもはずれたようです。おさえ部品は道床裏の穴へ差し込んであるだけで、プラの摩擦だけで止まっていますが、固着はしてないので、輸送中の振動などではずれることがあるようです。
バネを元の位置にもどし、ごく少量のゴム系接着剤でおさえ部品を止めておきました。
2011年08月25日 23:05 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月24日

少し進展

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

ポイントが集中している部分のブロックを進めました。とりあえずベースに固定しています。
20110824a.jpg
電気配線対応がまだできていないので、取り外しができるようにベース裏からネジでとめています。

20110824b.jpg
道床裏にあるネジ止め穴の寸法はどこかに出ているのでしょうか。ポイントの説明書などにも掲載されていません。ユニトラックのサイズによって穴の位置も異なっており、キリのいい寸法では作られていないようです。実寸で2.4mm径の穴をあけて、2mm径×6mm長のプラスネジとワッシャを使ってとめました。
2011年08月24日 23:58 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月23日

通過テスト

レイアウトボード上のNゲージユニトラックは撤収しました。次の実験として、1/87・12mmの運転です。曲線半径として350〜420くらいを想定して敷いてみました。ポイントはシノハラのBEMO用製品です。
20110823a.jpg
カーブポイントの前後に、フレキシブルトラックで適当な曲線をつないでいます。フレキを固定しないで急曲線をつくるのは意外と難しいです。半径も一定ではなく急にきつくなったりしています。
MWのキハ04改の江若キハ14です。ここで走らせるのは江若鉄道の車輛で、国鉄型を走らせる想定はしていません。

20110823b.jpg
16m級気動車でボギーセンター間121mm、台車ホイールベース21mmです。半径350くらいですが、床下モーターからのジョイント機構がどこまで対応できるか・・・もう少し急曲線でもいけそうです。

20110823c.jpg
これは12°分岐の通過テストです。問題なく通過します。以前に乗工社D51をテストしましたが、通過は困難でした。

20110823d.jpg
DD1352+オハ27系で実験です。

20110823e.jpg
カプラーも対応して問題なく通過します。

20110823f.jpg
曲線ポイントです。単機ではどちらも楽勝で通過です。

20110823g.jpg
客車と連結してみました。かなりキツいですが何とか通過できています。

20110823h.jpg
客車はIMON−HO101、機関車はケーディ711がついています。

20110823k.jpg
客車同士です。左はIMON−HO101、右はケーディ711がついています。ホロも当たらずに通過できそうです。

20110823m.jpg
機関車で推進すると、車端部が当たっているようで、DD1352のテールライトで客車のアンチクライマーを押すような状態になっています。しかし、通過にはそれほど支障はないようです。

シノハラのBEMO用線路で簡単なレイアウトを作って運転できる目処が立ちました。曲線ポイントをうまく使って、三井寺下のような感じにしてやればよいかなと思っています。

20110823n.jpg
1969.08.18撮影 三井寺下 

2011年08月23日 23:38 | コメント(0) | 1/87・12mm

2011年08月22日

ホジ12不調

レイアウトボードの線路に置いていたホジ12を動かそうとしたら動かなくなりました。先週は調子よく動いていたのですが、線路上に数日放置していただけで状態が変わってしまいました。

20110822a.jpg
モデルワーゲンのホジ12です。 乗工社の方は動いています。ショートはしていませんが、モーターが回りません。
20110822b.jpg
上下分解してギヤの具合を見ますが、動く気配はありません。かみ合いが硬くて回転しないようです。

20110822c.jpg
動力車輪をはずしてアイドラギヤだけにすると問題なくスムーズに回転します。車輪を一個ずつもとに戻しながら調整しますが、特別な原因も見あたらないようです。しかし、二軸ともはめて押さえ板を締めると回転が渋い状態です。軸箱をギヤボックスにはめるしか方法がないので、かみ合わせの調整はできないようです。

20110822d.jpg
とりあえず、動くようにはなりましたが、モーターがかなり発熱するようで、負荷が大きい状態になっていると思われます。

タグ:井笠鉄道 MW
2011年08月22日 23:16 | コメント(0) | 1/87・9mm

2011年08月21日

今日の車輌

醍醐12:24京阪バス2452六地蔵
六地蔵12:50普通2817中書島
中書島13:01特急8053枚方市
枚方市13:25普通10504私市
私市15:52普通10003枚方市
枚方市16:13特急3751中書島
中書島16:34普通2720六地蔵
六地蔵16:53京阪バス1902醍醐

模型運転会関係の会議に行ってきました。いつもは地下鉄で六地蔵まで行くのですが、今回は京阪バスを使ってみました。運賃は地下鉄と同じ210円区間になります。地下鉄では2駅で5分くらいですが、バスでは停留所も多くて乗車時間で15分くらいかかりました。六地蔵駅前まで行けるので歩く距離が少ないことがメリットでしょうか。

20110821a.jpg
2600系の宝庫である宇治線ですが、今日は旧塗装の編成ばかりが走っていました。

帰りも京阪六地蔵駅前から京阪バスに乗ってみましたが、乗車時間はほぼ15分でした。往きとは異なる系統で、醍醐のバス停も異なるのですが、家からはほぼ同じくらいの徒歩距離にあります。

醍醐〜京阪六地蔵では、地下鉄六地蔵〜京阪六地蔵間は徒歩6分程度必要なので、結局地下鉄でもバスでも運賃同じで所要時間もそれほど変わらないのです。しかし、頻度の点では地下鉄に軍配があがります。バスでは時刻に合わせてバス停の場所を選ぶ必要があるのが欠点です。
タグ:京阪2600系
2011年08月21日 22:44 | コメント(0) | お出かけ

2011年08月20日

パワーパックの改造

スイッチ類を探し出せたので、パワーパックの改造に手を付けることにしました。DIRECTIONスイッチに使っていたトグルスイッチをはずし、1段4回路3接点のロータリースイッチに取り替えています。右側にトグルスイッチの残骸が・・・。
20110820a.jpg
前回の改造で廃止したリバース用路線スイッチ(右上)を復活させることにしました。ユニトラック組立式レイアウトでリバース線があるので、これに対応して使えるようにするためです。

20110820b.jpg
裏返して配線のハンダ付け。老眼で見にくいので、こんな配線でもメガネはずしての作業です。とりあえず電気が通ればヨシということで、まったく雑然とした、蜘蛛の巣・・・イヤ蜘蛛が聞いたらもっときれいな巣を作っている・・・と叱られそうな整理の仕方です。

20110820c.jpg
出力をテスターで確認して、なんとダイモテープで表示をつくります。送りが不調で失敗作がたくさんできてしまいました。

20110820d.jpg
前面です。ツマミ類のストック箱からレバー式のものを探してきて取り付けました。エンドレスだけの場合も、DIRECTIONスイッチとLINEスイッチを操作するようになっています。リバースがあるときはリバース走行中にLINEスイッチを切り替えるようにします。昔ながらのアナログDC運転の方法です。

20110820e.jpg
背面の出力端子側です。ダイモテープ製の改造銘板が増えてきました。

20110820f.jpg
改造後の回路図を書いてみました。回路的な変更は出力スイッチの部分だけです。

20110820g.jpg
最初に製作したときの手書き回路図がありました。
タグ:電源
2011年08月20日 18:29 | コメント(0) | 模型一般