2013年08月31日

東野キハ501

モデルワーゲンの東野キハ501続きです。

スピーカーは15mm×25mmの方を使うことにして、プラ板で箱を作りました。
20130831a.jpg
あまりプラ工作をしないので適当な材料が在庫していません。プラ材ジャンク箱の中にあった1mm厚スチロール板で、スピーカを囲むようにして高さ10mmの箱を作りました。

20130831b.jpg
直流電源ですが箱の効果をテストしてみました。

けっこう効果があるような気がします。

20130831c.jpg
取付方法いろいろ考えましたが、せっかくネジ穴があるので、1.4mm×4mmネジで基板に取り付けます。音声出力用に丸穴を数個あけたのですが、結局角穴にしてしまいました。

20130831d.jpg
床板に納める方法ですが、デコーダがロングシートの間に入りそうです。スピーカの部分はシートは無理でしょう。箱の高さを10mmにしたので、窓から目立つかもしれません。

20130831e.jpg
シートの下部を削ったりしてデコーダを納めるようにしました。モーターとデコーダ間、車体側ヘッドライトとデコーダ間はピンプラグで接続準備工事です。効果のほどはわかりませんが、コンデンサもつけました。

ときどき集電不良でエンジン停止?するので、絶縁車輪側からも集電する工事も必要です。ちょっと工期がきびしくなってきました。
 


タグ:MW DCC 東野キハ
2013年08月31日 23:32 | コメント(3) | 1/87・12mm