2012年03月20日

DBとハボと電池式パワーパック

なにわの海の時空館のあと、小菅さんとともに午後からジュンク堂書店展示のレイアウトを運転しに行きました。
20120320p.jpg
DB81とハボ5を連結してエンドレスを周回。起動時に少し押さないと動き出さないときがありますが、概ね調子よく走ってくれました。

さて、このレイアウトを運転するため、電池式パワーパックを作りましたが、ゆうえんさんから保護回路がないのではないかという疑問をいただきました。電池電源でトランジスタが壊れるほど電流は流れないだろう・・・という想定で、手持ちの部品を集めて作ったのですが、さて実際のところどうなのか実験をしてみました。

20120320m.jpg
機関車を最高速で走行させ、テスターと電流計で測定です。ニッケル水素充電池6本で1.2V×6=7.2V電源ですが、だいぶ使っているとのことで、レールでの出力電圧は6V足らずです。電流は0.1Aくらいでしょうか。

20120320n.jpg
レール間をクリップコードでショートしてみました。出力は1V以下になり、電流は2.7Aも流れています。
Vcc=7.2Vとして、7.2×2.7=19.44W をトランジスタで消費していることになります。2SD234は25Wなので発熱はしますが壊れるまでには至らないようです。しかし、Icの限界が3Aなのでちょっと際どい状態です。
 

最近の充電池やアルカリ電池は、単三といえども相当な電流量を流すことができるようです。Vcc=12Vではもっと流れるかもしれません。やはり保護回路を入れた方が安全ということで、持ち帰って改造することにしました。 
2012年03月20日 23:29 | コメント(0) | 模型一般

なにわの海の鉄道もけい展

醍醐7:57普通5509六地蔵
JR六地蔵8:12普通クハ103-229桃山
桃山御陵前8:32急行8915新田辺
新田辺8:54急行8578西大寺
西大寺9:24快速急行9026生駒
生駒9:38普通2832コスモスクエア
コスモスクエア12:38普通7202本町
本町12:59普通23212西梅田
渡辺橋17:35準急2541中書島
中書島18:442817六地蔵
六地蔵19:025505醍醐

なにわの海の時空館で行われているイベントへ出かけました。

20120320a.jpg
六地蔵から桃山までJRを利用して、近鉄桃山御陵前まで歩きます。烏丸御池経由よりも時間短縮になるようです。

20120320b.jpg
近鉄桃山御陵前駅を通過する京都行特急
近鉄のポイントにダブルスリップが使われてないか確認しました。
20120320c.jpg
まずは新田辺駅です。ダブルクロスとシングルスリップの組み合わせです。近鉄らしい折り返し線構造です。

20120320k.jpg
西大寺駅です。複雑そうな線路ですが、ダブルスリップはありません。
集合時間が迫ってきたので、生駒から中央線に乗りました。

20120320d.jpg
中央線の終点コスモスクエアから徒歩10分程度で会場到着です。

20120320f.jpg
こんなので自動運転が行われています。

20120320e.jpg
ここでは子どもたちが模型運転体験です。

20120320g.jpg
日本トロリーモデルクラブがレイアウトを出展しています。デモ運転の準備中。

20120320h.jpg
11時からトロリーの広沢氏がマイクを持って解説をしながら運転をします。右側にいる広沢氏の弟子たちが、車両の取り替えを行います。

デモ運転は開催期間中の土日祝日11:00、13:00、15:00の3回実施ということです。
タグ:103系
2012年03月20日 22:29 | コメント(0) | お出かけ