2011年09月23日

珊瑚C56

合運の荷物を積み込んだあと、C56の続きをやりました。

20110923a.jpg
本線走行をするなら、車体の表面処理くらいしておこうということで、マッハのブラスクリーンに浸してやりました。

20110923b.jpg
テンダーの台車と台枠を黒染めしてから組立しました。しかし、重要なパーツをつけ忘れていました。火室です。

20110923c.jpg
また分解して火室をゴム系接着剤で取り付けています。火室をつけるとモーターの取り付けがやりにくいです。どういう順序で組み立てるのがよいのかよくわかってないのですが何とかできあがりました。下回りの中で動輪押さえ板とブレーキシューのあたりはまだ真鍮色です。集電シュー、ブレーキテコあたりを工作するかもしれませんので準備状態にしています。おっと、先頭のカプラー忘れてます。

20110923d.jpg
カプラーをつけて安全弁もねじ込んでおきました。IMONの箱に収まってもらって、明日の合運へ出動です。

タグ:蒸機 C56 珊瑚
2011年09月23日 23:58 | コメント(0) | 1/87・12mm

2011年09月22日

珊瑚C56

C56の続きです。

ロッドをつけて動力性能をテストしたいのですが、その前に下回りを黒染めすることにします。

20110922b.jpg
まず分解です。

20110922c.jpg
黒染め作業中。使っているのはエコーモデルのスーパーブラックというやつです。浸かっているのは主台枠です。

20110922e.jpg
主台枠とシリンダーブロックの黒染め状況。表面を布や古歯ブラシでみがくと艶が出て黒メッキのようになります。

20110922d.jpg
こちらはパーツ類。

20110922f.jpg
メインロッドを取り付け、リターンクランクも取り付け。組み立ててテスト線で試走。エンジン部に集電ブラシをつけてないので、いちいちテンダーをつながないと走りません。

20110922g.jpg
IMON線路のR732と6番ポイントを通過するテスト。ときどきショートすることがあります。第一動輪のイコライザの具合やロッド類の調整が必要でしたが、何とか通過できるようになりました。

20110922h.jpg
上回りと合わせてみました。ボイラーウエイトはまだ入れていません。テンダーもウエイトなしです。潤滑もなしの素組みです。

テストランの動画です。↓

集電の具合がよければ 2V 0.05A くらいで起動します。3Vあれば確実です。高速側は10Vくらいでテストしています。先台車の脱線もなく無事通過しているようです。

大阪合運へはこの状態で持って行くことにしましょう。

タグ:蒸機 C56 珊瑚
2011年09月22日 23:52 | コメント(0) | 1/87・12mm

2011年09月21日

珊瑚C56

警報発令で休校措置のため出勤なしです。C56の続きです。

20110921a.jpg
解放テコとエアーホースを曲げて、残りのパーツつかみ棒、ステップを付けました。

20110921b.jpg
最後のパーツは煙除板デフレクターです。ヘッドライト前方へ突き出したステイが折れていたので、0.5×0.2真鍮帯板から作って差し込みました。

20110921c.jpg
もうちょっとということで、キャブ屋根吊り金具を工作台の上にあった真鍮帯板から作りました。実物写真ではわりとゴツイのがついているようです。

20110921d.jpg
もう一回り大きめのサイズでもよいようですが、まあ付いているということでよしとします。

20110921e.jpg
残っているパーツはレンズ、安全弁、加減弁ハンドルで、付けるものはこれで終了です。

20110921f.jpg
前方の連結器を機関車用にしたいところです。

20110921h.jpg
全体を組んでテストランをしてみました。サイドロッドしかつけていませんし、直線だけですが何とか走りますが・・・

20110921g.jpg
ドローバーを短い方の穴にすると、キャブ下配管が当たってショートします。カットして曲げなおしておきましたが、曲線通過にも影響するなら、もっと短くしないとダメですね。
タグ:蒸機 C56 珊瑚
2011年09月21日 23:41 | コメント(0) | 1/87・12mm

2011年09月20日

珊瑚C56

醍醐8:22〜堀川五条9:00〜亀岡9:42
亀岡14:03〜沓掛14:30〜千代原口14:40〜五条壬生15:00〜河原町九条15:15〜大石道15:30〜醍醐15:45

学校に着いたら大雨警報の発令で2限目から休校措置となり、生徒を下校させるところでした。授業の仕事がなくなったので、次の準備などをして帰路につきましたが、五条通り東山トンネルで事故があったらしく、3キロ渋滞とかラジオで言ってます。南側を迂回してみようと壬生七条〜河原町九条、ここから稲荷山トンネルの有料道路を走ってみました。3分ほど走って450円で、早いっちゃあそうなんですが、ちょっと高いです。

C56の続きです。

フロントデッキパーツを少し付けました。
20110920a.jpg
解放テコもエアーホースもまだ曲げていません。

20110920b.jpg
そのまま下回りと合わせてみました。サイドロッドだけしかつけていませんが、無事に走ってくれました。テンダとの渡り配管はショートの可能性があるかも。
タグ:蒸機 C56 珊瑚
2011年09月20日 23:25 | コメント(0) | 1/87・12mm

2011年09月19日

珊瑚C56

C56の続きです。

空気系の放熱管を作ることにします。中尾氏の記事では放熱管、珊瑚の取説では冷却管となっています。凝結水を流すために、わずかですが傾斜がつけられているそうです。
20110919a.jpg
簡単なジグを作りました。木片に図面のコピーを貼付、洋白線を植え込みました。

20110919b.jpg
図面と洋白線をガイドにして曲げていきます。

20110919c.jpg
何とか形ができました。

20110919d.jpg
両サイド分が曲げ終わりました。冷却管受けに取り付けます。

20110919e.jpg
公式側

20110919f.jpg
非公式側  傾斜の表現はどんなもん・・・?

ここからキャブ下のパーツとパイピングを一気に付けてしまいました。途中写真なしです。

20110919g.jpg
公式側  分配弁はIMONのロストパーツ、チリトリは挽物パーツです。コックなど大昔に買ったニワのパーツも使っています。速度計の先を切ってないまま撮影しました。

20110919h.jpg
非公式側  実物写真を見ると機番によってさまざまで、標準的なパイプの取り回しというのはどれなのかよくわかりません。特定番号機ではないので適当につけています。

残るはデッキ回りです。
タグ:蒸機 C56 珊瑚
2011年09月19日 23:07 | コメント(0) | 1/87・12mm

2011年09月18日

合運対応モード

合同運転会が近づいてきました。C56も進めないといけませんが、線路の方も作業が残っています。

20110918a.jpg
本社3階に展開していた組立式レイアウトは一旦撤収です。

大阪合運では私の16.5mm組立式レイアウトを展開しているので、ドッグボーンではなく小判型エンドレスで参加できるように電気配線を加工します。

20110918c.jpg
今回製作中の駅部分で利用できるブロックをつないでみて電気テストをします。古いポイントブロックは残したままだったので、それを使うと比較的簡単にすませることができそうです。

20110918b.jpg
ポイントのブロックを加工することにします。DCCにも対応できるように切替スイッチを付けます。ベース板に角穴を開けたところ。

20110918d.jpg
スイッチはスーパーXでつけました。ポイントマシンからの配線は穴を開けて裏側へ出します。

20110918e.jpg
裏側でスイッチにハンダ付け。電線はホチキスの針でボードに止めていますが、数カ所が表に出てしまいました。

20110918g.jpg
ここは前から使っているブロックです。ポイント転換用の電線類が劣化してきていたので、修繕・新規含めて整備しました。合運での設置状況の余裕を見越して電線を長めにしてあります。

20110918f.jpg
R610-R550複線を使って小さめの小判型エンドレスでテストです。合運の会場ではR790-R730を使用し、当日の状況に合わせて間に直線を挟み大きさを変化させています。パワーパックを外側に置いていますが、合運会場ではエンドレスの内側になります。
タグ:16.5mm
2011年09月18日 22:42 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年09月17日

珊瑚C56

C56の続きです。

作用管を作ることにしました。材料としては燐青銅線が良いということですが、あまり細い線の手持ちがありません。KSモデルの0.25mmがありましたが、1/80で0.25mmがよいという中尾氏の記事を見たことがあり、1/87で5本並べるなら0.2mm以下が欲しいところです。森井さんから提供いただいた0.15mmのベリ銅線がありましたが、作用管に使うにはもったいない気もしますので、ここはまたよろづさんのサイトを参考に、電源コードの被服をはがして銅線を取り出しました。直径は0.1mmのようです。ちょっと細いのですが、他をさがしても0.2mmの線は見つかりませんでした。

20110917a.jpg
珊瑚の取説をコピーして、その上で組んでみました。0.5×0.15洋白帯材の上に並べてハンダ付けです。

20110917b.jpg
作業中の写真を撮ってないのですが、まあ何とか形になったような・・・。

20110917c.jpg
ハシゴと手スリを取り付けました。

20110917d.jpg
空気系の放熱管がまだです。


タグ:蒸機 C56 珊瑚
2011年09月17日 22:30 | コメント(2) | 1/87・12mm