2013年05月04日

模型運転会

大阪電気通信大学鉄道研究会OB会の模型運転会を開催しました。

今回の線路は16.5mm複線エンドレスと13mm単線エンドレスの2種類です。
20130504a.jpg
ヤード付きの線路が16.5mm、右側が13mmです。

20130504c.jpg
今回の運転会が試運転となる SMOOTH SIDE PASSENGER CAR 8両編成です。

20130504n.jpg
EH500で牽引してもらいましたが、ときどきショートが発生し過電流継電器が動作して停止してしまいます。なんとなく原因を探っていくうち、3軸台車のBaggageが問題かも・・・ということになって、編成からはずされました。
しかし、それでも直線から曲線にかかる付近でショートが発生するので、今度は詳細に原因追求モードになりました。 1両ずつ編成から外して検討してみると、最初に外したObservationが原因車ということがわかりました。
しかしどこが原因なのかが追求できません。曲線のところで台車とスカートが当たっている可能性が考えられたので、ショートの発生した場所で台車付近の写真を撮ってみました。

20130504d.jpg
すると、際どいながらもスカートとの接触はクリアしており、どうもコレが原因ではなさそうです。R790で接触によるショートが発生したのでは、完成品として大いに問題アリです。いろいろ子細に見ていくうち、運転会のメンバーの一人でスタジオOWDAを主宰しているT氏が、ブレーキシューのバリが車輪タイヤ側面に当たっている可能性がある、というアドバイスを出してくれました。また、台車枠とボルスターがカシメで止められており、それが緩んできているのも原因ではないかということでした。
とりあえず持ち主の自分で対策してみようと、カシメのユルミを手で力を加えて直してみると、なんとか元に戻ってくれたようなので、これでショートが直るかも・・・と線路に乗せてテストランです。

20130504b.jpg
よかった。とりあえずショートの発生はなくなったようで、エンドレスの周回が繰り返せるようになりました。しかしブレーキシューのバリの問題はそのままなので、またショートの発生があるかもしれません。完成品原形のままを大切にするという考えもあり、走りの方が重要ということもあり、バリとりのやすりがけをするかどうか迷うところです。

なお、使っていたパワーパック側にも問題があり、トランジスタの保護回路がサイリスタでリレーを駆動してベース電流をオフにしてしまう方式のため、瞬間の過電流でもいきなり出力オフになってしまいます。トランジスタは安全ですが、走行中の列車がいきなり停車することによるショックの影響も出ることがあります。保護検知感度をもう少しゆるめるか、電池式パワーパックで使った方法に改造するか、懸案事項ということになりました。
2013年05月04日 23:38 | コメント(2) | 鉄道模型運転会

2013年05月03日

HO蒸機を少し改造

BACHMANNの2−6−0と4−4−0の機炭間ドローバーについて少し改造をしました。両機関車ともドローバー本体はエンジン側についていて、テンダー側のドローバピンを上から穴に差し込むというタイプですが、ドローバー側にバネがなくて緩めになっており、いつの間にか抜けてしまうことが多いのです。しかし、DCC搭載で機炭間が数本のコードで結ばれているため、そのコードで連結された状態で走り続けるような状態でした。これでは客貨車を牽引するとコードに負荷がかかるので、ドローバーを連結状態のままに改造することにしました。

20130503b.jpg
2−6−0のドローバーピンはテンダー台枠の穴に差し込んであるだけで、回しながら引っ張ると抜けてくれました。径を測ると差し込み部の細いところが1.6mm、ピンの太いところが2.5mmのようです。台枠側の穴に2mmタップでねじを切り、2mm径×6mm長のプラスネジを使うことにします。

20130503a.jpg
ドローバー穴のはまるところは内径2mm外径2.4mmの真鍮パイプをかぶせています。ドローバーの穴は長い方を使ってネジを固定しています。

20130503c.jpg
この角度から見ると、ねじも真鍮パイプも表面処理してないのが見えますが、通常運転するような位置からはほとんど目立ちません。明日の運転会の試運転で確認してからまた改善しましょう。

20130503d.jpg
こちらは4−4−0ですが、ピンが抜けそうにないので無理しないで、ピンに加工を施しました。横方向に0.7mm径の穴をあけて、割りピンを差し込んで抜け止めにしています。

20130503e.jpg
ドローバー穴は長い方です。元のピンをそのまま使っているので、表面処理をすることもないでしょう。


タグ:蒸機 BACHMANN
2013年05月03日 17:58 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2013年05月02日

富山地鉄の旧3000系

ワークスKさんからコメントをいただいたので、昔撮影した富山地方鉄道の写真から10030系を探し出してきました。
1991年8月24日の撮影ですが、この時期のネガはスキャンせずに放置中なので、とりあえず良さそうなショット数枚だけ取り出してみました。

20130502b.jpg
電鉄富山駅に到着する10038−10037です。 右奥はJR富山駅。

20130502c.jpg
稲荷町で整備中の譲渡車輛です。番号は京阪時代のままで3014号です。
京阪特急のハトマークをつけたまま譲渡されていたのですね。もし全部がつけたまま譲渡されていたならば、現在8編成あるので16枚の鳩マークが富山地鉄に存在するのか・・・??

20130502a.jpg
4両編成で急行運用に入る10031−10032+10035−10036。 稲荷町駅

20130502d.jpg
立山駅を出発して常願寺川鉄橋を渡る 特急 電鉄富山行 10033−10034 本宮−立山

こっちの撮影を優先したので、立山砂防軌道とか見に行けいてないのが残念。
2013年05月02日 23:45 | コメント(0) | 京阪

2013年05月01日

寝屋川車庫の旧3000系

寝屋川車庫の上からのぞき込みをするため京阪通勤です。
今朝の見たままでは、編成がかなりバラされて分散留置になっていました。
20130501a.jpg
建屋前に置かれている電動車郡です。
左から3006(8081)、3105(8131)、3005(8231)の順です。
3106(8181)は見当たりませんでした。

20130501c.jpg
帰りに撮影したものです。3006(8081)と3105(8131)は連結されていないようです。
3105(8131)と3005(8231)は元の編成時とおり連結されホロも接続されたままです。

20130501b.jpg
ダブルデッカー8831です。車止めの直近まで押し込まれたままです。

20130501d.jpg
中間付随車の2両は、本線側で大阪側の奥に止められていました。
左3506(8781)−3606(8681)で連結器もホロもつながれています。

このようにM車。T車、DD車の3カ所に分かれて留置されていました。
のぞき見の結果では、3505(8531)と3106(8181)が見当たりませんでした。

乗車記録
醍醐7:42普通5517六地蔵
六地蔵7:52普通2823中書島
中書島8:02特急9152天満橋
天満橋8:55谷町線32607四天
四天16:18谷町線22612天満橋
天満橋16:33特急3154枚方市
枚方市16:54準急2320中書島
中書島17:24普通2623六地蔵
六地蔵17:33バスか2368和泉町
2013年05月01日 23:02 | コメント(2) | 京阪