2012年10月12日

運転会あとしまつ

運転会での使用中とか、運搬中とか、いろいろ影響があったので、その対応をすることにします。まずはパワーパックの修理です。
運転会終了して、梱包するときに気づいたのですが、トランジスタの取付ねじが片方はずれています。
20121012b.jpg
出力トランジスタの右側のねじです。ポリカーボネイトねじを使っていたのですが、長年の使用で劣化していたようで、ねじ頭がどこかへ行ってしまってます。

20121012a.jpg
ナットとネジの一部は内部に残っていました。DIRECTIONスイッチツマミもゆるんでいます。

20121012c.jpg
トランジスタのねじは、ポリカねじストック品から取り付け。とはいえ、このストックねじも同じ頃の購入品なので劣化があるかも。スイッチツマミは軸を少し平らに削って、押しネジをキツくしめました。
1981年に変圧器式で製作したパワーパックですが、スイッチング電源内蔵に改造しているので、わりと軽くて使いやすいのです。
タグ:電源
2012年10月12日 23:52 | コメント(0) | 模型一般