2013年12月31日

2013〜2014 年越し運転会

毎度ご乗車ありがとうございます。
 今年も1年間、毎日更新を続けてきて、何とか達成することが出来ました。

さて、恒例の年越し運転会を迎えました。今回は運転ボードでの1/87・12mmでの運転にしました。小判型エンドレス線路は、外周がシノハラフレキ使用の自作R420ですが、内側はTILLIGのTTの道床付線路R353を使わせてもらっています。

20131231p.jpg
外周にはC56+丸屋根客車の4両編成スハ32+オハ35+オハ35+オハフ33でアナログ制御です。内周は先ほどDCC化工事が完成した江若DD1352+オハ27系3連、向こうの待避線はキハ501+ハフ32、キハ14+ニフ58+ワフ12の編成です。

内側の標準軌PC枕木線路はKATOユニトラックで逆カントSカーブのテストコースを作っています。まだ何も実験はしていませんが。

残り時間も少なくなってきましたが、2014年もよろしくお願い申し上げます。
 
2013年12月31日 23:00 | コメント(4) | 鉄道模型運転会

DD1352のDCC化

江若DD1352の作業続きです。やっとデコーダ搭載へ進みました。

20131231a.jpg
DZ123をモーターの上に仮置きしてセロハンテープで仮固定。空中配線で接続し、モーターとの相性などをテストしておきます。特に問題なくコントロールできるようです。デコーダを通してアナログでテストすると極性が逆になっていました。

20131231b.jpg
ライトユニットを接続して切替を確認しておきます。電線がスゴイ状態ですが、ボンネットの中に入るのだろうか・・・。
ライト接続テストの動画です。


20131231c.jpg
さて、配線を整理するため一旦バラします。電線の通し場所をいろいろ検討の結果、仮置きと同様、デコーダをモーターの上にのせるのが良かろうという方針でいきます。

20131231d.jpg
モーターとデコーダをハーネステープで縛り付けてしまいました。橙灰コードはモーター端子に接続してしまいました。

20131231e.jpg
次に台車からの電源ラインの整理を考えます。、モーター取り付け台の上に、0.6mm厚のプリント基板を接着し、両台車からの電源ラインをハンダ付けしました。ウエイトも接着剤で取り付け。

20131231f.jpg
ライトユニットの車体へ取り付けにかかります。光ファイバの形を少し調整して、何とか押し込みました。ライトレンズ部は穴にきちんとはまりました。

20131231g.jpg
上下の配線をとりあえずつないで試運転します。

下に光が漏れていますが、デッキ止めネジをつけると隠れるようになっています。

20131231h.jpg
作業中にエアータンクと配管がはずれてしまいました。ハンダ付けしようかと思いましたが、配管とかがバラけてややこしくなりそうなので、瞬間接着剤でつけてしまうという安易な方法を選びました。

20131231k.jpg
面倒なので直結しようかと思っていたのですが、デッキ部との関係から、やはり上下分離できないと不便なので、コネクタを取り付けました。ライトは米粒球なのでダイオードなどは使わず、デコーダのライト出力を直結しています。

20131231m.jpg
デッキ部とモーターのクリアランスに余裕がなく、モーター回りに電線が這っているので、デッキもボディも少し押し込むような感じで組み立てることになりました。何とか収まってくれて、完成試運転です。


最後にカプラーをつけます。ちょっと時間がかかってしまいましたが、DD1352の最終目標形態がようやく完成です。クマタの未塗装完成品を六甲模型で見つけて購入したのが1994.02.02です。何と!20年近くもかかってしまいました。

さて、年越し運転会の準備にかかります。
 
タグ:DCC 江若DD1352
2013年12月31日 21:34 | コメント(0) | 1/87・12mm