2011年09月19日

珊瑚C56

C56の続きです。

空気系の放熱管を作ることにします。中尾氏の記事では放熱管、珊瑚の取説では冷却管となっています。凝結水を流すために、わずかですが傾斜がつけられているそうです。
20110919a.jpg
簡単なジグを作りました。木片に図面のコピーを貼付、洋白線を植え込みました。

20110919b.jpg
図面と洋白線をガイドにして曲げていきます。

20110919c.jpg
何とか形ができました。

20110919d.jpg
両サイド分が曲げ終わりました。冷却管受けに取り付けます。

20110919e.jpg
公式側

20110919f.jpg
非公式側  傾斜の表現はどんなもん・・・?

ここからキャブ下のパーツとパイピングを一気に付けてしまいました。途中写真なしです。

20110919g.jpg
公式側  分配弁はIMONのロストパーツ、チリトリは挽物パーツです。コックなど大昔に買ったニワのパーツも使っています。速度計の先を切ってないまま撮影しました。

20110919h.jpg
非公式側  実物写真を見ると機番によってさまざまで、標準的なパイプの取り回しというのはどれなのかよくわかりません。特定番号機ではないので適当につけています。

残るはデッキ回りです。
タグ:蒸機 C56 珊瑚
2011年09月19日 23:07 | コメント(0) | 1/87・12mm