2011年08月12日

有効長点検

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

1/80の車輛を置いてみました。
20110812a.jpg
この写真で右から2番目の外側本線は、ED77+14系客車6連+12系客車6連の12連が入っています。21m級客車12連+機関車が余裕で入るので、20m級電車なら13連は入るでしょう。485系白鳥くらいはOKですね。新幹線の止まっている外側待避線は14連が入りそうです。15連が入るといいんですが、やってみないとわかりません。電気的にブロック分けしてないので、入れ換えるのが難しそうです。
旧国12連の入っているのが内側本線ですが、接触限界きわどいところです。内側待避線は渡りポイントがあるので短くなっており、50系客車8連+機関車でギリギリです。8両が安全な範囲でしょうか。

20110812b.jpg
本線が下をくぐっているレイアウトボードを整備しました。XPSスタイロフォームは上段、EPSは下段に入れました。
 
2011年08月12日 23:24 | コメント(2) | 組立式レイアウト

2011年08月11日

全線試運転

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

ポイント部分のベースを作成し、計画とおりの線路を接続してみました。
20110811b.jpg
ポイントの連続するところは、電気配線処理をまだ考えてないので、ベースに乗せてあるだけです。ポイント転換は今のところ手動で対応することにします。

20110811d.jpg
反対側から見たところです。

20110811c.jpg
左側の部屋の状況です。フィーダは内外のエンドレスに一カ所ずつだけ接続して複線で試運転をしました。

20110811f.jpg
右側の部屋の状況です。ドッグボーンですが、左右対称にはできませんでした。

20110811a.jpg
新幹線を置いてみました。本線で12両、待避側だと13両入りそうです。1/80の20m級だと13両と14両になるでしょうか。20系16両編成とかは無理のようです。

KATOのユニジョイナーは不思議なジョイナーですね。カチッと嵌って簡単に抜けないのはよいのですが、なぜかレールの段差がどうしてもできてしまうのです。ジョイナーのせいではなく、レールの端面処理がよくないのでしょうか。また新旧のユニトラックが入り交じっていて、燐青銅色の旧ユニジョイナー接続部はジョイント間隔が大きく開いています。新ジョイナーのユニトラック同士のところは、比較的きちんとレールが向き合っているようです。しかし、ポイント同士で新ジョイナーで接続しているのに、大きな段差ができてしまう部分もあり、どうすれば改善されるのか困っています。
 
2011年08月11日 23:44 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月10日

宇治川花火

醍醐17:47普通5609六地蔵
六地蔵17:59普通9623Mクモハ221-71JR小倉B18
JR小倉22:55普通9674Mモハ102-611六地蔵
六地蔵23:17普通5517醍醐

宇治川花火大会を友人の家で鑑賞しました。今回は往復JR奈良線利用です。臨時増発が走っていましたが、10〜20分の遅れが出ていたようです。

20110810a.jpg
221系6連の普通です。奈良線宇治駅発車。

20110810b.jpg
ここから花火の写真を数枚

20110810c.jpg


20110810d.jpg
7時45分から始まって1時間で終了しました。5000発だそうです。
 
2011年08月10日 23:58 | コメント(0) | お出かけ

2011年08月09日

阪急京都線工事状況

醍醐9:05普通5601烏丸御池
烏丸御池9:32普通1706四条
烏丸9:38準急8315桂
桂9:49特急9306梅田
梅田11:40特急9960烏丸
四条12:33普通3704烏丸御池
烏丸御池12:38普通5204醍醐

梅田の東急ハンズへ角材の買い出しに行きました。近くのホームセンターでは、目的の寸法の角材が置いていなくて面倒なことです。角材よりも交通費の方が高くつきます。コストダウンおよび取材も兼ねて阪急で行くことにします。

20110809a.jpg
桂駅を特急で出発。良い場所が確保できました。桂−東向日間の高架工事です。

20110809b.jpg
まずは桂駅を出てすぐのところ。高架への勾配取り付け部が進んでいます。25‰くらいでしょうか、次の踏切を高架で越えるのです。

洛西口駅付近も高架橋を立てる準備が進んでいますが、詳しくは後ほどホームページへ掲載します。

20110809c.jpg
次のポイントは、「にそと」です。高速道路との交点、長岡天神−大山崎間に新駅が設置されます。この写真では防護ネットしかわかりませんが、両側に目をやると高架橋脚がズラリと並んでいます。

20110809d.jpg
さて、淡路駅はどうでしょうか。できるところから進めていくようです。歯医者さんはまだ存在しています。

20110809e.jpg
栗生氏のブログで紹介されていた京都線と神戸線を結ぶ渡りです。今走っている線路は京都線下り梅田行の線路です。となりは京都線上り、その向こうにシングルスリップを組み込んで宝塚線を渡りながら引き上げ線へ入るルルートが見えます。
このポイントも微妙な形ですね。本線は少しカーブしていますので曲線外方分岐になるのでしょうか。フログ部分は直線になっているように見受けられます。
2011年08月09日 23:44 | コメント(2) | 阪急

2011年08月08日

372号線複線化工事

醍醐9:20−烏丸五条9:55−千代原口10:10−篠10:30−亀岡11:00
亀岡12:05−篠13:15−千代原口13:40−烏丸五条14:05−醍醐14:35

所用で亀岡の中学校へキハニで行きました。国道372号線の工事が進んでいるか楽しみです。

20110808a.jpg
山内川の橋はできあがっていますが、その後は進んでいないようです。

20110808b.jpg
工事事務所ですが、重機などはまったくありません。

20110808c.jpg
山切区間の擁壁処理が進められているようですが、工事はお休み軌間に入っているようです。

9号線経由で帰る途中、コーナンの亀岡篠店に入ってみました。ダメモトでスタイロフォームを探してみようと初めての店内をウロウロ・・・するほどでもなく見つかりました! ラッキー! すぐにこれだけを購入して戻りました。1820×910をのせるには、キハニからキニ状態になってしまいます。

20110808d.jpg
ダウ化工のXPSスタイロフォームです。ビーズ法のEPSとは製法が異なります。価格は1900円でXPSもEPSも同じでした。
XPSを上の段、EPSを少しカットして下の段に入れる計画です。下の段はおそらく物置になるでしょう。
タグ:運転ボード
2011年08月08日 23:24 | コメント(0) | 道路

2011年08月07日

線路配置検討

ユニトラックレイアウトですが、左の部屋でのヤード有効長をもう少し長くとれるように検討してみました。

20110807a.jpg
線路が重なっていますが、本線を高架にしてヤードをまたぐ方法が可能かどうかの検討です。長さ2500mmで高さ80mmほど登るので32‰の勾配になります。これはちょっとキツすぎる感じです。

20110807b.jpg
本線を高架にしないで、エンドレスの内側だけを利用して、1/80の20m級8両程度は入りそうです。
2011年08月07日 23:23 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月06日

京セラドーム大阪 阪神vsヤクルト

醍醐13:40〜バス〜京セラドーム大阪15:30
京セラドーム大阪21:40〜バス〜醍醐23:00

昨年に引き続き、京都新聞旅行センターの阪神VSヤクルト観戦ツアーに行ってきました。名神高速を京都東から豊中まで走ります。阪神高速が少し混雑していました。東海道線、北方貨物線の集まる塚本デルタの上を俯瞰するように通ります。新幹線もその上を通っています。渋滞でゆっくり撮影できそうですが、反対側の窓側なのでちょっと無理っぽいです。

20110806a.jpg
16時の開門には余裕の到着です。応援グッズなどを見ながら開門を待ちます。

20110806b.jpg
一塁側内野席上段ですが、一塁ベースのほぼ上方で、昨年に比べるとたいへん見やすい場所です。上から見た方が全体の動きがよく見えますし、この位置からは球筋もわかります。

20110806c.jpg
タイガースのゆるキャラ大集合。

20110806d.jpg
試合開始前のライン引き作業です。下書きするのに墨壺で墨付けをするようなやり方をしていました。伝統的なワザでしょうか。

さて試合は1回から打線が活躍!得点を重ねていきました。

20110806e.jpg
5回裏 新井貴のセンター前タイムリーヒットの瞬間! コンデジではなかなかシャッタータイミングが難しいですが、連写は使わず、ほぼスイングの寸前でシャッターボタンを押しました。シャッター速度などをマニュアルで設定できないので、一眼レフでインパクトの瞬間を捉えるようには行かないです。

20110806f.jpg
7回裏の風船上げ

20110806g.jpg
好投スタンリッジ投手。完封なるかと思いましたが残念。

20110806h.jpg
でも今日は楽勝で得点チャンスも多い試合でした。勝利の挨拶です。

タグ:野球観戦
2011年08月06日 23:57 | コメント(0) | お出かけ