2012年11月04日

2軸車の脱線

昨日の運転会で西京交通の2軸車客車を走らせたのですが、一部の車輛が特定の場所で脱線を起こしました。
4両の客貨車を走らせたのですが、脱線するヤツはコレです。フクシマの東野鉄道キハ20の動力非搭載というものです。ワークスKさんによれば、フランジにスジが入っているので、車輪に原因があるのかも・・・・ということで調べてみました。それぞれメーカーも車輪も違うので、とりあえず測ってみました。
いずれも1/80・16.5mmゲージの車輛です。
20121104a.jpg
エコーモデル木造貨車ワフ 車輪は松葉スポーク ピボット軸 固定軸受
 B-B=14.4mm T=0.6mm N=2.4mm

20121104b.jpg
フクシマ 東野鉄道キハ20改 ハフ5 車輪はスポーク プレーン軸 固定軸受
 B-B=14.8mm T=0.6mm N=2.4mm

20121104c.jpg
アールクラフト 遠鉄サハ改 ハフ107 車輪はスポークピボット軸 固定軸受
 B-B=14.7mm T=0.6mm N=2.4mm

20121104d.jpg
珊瑚 南薩ハフ53改 ハフ56 車輪は松葉スポークピボット軸 3点支持改造
 B-B=14.4mm T=0.6mm N=2.4mm

エコー貨車と珊瑚南薩の松葉スポークは同じ輪軸であろうと思われます。

で、脱線の原因は東野キハ20改ハフ5がプレーン軸であることが影響しているかも・・・とか思ったのですが、軸受をよく見ると3枚重ね構造の内寄り側がゆがんで車輪タイヤに当たっています。
20121104e.jpg
軸受の角度も少し内側へ曲がっており、このあたりを修正して潤滑油をさしたら、コロガリ良くなりました。輪軸自体には脱線の原因に関係なかったと思われます。

バックゲージを測ってわかったのですが、珊瑚の松葉スポーク輪軸はNMRA S-4.2の範囲に入っていますが、東野と遠鉄の輪軸は14.8mmでS-4.2の範囲より広めになっていて、S-4.1のFine:HOの規格値に近い輪軸です。車輪厚2.4mmはcode95くらいになるので、S-4.2のcode110よりはFine:HO寄りです。これは日光モデルのパワートラック輪軸も同じ寸法、というか東野と遠鉄は日光製品ではないかと思われます。

16番日本型の車輛ですが、輪軸寸法だけみれば、Fine:HOな規格だったということに気がついた・・・という脱線騒ぎでした。
2012年11月04日 22:06 | コメント(4) | 1/80・16.5mm