2012年05月25日

車輪交換 EUGENE CABOOSE

アメリカ型が続きますが、ROUNDHOUSEのキットでHOのカブースです。

20120525a.jpg
ROUNDHOUSEの汎用プラキットです。下回りなど共通の型ではないかと思われます。トラスロッドは NYLON LINE を使えと書いてありますが、木綿糸を裁縫箱からいただいてきました。

20120525b.jpg
窓ガラスを入れます。

20120525c.jpg
全体を仮組み。1987 NMRA CONVENTION  JULY 28・AUGUST 2・1987 とレタリングされています。コンベンションの記念品でしょうか。

20120525d.jpg
車輪をInterMountainの33"金属車輪に交換します。左右のガタが若干大きくなりますが、転がりは良くなります。さかつうの車輪があればベストですが・・・。

20120525e.jpg
デッキの手スリも取り付けて、床板と車体の間に鉄ウエイトをはさみ、タッピングねじの台車センターピンで上下を止める構造です。これで71gです。あとデッキハシゴと煙突がまだです。
2012年05月25日 23:27 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2012年05月24日

連結器交換

ラウンドハウスのオーバーランド客車4両編成ですが、試運転の記事で書いたように、線路のわずかな凹凸部分で、ナックルのかみ合いがはずれることがあります。連結器を調べてみました。

20120524d.jpg
左がラウンドハウス客車、右がコンコー客車です。ラウンドハウス客車の連結器はケーディ#58くらいの大きさ、コンコー客車はEZ-Mateカプラーで E Z の浮き彫りがあります。ケーディ#5より少し大きいくらいです。ナックル部の厚さというか高さというか上下方向の寸法は、どちらも3.5mmくらいです。おそらくインチ系でつくられていると思われるので、設計寸法はわかりません。

20120524e.jpg

左がコンコー客車、右がラウンドハウス客車です。ナックルの形がだいぶ違うようです。

20120524f.jpg
ケーディ#58とも比べてみました。ナックルのかみ合い角度がだいぶ異なります。外れやすさの一因かもしれません。#58のナックルは3.3mmくらいです。

20120524g.jpg
幸いにもポケットが#5サイズなので交換することにします。はずしたものはEZ-Mateカプラーと同じような作りですが刻印はありません。

20120524h.jpg


ケーディ#5のナックルは3.8mmくらいあります。凹凸ではずれるということは、この0.3mmの違いが影響しているようです。また、材質もヌルッとしたプラなので、上下方向の動きで外れやすいようです。

結局4両ともケーディ#5に交換してしまいました。
2012年05月24日 23:41 | コメント(2) | 1/87・16.5mm

2012年05月23日

台車取り替え

BlackstoneModelsのカブース用アーチバー台車が手に入ったので、PRECISION SCALE製0584の台車を取り替えることにしました。

20120523a.jpg
オリジナル台車はロスト製プレーン軸でしたが、BlackstoneModelsの貨車用コイルバネアーチバー台車に取り替えていました。

20120523b.jpg
取り外してカブース用を取り付けますが、集電ブラシははずしました。

20120523c.jpg
取り替え終了です。

もうひとつ、RGSのBUSINESS CARの台車も取り替えることにします。
20120523d.jpg
BlackstoneModels のPassenger Coach用の台車です。

20120523e.jpg
オリジナル台車はピボット軸ですが、ブレーキシューなし、枕梁は車体側で表現されています。床板へハンダ付けされているので、これはそのままとします。

20120523f.jpg
床板をはずさないと台車がとれません。

20120523g.jpg
元のセンターピンは使えないので、日光製のセンターピンを用意します。センター穴は2.6mm径に拡げました。高さ調整が必要で、0.5mm厚ワッシャを2枚はさみました。センターピンバネを使ってみましたが、強すぎるので結局バネなしです。

20120523h.jpg
取り替え終了です。




2012年05月23日 23:12 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2012年05月22日

道床切り出し

醍醐8:30〜堀川五条9:00〜千代原口9:12〜篠9:29〜育中9:54
育中19:03〜篠19:30〜千代原口19:48〜堀川五条20:00〜醍醐20:21

フロア運転用の直線線路を作ることにしました。
20120522a.jpg
4mm厚シナベニヤ合板から34mm×450mmで切り出しています。
タグ:HOn3
2012年05月22日 23:56 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2012年05月21日

今日は1156

醍醐8:17普通5515二条
二条8:50普通235Mクハ221-73亀岡K12
亀岡駅前9:22バスか1751JA西部前
育中前15:42バスか1750千代川駅前
千代川16:25快速2224Mクハ221-40二条K5
二条16:51普通5216醍醐

通勤時の撮影です。今日の5006Mは電車内から撮影
20120521c.jpg
上り特急5006Mきのさき6号 183系4連 B63編成  二条−円町

20120521d.jpg
昨日の火災現場が見られるかと思いましたが、線路側の建物に隠れてよくわかりませんでした。

20120521e.jpg
嵯峨野観光鉄道トロッコ列車 嵯峨野1号  トロッコ嵯峨駅
DE10 1156が担当しています。

20120521f.jpg
国道372号線 湯ノ花温泉付近の工事状況  だいぶ削れてきました。

帰りに、2224Mの後ろからトロッコ列車を撮ってみました。
20120521g.jpg
嵯峨野観光鉄道線 126レ 嵯峨野16号 トロッコ亀岡駅  2224M車内より
ガーダーが大きくてうまく撮影できませんでした。



2012年05月21日 19:05 | コメント(0) | JR嵯峨野線

日食

簡易な方法で観測してみました。ちょうど傍らにあったTMSの送付封筒に1.1mmのドリルで穴をあけて、紙に投影したものです。

20120521a.jpg
7:25  東側窓際  窓を開けてないのでガラス越しです

20120521b.jpg
7:32   玄関先の屋外

撮影するカメラのピントが、白い紙にはうまく合わず、肉眼で確認したほうが見やすい感じでした。

2012年05月21日 08:01 | コメント(2) | 管理人ノート

2012年05月20日

カブースの台車

BlackstoneModelsのHOn3カブース0503号ですが、室内照明等の準備として台車に集電ブラシが取り付けてあります。これが以外と抵抗が大きく、転がりの良い台車の性能を低下させています。今のところライティングの予定がないので、はずしてしまうことにしました。

20120520a.jpg
上回りと下回りははめ込み式のようなので、車体を少し拡げて引っ張れば分離できました。配線がテープで床板に止めてあります。

20120520b.jpg
センターピンをゆるめて台車をはずすと、ボルスターに集電ブラシがネジ止めされています。これを配線とともにはずしました。

20120520c.jpg
台車を元通りに取り付けて終了です。パーツは保存しておきます。マーカーランプとか手スリとかのパーツがありますが、運搬中や運転中に引っかけそうなので今のところ取り付けていません。

さて、BlackstoneModelsのサイトを見ると、HOn3のプラ道床組線路が発売されるようです。ユニジョイナーを使ったシステムなので、黒石病患者には朗報でしょう。228mm長の直線とR480の曲線が発売され、小判型エンドレスセットも出るようです。ポイントも計画に入っているようで、6番くらいの電動ポイントが出たら手軽に運転会ができるようになりますね。

20120520d.jpg
前に導入したATLAS の HO WATER TOWER ITEM#603 です。エナメルで少し汚しをかけてみました。屋根はジャーマングレイとフラットブラックを混ぜたもの、タンク本体から下は、同色をごく薄めて流し込むようにしてみました。

20120520e.jpg
技術評論社から本をいただきました。ブログに掲載していた写真を提供したので、献本ということです。
2012年05月20日 22:37 | コメント(0) | 1/87・10.5mm