2011年11月01日

三線区間をつくるには

醍醐8:17普通5606二条
二条8:50普通235Mクハ221-58亀岡K8
亀岡駅前9:22バスか302JA西部前
JA西部前15:11バスか1750亀岡駅前
亀岡15:55普通256Mクハ222-5513二条F13
二条16:21普通5201醍醐

デジカメのバッテリーを充電器に置いたまま持ち出してしまいました。メモリ入れ忘れは内蔵メモリという手がありますが、電源がないと撮影はできません。ということで、保津峡の紅葉写真はなしです。

模型の話題を。

20111101a.jpg
まだ開催中の「浜大津懐かしの写真展&鉄道模型走行会」ですが、三井寺下駅モジュールには、至近を走っていた京阪石山坂本線がつくられています。(京阪は廃止されてないので今もそのままの位置ですが)
 まあ、この場面だけなら、さほどの問題は発生しないのですが、作者はこの先、浜大津駅をつくって三線区間を表現したいという希望をお持ちのようです。そうなると、江若も京阪も16番でつくられたこのレイアウトで三線区間をどうやってつくるのか、お悩みというか行き詰まりというか、そういうことを作者からお聞きしました。江若、京阪ファンとしては、この作者にアドヴァイスをしてあげたいですが、ここまで作り込まれた建物群を見ると、いかんともしがたいものがあります。
 この両者のモデルに手をつけた者は、どうしても16番では実現できない状況に陥ります。結局、小菅氏も私もこれのために1/87・12mm・16.5mmを採用する方向に行ったのです。小菅氏は組立式レイアウトでその実現に近づきつつありますが、自分はまだそこまで進んでいません。
2011年11月01日 21:37 | コメント(3) | 1/80・16.5mm