2012年03月19日

DBとハボ

ジュンク堂での展示レイアウトへ持って行く予定で、乗工社の頸城DB81花園の西大寺ハボを整備しました。

DBはあまり走らせてなかったので動きが悪く、分解して調整することにしました。
  
  
20120319a.jpg
窓ガラスもはずれています。
 

20120319b.jpg
 
動力も少し調整です。ギヤはかみ合いが深く、動きが固めになっています。ロッドは穴が長穴になっていてユルユルです。

20120319c.jpg
わずかですが、ウエイトを補重しました。

20120319d.jpg
塗装のはがれていた部分をエナメルでタッチアップ。

20120319e.jpg
運転ボードで試運転です。自重は60gから63gになったので5%増量です。

20120319f.jpg
4.5V 0.1A くらいで起動しますが、低速はあまり効きません。

西大寺ハボはDBの試運転に牽かせていただけですが、レタリングなどを入れてやることにしました。
20120319g.jpg
古い乗工社のインレタで西大寺鉄道の社紋とハボ5を入れました。だいぶ劣化が進んでいるので、うまく付いてくれません。
10系のときに使った半艶クリアが残っていたので、軽くオーバーコートをしておきました。

20120319h.jpg
デッキの支柱が1本はずれたままになっていたので、0.5洋白線で取り付けておきます。
 

20120319k.jpg
台車も調整をして、組み立て出来上がりです。室内が外側と同じ色ですが、完成品なので仕方ないところ。

   
2012年03月19日 22:34 | コメント(0) | 1/87・9mm

2012年03月18日

貨車積荷2

 ようやくPCの入替が終わって、机やラックを元に位置に戻しました。ソフトやデータの移行もしたので時間がかかってしまいました。

さて、以前に車輪を無蓋貨車に積んだのですが、原木丸太を積んでみようとして樹木の枝を数本集めておいたものを切ってみました。
さて原木の長さですが、どのくらいに切ればよいのでしょうか。製材した木材では4mのものが売られているようなので、それに近い長さを考えると4000mm÷87で46mmくらいになります。モデルワーゲンのホームページでの記事では、木曾では5mに切っていたという話もあるので、そうなると5000mm÷87で58mmくらいとなります。これを参考に2種類つくってみました。
20120318a.jpg
左は46mm前後に切ったもの、右は58mm前後の切ったものです。樹木の種類はなんでしょうか、よくわかりません。亀岡の職場近くで拾っておいたものです。直径は5〜8mmなので、440〜700mm位の原木丸太になります。700mmでは巨木という感じでしょうか。

20120318b.jpg
トラ6000とトラ40000の積んでみました。トラ6000には4mものが縦2列にうまく収まります。このサイズに合わせて貨車を作ったのでしょうか。5m原木はトラ40000に積んでみると前後に空間ができてしまいます。木曾森林鉄道で運ばれた5m原木は、上松駅から国鉄無蓋車にどんなふうに積んでいたのでしょう? トラではなくてチキかもしれませんね。
タグ:国鉄貨車
2012年03月18日 21:24 | コメント(2) | 1/87・12mm

2012年03月17日

PC入替

 家族からの要望があって、パソコンの用途変更と置き場所の入替を行いました。

20120317a.jpg
あれやこれや変更して、ケーブルもつなぎ変えて、結構時間かかかります。
 
 

20120317b.jpg
起動しなくなっていたマシンをラックから下ろして、分解して用途廃止処分です。特に何も使っていなかったのですが、一応HDDの中身を調べることにします。

あまり面白くない作業なので、これで記事掲載終わりです。
 


 
2012年03月17日 23:15 | コメント(0) | PC

2012年03月16日

ダイヤ改正前日

醍醐8:17普通5606二条
二条8:50普通235Mクハ221-64亀岡K9
亀岡駅前9:22バスか303JA西部前
JA西部前15:11バスか1751亀岡駅前
亀岡15:55普通256Mクハ222-5512二条F12
二条16:28普通5204醍醐

嵯峨野線の普通系統ではあまり大きな変化はないようです。特急の183系もそのまま運用継続で安泰です。全面的に287系化はいつになるのでしょうか。しばらく順番が回ってこないようです。
山陰線園部以北では安栖里・立木・山家の3駅を通過する普通が設定されました。しかし、京都から福知山へ直通する快速は、3駅とも停車なので、なかなか面白いことになります。
20120316s.jpg
亀岡駅と二条駅で収集

20120316a.jpg
8:49二条駅です。 左 普通236M京都行  右 普通235M園部行  どちらも221系8連

20120316b.jpg
5006M 特急きのさき6号京都行 183系6連 B62編成
改正後も183系で運行、撮影する人もないです。

20120316c.jpg
238M 普通京都行  221系Wパン付き編成の運用です。

20120316d.jpg
嵯峨野観光鉄道線 嵯峨野1号 トロッコ嵯峨駅 3月1日から運行しています。

20120316e.jpg
5001Mきのさき1号城崎温泉行+3041Mまいづる1号東舞鶴行 287系7連

20120316f.jpg
第一保津川橋梁より嵯峨野観光鉄道線

20120316g.jpg
第二保津川橋梁より嵯峨野観光鉄道線

20120316h.jpg
第三保津川橋梁より

20120316k.jpg
第四保津川橋梁より

20120316m.jpg
第五保津川橋梁より嵯峨野観光鉄道線

20120316n.jpg
地蔵トンネルを出ると桜並木を通ってトロッコ亀岡駅 その向こうマンションの前がJR馬堀駅

20120316p.jpg
普通 1228M 京都行  221系8連  Wパン付き編成が運用に入っていました。

国道372号線湯の花温泉付近の工事状況です。帰りのバス車内から撮影しました。 
20120316q.jpg
重機もいなくて、ほとんど進展していません。


20120316r.jpg
狭隘区間を通過するバスです。
 
2012年03月16日 19:04 | コメント(0) | JR嵯峨野線

2012年03月15日

1975年の梅小路にて

昨日は水族館の開館で話題を提供していましたが、今度の土日は多くのお客さんが訪れることになるでしょうか。あることで写真を整理していたのですが、ちょっと見つけた梅小路の写真です。

さて、これは1975年11月30日の撮影となっています。蒸気機関車館へ見学に行ったときに撮影したものです。
20120315c.jpg
吹田第一機関区のDD13 108、吹田第二機関区のEH10、左奥は「出雲」のヘッドマークをつけた東京機関区のEF65 511です。

20120315a.jpg
16番のモデルで製品化されている機関車が並んでいます。
福知山機関区のDD54、米子機関区のDF50 505、姫路第一機関区のDE10 1156、吹田第一機関区のDD13・・・などがいます。梅小路機関区には蒸気機関車館のSLが所属していますが、ELもDLも配置はありませんので、他の機関区の所属車が集うシーンになっていました。この中でDE10 1156は今でも現役ですね。

20120315b.jpg
扇形庫の横に置いてあった車輛たちです。スエ31 101 と ワム50879 です。右側はC11 311で一応梅小路区の所属車です。
後ろの土手の山陰線は、もちろん未電化です。

なお、所属名は1975年版国鉄車両配置表によります。

2012年03月15日 23:05 | コメント(0) | 実物鉄道一般

2012年03月14日

月見館のロケーション

醍醐8:10〜烏丸五条8:35〜千代原口8:50〜国道9号線〜篠9:08〜育中9:35
育中17:20〜篠17:57〜国道9号線〜千代原口18:17〜烏丸五条18:37〜醍醐19:07

 今日は亀岡の仕事ですが、時間の関係で自動車通勤です。往復とも国道9号線ですが、17時台はさすがに混雑しています。

3月14日付 京都新聞夕刊に紹介されていた、宇治川畔にある料理旅館「月見館」です。
20120314a.jpg
かなり昔ですが、一度だけ宴会の席で利用したことがあります。 3月13日撮影
 
2012年03月14日 23:38 | コメント(0) | 道路

2012年03月13日

春のたより

醍醐8:45普通5213六地蔵
六地蔵9:30普通2623桃山南口
桃山南口9:42普通2815観月橋
観月橋11:04普通2615中書島
中書島11:19特急3003京橋
京橋11:56普通9004渡辺橋
大阪15:47普通クハ207-103吹田
吹田18:56普通クモハ207-1002高槻
高槻19:13快速クモハ223-7030山科
山科19:53普通5506醍醐

いろいろな用事を組み合わせて醍醐から大阪一周してきました。
まずは京阪2600系です。
20120313c.jpg
京阪2600系  2615F     六地蔵

桃山南口で降車してみましたが、撮影なしで次の電車に乗車。
20120313h.jpg
観月橋で下車しました。 左の土手は宇治川の堤防、左奥は近鉄の澱川橋梁、上を跨ぐのは国道24号線です。

20120313b.jpg 
堤防を桃山南口方向へ歩いてみました。小さな梅林があって、満開近しという状況でした。その横を2621Fが宇治へ向かいます。

20120313k.jpg
宇治川の堤防に沿ってカーブした線路を走ります。

20120313m.jpg
貴重なシーンに出会いました。目視で線路の「通り」をチェックしています。

20120313d.jpg
観月橋駅へ戻ってきました。何とも複雑な造形の場所です。

このあとは、渡辺橋からジュンク堂書店へ出かけました。
20120313e.jpg
小菅さんのレイアウトには線路際のアクセサリィが増えていました。
 
20120313g.jpg
錘付転轍機です。曲線側が定位です。
 
20120313f.jpg
勾配票の横を通過する井笠ホジ12

このあとは吹田で会議に出席、久しぶりのJR乗車でした。
タグ:京阪2600系
2012年03月13日 22:06 | コメント(0) | 1/87・9mm