2013年08月19日

雄別コハ2

モデルワーゲンの雄別コハ2続きです。

20130819e.jpg
屋根の造形は若干の修正をしました。残っていたパーツの端梁、手スリをハンダ付けで取り付けました。エアーホースは塗装してから接着としましょう。
プラリペアで造形の後でハンダ付けをしましたが、硬化した樹脂がハンダゴテの熱で何か影響を受けるか、そのあたりの特性はわかりません。手スリ程度なら、それほど長時間加熱することもないので、そんなに温度は上がってないと思います。

20130819f.jpg
最後にバッサリと切ってしまいました。勿体ない気もしますが、縦桟はどうもせせこましい感じがします。
雄別コハ2の元車輛である北海道鐵道キハ500形は、日車の図面では一段窓になっているので、側窓はこの状態が原形ということになります。

20130819g.jpg
先に作った下回りと合わせてみました。
屋根上を忘れていました。ダルマストーブは使わない仕様としますので、ガラベンを3コくらいのせることにしましょう。
タグ:MW 雄別コハ
2013年08月19日 23:10 | コメント(0) | 1/87・12mm