2013年01月11日

IMON セキ3000(3)

セキ3000の続きです。難関の手スリ作業に行きます。

20130111a.jpg
エッチング抜きの手スリパーツです。切りはなすときに飛んで行きそうです。

20130111b.jpg
ステンレスピンセットでははじくことがあるので、チタンピンセットで作業することにしました。車体の手スリ穴は非貫通の袋穴になっていて、手スリパーツの長さは長めになっているようです。短めに切る必要がありますが、どのくらいに切るのか目安がありません。とりあえず長いまま切って、穴をドリルで貫通させてつけてみました。車体内側へちょっとはみ出して、石炭モールドをはめこむのに支障がありそうです。

20130111c.jpg
袋穴でつける場合は、かなり短めに切っても大丈夫なようです。ひととおり手スリを取り付けました。貫通穴で取り付けて内側へ出た部分はヤスリで調整しています。

20130111d.jpg
石炭モールドをはめ込んでみました。きっちりはまり込んで満載状態の表現になりますが、ちょっと積み過ぎの感じもします。

20130111e.jpg
若干のゆとりをもたせるため、石炭モールドをサンドペーパーで調整しました。

20130111f.jpg
はめやすくなって、フチから少し下がった感じになりました。もう少し下げてもよいですね。

20130111g.jpg
前に1セットだけ購入していたIMONカプラーHO−102をつけて組んでみました。

20130111h.jpg
ハイトゲージに合わせると、少し高めになります。さてどちらのカプラーを使うか。

20130111k.jpg
解放テコ、ブレーキハンドルなどをつけて、1両だけ完成姿にしてみました。あと7両、手スリ作業の気力が維持できるかですね。

続きを読む
2013年01月11日 21:25 | コメント(2) | 1/87・12mm