2011年10月02日

珊瑚C56

C56の続きです。

関東合運に間に合わせるため、塗装にとりかかりました。

20111002a.jpg
マッハ模型のメタル用シールプライマー69-Dを吹き付けて乾燥待ちです。黄色ではなく緑色のやつです。

20111002b.jpg
下回りも黒染めの上から塗装することにしました。分解洗浄して軸穴などをマスキング、プライマー塗って乾燥待ちです。
信楽焼の狸の湯呑みの中には、電関用の鉛ウエイトの古いヤツを放りこんであります。

そろそろ黒塗料を準備します。

20111002c.jpg
黒ラッカーはニッペのハケ塗り用ラッカー 工作・ホビー用1/4リットル缶です。濃いです。手前の茶色はマッハカラーの阪神軌道線色で、ニッペに比べるとやはり薄いです。少しだけ混ぜています。

20111002d.jpg
一回目は艶ありのまま塗りました。。キャブの中を塗るのが難しいです。途中で風が強くなってきて、急にミストの方向が変わったりして、ムラができてしまったところがあります。

20111002e.jpg
こっちはテンダーと下回りパーツです。主台枠は黒染めのままで使う予定です。

20111002f.jpg
とりあえず何とか明るいうちに塗り終わりました。準備と後始末に結構時間がかかっています。2回塗っていますが、塗膜が少し薄いところもあるようです。キャブの中て塗料霧が届いていないところは真鍮地肌tが透けて見えます。
マスクしてるとメガネが曇るので、メガネをはずして塗っていたら、テンダの塗り状態がよく見えていなくて、ゴミ、ユズ、ムラなどいっぱいです。2回目の艶消し塗りが中途半端で、もう少し艶を落としたいところですが、先を急ぐ必要があるので、このまま組んでしまいます。
 
20111002g.jpg
テンダの組立中。先に集電ブラシを取り付け。

20111002h.jpg
探したら黒コードの細いヤツがありましたので、配線を作り直しました。

20111002k.jpg
テンダできあがり。

20111002m.jpg
シリンダブロックを取り付けて走行の具合を確認。集電ブラシは第一動輪だけです。

20111002n.jpg
作用管の塗装をはがして銅色を出しました。

20111002q.jpg
公式側サイド 塗装して組んでみると、動輪の色や軸箱の色が目立ちます。

20111002p.jpg
非公式側サイド 機炭間のコードはキャブしたに差し込んでいるだけです。

試運転動画です。↓
2011年10月02日 23:56 | コメント(0) | 1/87・12mm