2013年08月05日

雄別コハ2

モデルワーゲンの雄別コハ2続きです。
雄別のコハ2は元北海道鉄道の日車流線型気動車であり、レイルNo.22 北線路(下)103ページの写真では1960年の撮影で、縦桟なしの一段窓で妻板に窓があります。製品は最晩年のタイプで妻板窓が塞がれ、側窓に縦桟が入ったものです。

20130805a.jpg
縦桟窓は特徴的ではありますがあまり好みではないので、縦桟を撤去して一段窓にするか、二段窓にしてみようかと考え中。二段窓の材料として、高知鉄道キハニ2000から内貼りを出して合わせてみると、窓ピッチなどはピッタリです。さすがに日車流線型の設計ですね。しかしドア間の窓数が合わない、ドアは高さの関係で使えない、ドアから外側は寸法が合わない、などで切り継ぎになりそうです。

20130805b.jpg
二段窓にすると北海道鉄道の気動車になってしまうので、雄別客車時代の雰囲気も残しておきたいということもあり、縦桟撤去の一段窓にすることにしました。とりあえず素組みで始めます。

20130805c.jpg
前面の日車流線型を取り付けて、車体の主要部はできあがりです。
タグ:MW 雄別コハ
2013年08月05日 22:31 | コメント(0) | 1/87・12mm