2011年08月11日

全線試運転

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

ポイント部分のベースを作成し、計画とおりの線路を接続してみました。
20110811b.jpg
ポイントの連続するところは、電気配線処理をまだ考えてないので、ベースに乗せてあるだけです。ポイント転換は今のところ手動で対応することにします。

20110811d.jpg
反対側から見たところです。

20110811c.jpg
左側の部屋の状況です。フィーダは内外のエンドレスに一カ所ずつだけ接続して複線で試運転をしました。

20110811f.jpg
右側の部屋の状況です。ドッグボーンですが、左右対称にはできませんでした。

20110811a.jpg
新幹線を置いてみました。本線で12両、待避側だと13両入りそうです。1/80の20m級だと13両と14両になるでしょうか。20系16両編成とかは無理のようです。

KATOのユニジョイナーは不思議なジョイナーですね。カチッと嵌って簡単に抜けないのはよいのですが、なぜかレールの段差がどうしてもできてしまうのです。ジョイナーのせいではなく、レールの端面処理がよくないのでしょうか。また新旧のユニトラックが入り交じっていて、燐青銅色の旧ユニジョイナー接続部はジョイント間隔が大きく開いています。新ジョイナーのユニトラック同士のところは、比較的きちんとレールが向き合っているようです。しかし、ポイント同士で新ジョイナーで接続しているのに、大きな段差ができてしまう部分もあり、どうすれば改善されるのか困っています。
 
2011年08月11日 23:44 | コメント(0) | 組立式レイアウト