2013年09月26日

雲仙・西海用オハ46

関東合運用の客車を作ります。1/80・16.5mmの客車は久しぶりです。

20130926a.jpg
元箱がないのでよくわかりませんが、おそらくFUJI MODELのキットでしょう。スハ43の近代化改造タイプです。キットの部品と手持ちの部品だけで作ることにし、新たに部品購入はしないことにします。
オハ46でアルミサッシ化されたものは、あまり見かけないようです。締切があるので調べに時間をとることはできません。とりあえず形にします。

20130926b.jpg
ドアとホロワクを組み立てます。エコーのホロワクの在庫がないので、キットパーツを使います。

20130926c.jpg
ホロワクを妻板の取付。ホロ吊りは折り曲げられた真鍮線でキット同梱のものです。

20130926d.jpg
ドアを車体に取付。

20130926e.jpg
アングルの位置合わせと仮組立。

20130926f.jpg
アングル、妻板、仕切りの順でハンダ付け。床板に端梁を取付。

20130926g.jpg
キット同梱の床下機器取り付け板です。水タンク穴や中央の梁がありません。使いにくそうなので、ストック品のエコーパーツに取り替えます。

20130926h.jpg
端梁の調整、床下機器取付板に中梁を取付、台車は日光製TR47です。

20130926k.jpg
全体を組み立ててみました。カプラーはKadeeとKATOで高さテスト。

20130926m.jpg
こちらKATOカプラー。若干高いかも。

20130926n.jpg
こちらkadeeですが、やはり若干高めかも。下げるのは簡単なので、最後に調整しましょう。
2013年09月26日 23:55 | コメント(0) | 1/80・16.5mm