2013年10月26日

電源改造2題

いくつかの懸案事項を順に取り組んでいます。アナログのパワーパックの改造を行いました。

20131026k.jpg
以前に作った電池式パワーパックですが、電池ボックスが8本用を使っています。アルカリ乾電池では1.5V×8=12Vでちょうど良い具合ですが、ニッケル水素充電池を入れると、1.2V×8=9.6Vとなり、出力が若干低めになります。

20131026h.jpg
10本用電池ボックスが入らないか検討しました。基板を少し寄せればスペースができそうです。

20131026m.jpg
内部の様子です。ターミナル部分が窮屈ですが、何とか収まりそうです。

20131026n.jpg
基板を外して、穴を外側に開け直しました。

20131026p.jpg
基板を外側へ寄せて取り付けます。

20131026q.jpg
10本用電池ボックスを、なんとか納めるようにできました。

20131026r.jpg
出力を測定。無負荷で12.3Vくらいです。まあこんなもんでしょう。10本用電池ボックスにアルカリ乾電池を入れたら15V電源となるので、出力も少し高めになりそうです。

もう一つの電源は1981年製作で長期使用の古いやつです。改造を重ねていますが、サイリスタを使った過電流保護回路の感度が良すぎるので、わずかなパルッシブショートでも影響を受けて主回路オフになってしまい、突然停止が発生してしまいます。
20131026s.jpg
電池式パワーパックと同様、トランジスタを使った電流制限とポリスイッチによる保護回路に変更します。

20131026t.jpg
0.3Ω抵抗器を負荷にして実験中。1.8AくらいでOCR表示LEDが点灯し始めます。出力トランジスタの放熱器が少し暖かくなりますが、触れる程度なので大丈夫でしょう。

20131026u.jpg
しばらくしてポリスイッチが動作し、0.1A程度の制限電流に抑えます。

20131026v.jpg
回路図を書き直しました。
 




タグ:電源
2013年10月26日 23:49 | コメント(0) | 模型一般

エアブラシの2本化

塗装に使っているコンプレッサですが、レトラセットのMODEL 8/17というやつを使っています。

20131026e.jpg
クラブのM井さんから教えてもらって導入したのですが、取説の印刷年号を見ると1997.1.1とあるので、それ以降に購入したモノと思われます。これにはオリンポスのPC-JUMBOをつないで使っています。

20131026a.jpg
ところがもう一つ、タミヤのスプレーワークのハンドピースHG-Sが用具箱に眠っているのを発見。

20131026b.jpg
しかしコンプレッサにつないでみると、見事にエアー漏れです。Oリングが劣化してちぎれています。

20131026c.jpg
21日の月曜日に、これを調達してきました。わずかに寸法が違うような気もしますが、押し込んだら何とかなるかと・・・。

20131026d.jpg
いい具合に入ってくれました。両側とも交換しました。

20131026f.jpg
エアの取出口が2カ所あるうち、1コしか使っていません。閉めていた方の口を開けました。

20131026g.jpg
Sネジアダプターを取り付けて、スプレーワークのエアーホースをつなぎました。エアー漏れはなく、エアブラシの2本化ができました。

これまで1本でやってきて、それほど不便は感じなかったのですが、2本にすると効率アップになるでしょうか。
塗装前のダスト飛ばしとかに使えるかな。





タグ:塗装
2013年10月26日 17:18 | コメント(2) | 模型一般