2012年02月04日

10系客車試運転(動画8本)

FABの10系客車ナハ10とナハフ11です。

明日は所属クラブの運転会が行われるので、先日完成した10系客車を含めて試運転を行うことにしました。IMON組線路でドッグボーン形にエンドレスを作ります。
20120204a.jpg
曲線部も適当につながればよかろうという程度の配置です。一応待避線付きにしています。一応平坦に見えますが、床の凹凸もあるようで、微妙な勾配ができているかもしれません。

まず10系客車2両だけでエンドレス周回の試運転です。

試運転ならやっぱりDD13でしょう。これは問題なくクリアです。パワーパックの電圧計で12V設定です。


ケーディの解放試験です。少し押し込んでやると解放しやすくなります。どちらかといえば解放よりも、カプラーヘッドがまっすぐになっていなくて、当てるだけでは連結できないときが結構あります。

C56で牽引してみました。
20120204b.jpg


ナハフ11+ナハ10まあこれは軽いところです。パワーパックの電圧計で7V設定です。以下C56は同じ7V条件で運転しています。

さて、アナログ仕様のC56で何両牽引できるか、客車を1両ずつ増やしてみました。しかし、同じメーカー、形式ではないし、台車も改造が混じったりしているので、単純な両数カウントにはならないかもしれません。
まず3両、ナハフ11+ナハ10+オハフ33です。オハフ33はMW製キット組立品でクマタ製TR34のピボット化改造台車です。

平坦線の3両は問題なく牽引できそうです。

4両編成ナハフ11+ナハ10+スハ43+オハフ33です。スハ43は珊瑚製キット組立品でモリタ製TR47改造台車です。

まだ大丈夫なようです。

5両編成ナハフ11+ナハ10+スハ43+スハ32+オハフ33です。スハ32はクマタ製キット組立品でクマタ製TR23ピボット化改造台車です。

少し苦しくなってきました。実はコンセント下あたりは微妙に上り勾配になっていて、曲線負荷もかかるのでキツいようです。また、フィーダ位置からもっとも遠いところなので、電圧計ではわからない電圧降下があるかもしれません。

6両編成ナハフ11+ナハ10+スハ43+スハ32+オハ47+オハフ33です。オハ47はMW製キット組立品でWW製TR23コロ軸受けタイプ台車です。この6両は一応ピボット軸になっています。

6両になるとわずかな勾配を登るのも苦しくなってきます。このあたりが限界のようです。

8両編成にしてみました。ナハフ11+ナハ10+スハ43+スハ32+オハ47+オハフ33+オハニ36+マニ60です。オハニとマニはPEMP製完成品ですが、オハニはTR52プレーン軸台車、マニはTR11ピボット化改造台車です。

C56では引き出すのも苦しいので、DD13で何とか8両引いています。パワーパックの電圧計で13V出ています。

C56で33‰勾配3両牽引をテストしたいところですが、勾配橋脚を作る時間がないので次の運転会までの懸案事項ということにします。
2012年02月04日 19:07 | コメント(2) | 1/87・12mm

2012年02月03日

京阪環状線近鉄線路

醍醐8:17普通5506六地蔵
六地蔵8:29普通2823中書島
中書島8:37特急8057京橋
京橋9:17普通クハ201-**天王寺
阿部野橋9:41普通6039高見ノ里
高見ノ里13:30普通6625河内松原
河内松原13:34準急6031尺土
尺土14:12急行6043阿部野橋
天王寺14:51大和路快速クハ221-3京橋
京橋15:157特急8052中書島
中書島15:54普通2821六地蔵
六地蔵〜徒歩〜醍醐

某ブログではダブルスリップの話題で盛り上がっていましたが、通勤時の京阪で撮影しやすい位置がとれたので、ポイントを中心に線路を撮ってみました。コンデジでなるべく引きつけてから撮ろうとすると、どうしてもシャッターが遅れがちになります。
下り 淀屋橋行 特急 車内からです。
20120203a.jpg
枚方市駅 58ロ号 10番ポイント 35Km/h制限 右の引上線も10番ポイントです。
京阪のポイントは番号と番手が表示されています。

20120203b.jpg
香里園駅 背向のため表示がわかりません。 8番くらいでしょうか。
香里園行の電車が上り本線で引き上げられて、このポイントを渡って下り電車として折り返すときに使われます。
やや勾配がついているようです。

20120203c.jpg
萱島駅 34ロ号 8番ポイント 25Km/h制限 シーサスクロスの変形です。
京橋駅京都側もこれとよく似ています。

環状線も撮ってみようと思いましたが、よい位置がとれずワイパーが画面に入っています。
外回り京橋→天王寺の車内からです。
20120203d.jpg
京橋−大阪城公園間 森ノ宮電車区への引き込み線分岐です。
番手はわかりませんが、35Km/h制限ですから、10番くらいでしょうか。

20120203e.jpg
天王寺駅 これはYではなく、振り分けポイントでしょうか。左右で制限速度が異なります。
65Km/h制限ですから、12番以上のゆるい目のポイントになるでしょうか。
速度制限標識も狭苦しい置き方です。左側には黄色で「機関車」と書かれた標識がありますが、環状線外回りを機関車が走ることってあるんでしょうか。

近鉄南大阪線です。下り電車の先頭ポジションはいつでも空いています。
20120203f.jpg
今川駅 下り本線の分岐は10番で35Km/h制限、上り本線は12番です。
近鉄のポイントは番手の表示だけがつけられています。

帰りに尺土駅まで行ってみました。スリップポイントがあったような気がしたのですが。
下り準急 橿原神宮前行 松原→尺土の車内からです。
20120203g.jpg
藤井寺駅 下り本線から待避への左分岐は8番で25Km/h制限、上り本線は12番です。
左は折り返し用引上線になっており、普通 藤井寺行が待避へ到着後、逆行して引き上げられ、下り本線をクロスで渡って上り本線へ据え付けられ阿部野橋行普通となります。その横を阿部野橋行急行が待避側を通過していきます。
近鉄の折り返し線の構造はこの形が多いようです。

20120203h.jpg
藤井寺駅 交差部分を拡大してみました。 「8」の表示があります。交差部は可動式になっていないので、フランジウェイのスキマがあります。

20120203k.jpg
道明寺駅 シングルスリップでなく、普通分岐をつないだものとなっています。本線渡りも8番でしょうか。

20120203m.jpg
古市駅 12番ポイント 45Km/h制限  先端軌条の予備が置かれています。

20120203n.jpg
尺土駅 右が大阪側の折り返し線 8番ポイント 25Km/h制限
御所線の電車がここへ引き上げられて、上り本線をクロスし下り待避線へ入ります。

20120203p.jpg
尺土駅 御所行電車はここからウネウネと渡って右奥の御所線へ向かいます。
実はここがシングルスリップだったか・・・と思っていたのですが、狭軌線ではどうも使われていないようです。 

折り返し線の線路配置は、各社それぞれ特徴が出ていて面白いところです。
2012年02月03日 23:45 | コメント(0) | 実物鉄道一般

2012年02月02日

10系客車

FABの10系客車ナハ10とナハフ11です。

下回りは以前に完成しているので、そのまま組んでネジ止めするだけです。

20120202b.jpg
ナハ10 2013

20120202a.jpg
ナハフ11 2016

高急グループWebページの車輛紹介へ完成登録を行いました。
 
 
2012年02月02日 22:46 | コメント(0) | 1/87・12mm

2012年02月01日

10系客車

FABの10系客車ナハ10とナハフ11です。

残っている作業のテールライト、ホロ取り付けを行いました。ホロ吊りはダークグレイのエナメルを塗っています。ついでにドア下ステップにも色を入れました。
20120201b.jpg
作業中にテールライトパーツがピンセットから飛んでいきましたが、幸い見つかったので事なきを得ました。
下回りと合わせれば完成・・・かな。
 
2012年02月01日 23:59 | コメント(0) | 1/87・12mm

愛宕山

醍醐8:17普通5616二条
二条8:50普通235Mクハ221-60亀岡K21
亀岡駅前9:22バスか302JA西部
育中〜便乗〜亀岡駅前
亀岡15:32快速2222Mクハ221-66二条K22
二条15:51普通5215醍醐

これは昨日1月31日朝、二条駅ホームからの愛宕山です。
20120131a.jpg

これは本日2月1日朝、二条駅ホームからの愛宕山です。
20120201a.jpg
冠雪の量が増えそうです。
 
2012年02月01日 18:15 | コメント(0) | JR嵯峨野線