2011年11月11日

通過待ち2題

醍醐8:24普通5501六地蔵
六地蔵8:38普通2817中書島
中書島8:46快速急行3755京橋
京橋9:23普通2733淀屋橋
淀屋橋9:33普通1917天王寺
阿部野橋9:51普通6068高見ノ里
高見ノ里13:31普通6219阿部野橋
天王寺14:08普通1116動物園前
動物園前14:13普通66916恵美須町
恵美須町16:00普通8401北浜
北浜16:11特急8081三条
三条京阪17:13普通5506醍醐

20111111a.jpg
左 待避線から出発する普通 藤井寺行 6400系+6020系
右 待避中の普通を追い越す急行 阿部野橋行         河内天美駅

20111111b.jpg
今川駅待避線で通過待ちの普通を追い越す準急 阿部野橋行 6200系他5連
6219号車内より撮影 
2011年11月11日 20:51 | コメント(0) | 近鉄

2011年11月10日

古典客車の比較

 先日購入報告を掲載したCON-CORのアメリカンダブルルーフ木造客車のことがきっかけで、いくつかのブログで話題が広がってしまいました。
 件の客車は六甲模型で見かけたことがあったのですが、そのときは購入することはなく過ぎてしまいました。その後、廣瀬氏がブラジル製の品物であるということで購入され、13ミリゲージに改軌されたものを運転会で見せてもらいました。そして、先日たまたま自分がネットオークションで出ていたものを購入したという経過です。

持ち寄れる機会があったので、いくつか関連する車輛を並べてみました。
20111110d.jpg
上 山内が購入したCON-COR の HO Old Timer Passenger Car DRGW CORCH#324
下 廣瀬氏が購入された「ブラジル製客車」で、13mmゲージに改軌、塗装も塗り替えられデッキ手スリも作り替えされています。

20111110e.jpg
上はCON-CORの16.5mm製品のまま
下は13mmゲージに改軌され長軸になっています。JMというのかどうかは?
床板には 「MADE IN BRAZIL」の刻印があるのは共通です。CON-COR製品の箱には 「Made in China」の印刷があります。 


20111110b.jpg
関連車輛を並べてみました。向こうが件の客車、手前左はBlackstone Models のHOn3スケールD&RGW284号、右はROUNDHOUSE製34'OVERTON CAR COACHキット組み品です。

20111110a.jpg
上から二つ目がD&RGW3ftナロー線の客車をHOスケール10.5mmゲージでつくられたものですが、他の3種は同じようなアメリカンダブルルーフ客車をフリーランスで16.5mmゲージに仕立てたモデルでしょう。最上のROUNDHOUSE製品はショーティとして独特のデザインになっています。

20111110c.jpg
車体幅や屋根の様子を見ると、ROUNDHOUSE製品が短くて幅が広いことになっています。

廣瀬氏は1/80の見立てで利用されていますが、実際に測ってみることにしました。
Blackstone Models製品284号とCON-COR製品324号で車体の長さを測ります。デッキは含みません。284号が134mm、324号が149mmです。284号は1/87のはずなので、134mm×87=11658mm、11658÷149≒78.2 となり、車体長的には1/78のモデルと考えられます。幅は284号が29mm、87倍して78で割ると32.3で、324号の実測幅と一致します。 なるほど、1/80でもなく、OOの1/76でもない、微妙なスケールダウンでつくられているようです。
 しかし、スタンダードゲージの客車にもこのくらいの大きさのものがあったとすれば、HOスケールということになるのかもしれません。当時のアメリカ木造ダブルルーフ客車の一例の図面では、車体幅が9'8"となっており、3.5mmスケールでほぼ35mmとなります。これはROUNDHOUSE製品がそうなっているので、スタンダードゲージ車体断面の車体長ショーティかともいえそうです。
そして、何と結縁氏のところでもこのROUNDHOUSEの客車が増備され、さらにCON-COR客車も発注されたということで、ちょっと面白い広がりになってきました。

まあ、ちょっと興味半分で測ってみましたが、アメリカの木造客車のことなどはよくわからないのです。適当に小編成で運転して遊べたらよいかなと思っています。
2011年11月10日 22:05 | コメント(2) | 1/87・16.5mm

2011年11月09日

保津峡の紅葉

醍醐8:17普通5608二条
二条8:50普通235Mクハ221-81亀岡K19
亀岡駅前9:22バスか302JA西部前
JA西部前16:29バスか1136亀岡駅前
亀岡17:02普通260Mクハ222-5501二条F1
二条17:28普通5201醍醐

20111109a.jpg
5006M 特急きのさき6号 京都行  183系4連 B41編成
久しぶりに183系を撮影しました。 今のところ287系化はないようです。

20111109b.jpg
第五保津川橋梁より  気温が下がって少し紅葉が進んだかも。

タグ:183系
2011年11月09日 22:46 | コメント(0) | JR嵯峨野線

草軽の勾配試験

 村田さんのブログに影響を受けて、草軽デキの勾配登坂試験をやってみました。

線路は運転ボード上に敷いた、KATOユニトラックNゲージ用R216と4番ポイントのエンドレスです。機関車は乗工社のデキ12、これは完成品加工で自重40g。客車は乗工社キット組立のホハ30で、何と自重が53gです。機関車軽すぎ!客車重すぎ!です。機関車のモーターはキドマイティで、あまり調子がよいとはいえません。

ユニトラックの下に適当な勾配橋脚をカマしてテストしました。計算上の勾配は、R216×2本とS62で14mm持ち上げているので、(14×1000)/{(2×3.14×216÷4)+62}≒35パーミルです。

20111108k.jpg
橋脚の配置が均等でないので、撮影した部分の画像で測ってみると、ホハの車体が95mm長さで5mmほど持ち上がっており、約5パーセントくらいになっているようです。これでホハ1両牽いてなんとか駆け上がってくれますが、ゆっくりと上がることはできません。ホハ15を牽いてみましたが、台車の転がりが悪くてこの勾配を登ることはできませんでした。
線路にも問題があり、KATOユニトラックは橋脚支持部以外でたわんでしまうことがあり、正確な勾配テストには向かないようです。
乗工社の連結器のリンク金具も、勾配の変化するところで抜けやすく、牽引力がちゃんと伝わっているのか、どうもあやしいところがあります。リンク金具の寸法も少しずつ変更してしてみてテストが必要です。
2011年11月09日 00:10 | コメント(0) | 1/87・9mm

2011年11月08日

使ってみました

まずは本来の?メガネからやってみました。

20111108c.jpg
箱から本体を取り出し。

20111108d.jpg
蓋をあけて水を入れる。 ここで思いついてドライウェルを一滴。

20111108e.jpg
ドライウェルを混ぜながら、メガネを投入。

20111108f.jpg
通電すると内側に青色LED、洗浄動作スイッチオンの間は赤色LEDが点灯します。

20111108g.jpg
自動オフで終了。少し水が濁った感じで、ヒンジ部などもきれいになった感じはします。

20111108h.jpg
次に説明書にあった時計をやってみました。 本体に影響がないように、蓋をあけたままベルト部だけを水に浸けてやりましたが、これは効果が大きかったようです。相当な汚れがあったようです。ドライウェルでなくて中性洗剤を使うともっと効果がでるのかも。

この後がもっとも面倒なことで、洗浄後の汚れを含んだ水を廃棄して、洗浄槽を洗うのがやりにくいです。電源コード付きの本体のまま洗面所で作業になります。

固まりかけた塗料の攪拌などにも使えるということなので、試してみたいところですね。
2011年11月08日 21:48 | コメント(0) | 模型技法

良い天気でした

醍醐8:17普通5605二条
二条8:50普通235Mクハ221-72亀岡K11
亀岡駅前9:22バスか302JA西部前
JA西部前12:33バスか1433亀岡駅前
亀岡13:16普通1247Mモハ221-52二条K6
二条13:41普通5204醍醐

 今朝、定刻に二条駅ホームへ上がると、HOJCの友人が待ち伏せ(笑)されていて、声をかけられました。近くにお住まいであることは知っていますが、ホーム上で会う約束もしてなかったので驚きです。お互い通勤途上で8:50発の電車に乗るので、短い会話で解散です。

20111108a.jpg
左 トロッコ列車 嵯峨野1号   右 5001Mきのさき1号 3041Mまいづる1号 287系7連
 停車場内通過中で出発信号は青です。
 
20111108b.jpg
出発信号が赤に変わりました。
 
235Mは二条駅から中学生の校外学習が乗り込んで満員でしたが、保津峡駅で下車していきました。
2011年11月08日 18:55 | コメント(0) | JR嵯峨野線

2011年11月07日

紅葉進まず

醍醐8:17普通5604二条
二条8:50普通235Mクハ221-76亀岡K15
亀岡駅前9:22バスか302JA西部前
育中前15:42バスか303千代川駅前
千代川16:25快速2224Mクハ221-58二条K8
二条16:51普通5203醍醐

20111107a.jpg
小雨模様ですが、大人気のトロッコ列車

20111107b.jpg
第四保津川橋梁より  市街地の方がきれいに色づいているようです。

2011年11月07日 17:50 | コメント(0) | JR嵯峨野線