2013年10月05日

江若気動車の調整

今日明日は軽便祭りで賑わっていることでしょう。コレにも行ってみたい気持ちはあるのですが、9月〜11月毎週の行事では体力も資金力も消耗するので、祭りはずっと不参加です。

さて、モデルワーゲンの東野キハ501/雄別コハ2→江若キハ501/ハフ32続きです。
第22回 2013鉄道模型大集合 in OSAKA でのHOJC競作展示は無事終了しました。江若流線形編成も参加しましたが、次は関東合運への参加です。相武鐵道乗り入れ対策として、連結解放による気回しをやってみたく、カプラーをKadee#711に交換しました。

20131005g.jpg
IMONカプラーではそれほど気にならなかったのですが、Kadee#711では高さが異なるようです。ハフの方が低いのです。2/3くらいはナックルがかかっているので、よしとしましょう。相武鐵道は線路状態も良好なことだし。

20131005e.jpg
アンカプラーの上でテスト。一応ナックルは開くようです。

20131005f.jpg
渡り板で見えにくいので、少し角度を変えて撮影。解放はできそうですが、DU動作はちょっと困難です。
 
2013年10月05日 23:36 | コメント(0) | 1/87・12mm

雲仙・西海用オハ46

関東合運全体課題の雲仙・西海用 1/80・16.5mm オハ46 の続きです。

ちょっとさがしたら客車用イスのパーツが出てきました。
20131005a.jpg
しかし、数がそろいません。天賞堂のが8脚、カツミ?のが14脚で、計22脚、全体としては88名定員分ですが、端部用のがないし、形もそろわないので、取付はやめることにしました。

20131005b.jpg
イスは箱に戻ってもらって、台車が回るので回り止めピンなどを取付。台車床下機器をちょっとだけウェザリング。

20131005c.jpg
いつまでも出しておくと、気になってまた追加工作にかかりそうなので、運搬用に箱へ入ってもらいました。試運転はしてないけど、直線を転がったら大丈夫でしょう。
流線形課題と雲仙・西海、何とか間に合いました。

おっと、他のクラブとの編成の間に入ることを忘れていました。
20131005d.jpg
また箱から出して、高急車輛の銘板シールを貼り付け。ついでに計測。

全長 263mm
全幅 37mm  
全高 50mm
自重 268g

全長はトリップピン先端間、全幅は雨樋間、全高はレール面上ベンチレータ頂上までを測っています。自重は昔作ったタニカワのスハ43とほとんど同じです。軽量化でオハになったはずなのに、模型の自重の軽量化は2gだけ・・・。

2013年10月05日 17:45 | コメント(0) | 1/80・16.5mm