2014年06月10日

C12230 最後の冬

先日訪れた西尾市西尾公園に保存されているC12 230ですが、最後の所属が木曽福島機関区ということでした。

20140610d.jpg
昭和48年11月3日木曽福島機関区配置となり、翌昭和49年6月4日廃車となっています。この時期なら撮影しているかもしれないと探してみたところ、カラーリバーサルで撮影したものがありました。

20140610a.jpg
1974.03.27 木曽福島 C12 230+ワム132533
雪が降りしきる木曽福島のレンガ扇形庫前で入替作業中

20140610e.jpg
扇形庫とC12、こちらはモノクロ。

20140610b.jpg
機関車だけトリミングしてみました。回転式火の粉止めをつけているようです。
保存機にはありません。

おまけ
20140610c.jpg
特急 しなの 381系  木曽福島 1974.03.27
 
タグ:C12
2014年06月10日 14:46 | コメント(0) | 古いネガから

2014年06月09日

保存蒸機探訪

夏休み運転会の終了後、愛知県東部に保存してある蒸機巡りへ出かけました。

愛知県蒲郡市博物館

D51201 と オハフ332424 が屋外展示されています。博物館HPには詳しい記載はないようです。

20140608f.jpg
「蒲郡SLを守る会により保守されています。原則毎月第1日曜日に、午前10時からSL清掃保全活動を行っているそうで、当日はちょうどその日に当たっており、「油塗りたてにつき中には入れません 博物館」という表示がありました。

20140608g.jpg
オハフ332424  客車も中には入れませんでした。

愛知県西尾市西尾公園

C12230 が屋外展示されています。公園HPには特に記載はありません。

20140608h.jpg
キャブへ上がる階段もついているので、中に入れるときがあるのかもしれません。

安城市総合運動公園

C1269 が屋外展示されています。公園HPには特に記載はありません。

20140608k.jpg
ここも保存会があって保守されているようです。

岡崎市 南公園交通広場

D51688 HSST 名鉄モ401号 消防自動車 などが屋外展示されています。公園HPには特に記載はありません。

20140608m.jpg
左 HST   中 D51688   右 名鉄モ401号

20140608q.jpg
HSST  掲示板には「高速地表輸送機」とあります。
常電導磁気浮上 リニアインダクションモーター推進 方式

20140608n.jpg
D51もいいですが、柵のレールの敷き方に興味が行ってしまいます。

20140608p.jpg
名鉄401号  連接部の前に掲示板が立てられて、少し撮影しにくいです。

以上の施設の車輛たちは、屋根付きの設備に守られており、定期的な保守が行われて良好な状態で保存されています。蒸機は塗油も十分で、動態復帰も可能なように見えます。
写真はたくさん撮影しましたが、保存車の専門サイトに詳しくあるようなので、ここでは全体だけ掲載しました。

乗車記録
醍醐7:52普通5501六地蔵
六地蔵8:08普通10505中書島
中書島8:20特急6102天満橋
天満橋9:03谷町線328137四天
四天16:08谷町線22359天満橋
天満橋16:238特急6155中書島
中書島17:04普通10655六地蔵
六地蔵17:13バス2633和泉町
タグ:博物館 D51 C12
2014年06月09日 23:13 | コメント(0) | お出かけ

2014年06月08日

夏休み浜松運転会

夏休み運転会2日目です。もう一つ持参の0系新幹線12両編成を走らせてみました。

20140608b.jpg
連結作業がやりにくいので、12連に編成するまで20分くらいかかっています。

20140608a.jpg
家の線路では12連運転が問題なくできるのですが、大きな会場の組線路では問題がいろいろ出てしまいます。
・連結編成時にカプラーがきちんと挿入できない車輛がある。
・それにより伸縮機能が十分働かず、曲線で外ホロが当たってしまう。
・凹凸があると床下機器が当たって急停止してしまう。
・26形M車の間にはさまれたT車が脱線しやすい。

20140608c.jpg
モジュールに設置されたホームが、16番の建築限界を超えていました。1/87の新幹線は当たってしまいます。
しばらくはホームを通らずに往復運転で対応。

20140608d.jpg
モジュール作者にお願いして対応してもらいました。

0系新幹線をスムーズに走らせるのは難しいようです。
タグ:動画 16番
2014年06月08日 23:17 | コメント(0) | 鉄道模型運転会

2014年06月07日

夏休み浜松運転会

NIFTYの鉄道フォーラム時代から続く運転会に行ってきました。今回で20回目ということです。皆勤ではありませんが、久しぶりに参加してみました。前回参加は2009年でした。

20140607a.jpg
16.5mmゲージの線路です。ほとんどがKATOユニトラックです。

20140607b.jpg
こちらは13mmゲージ線路です。

20140607d.jpg
自分の持参車輛、HOオーバートン客車を2-6-0で牽引。


20140607c.jpg
最後尾E氏のカブースもまじえて20両編成です。
線路状態は凹凸が多くて余り良くないですが、この編成なら快調に走ります。
中央に編成したシエラ鉄道の4両はキット付属プラ車輪のまま、その他はさかつう製金属輪軸です。
 
 
タグ:動画 JM 16番
2014年06月07日 23:16 | コメント(0) | 鉄道模型運転会

2014年06月06日

編成で試運転

今日は時間の都合でJRに乗ったのですが、朝の京阪は車輛故障でダイヤが乱れていたようです。帰りに知ったのでラッキーでした。

2週間掛かりになった客車とD51の改修ですが、編成で試運転をしてみました。
20140606b.jpg
電池が消耗してきたので、パワーパックを交換。

20140606a.jpg
D51+ナハフ11+ナハ10+マニ60


乗車記録
醍醐7:35普通5512山科
山科7:51新快速3415Mサハ223-2045大阪
東梅田8:37谷町線22608四天
四天12:03谷町線22314天満橋
天満橋12:13特急7202中書島
中書島12:54普通13651六地蔵
六地蔵13:07普通5516醍醐
 
タグ:動画 HOn3.5
2014年06月06日 19:14 | コメント(0) | 1/87・12mm

2014年06月05日

はひふへほポスター

雨上がりの曇り空でしたが、特急同志のツーショットを狙ってみました。

20140605a.jpg
左 特急 出町柳行 B0708Z 8000系 
右 特急 淀屋橋行 B0801A 9000系 中書島駅
B0801Aは3扉ロングシート車の運用指定です。

20140605b.jpg
左 5433M 快速 宝塚行 207系
右 4487S 普通 京橋行 折返し回送車 207系  京橋駅

20140605c.jpg
4489M 普通 塚口行 207系   京橋−鴫野

20140605d.jpg
寝屋川トラス橋梁 橋梁前後の線路はどのようにつながるのか。 京橋−鴫野

20140605e.jpg
ポスター はっ ひぇ ふぅ へぇ ほっ  鴻池新田駅
作製したのは、四国ツーリズム創造機構 というところらしいです。
公式サイトからは削除されているようです。

京橋駅の 「九州をきゅうしゅうしに行きませんか?」 ポスターを撮影したかったけど、人が多すぎて待つ時間もなかったのでまた次の機会に。

乗車記録
醍醐7:52普通5511六地蔵
六地蔵8:08普通10052中書島
中書島8:20特急9051京橋
京橋9:04普通4478Cクモハ320-27鴻池新田
鴻池新田11:18普通4525Cクハ207-139京橋
京橋11:37特急8152中書島
中書島12:14普通13653六地蔵
六地蔵12:30普通5504醍醐
 
2014年06月05日 21:45 | コメント(0) | JR学研都市線

2014年06月04日

原因究明作業4

乗工社D51の復活作業の続きです。
原形テンダーモーターのままにしておきたいのですが、走行起動時にモーターのトルクによってテンダー全体が大きく揺れてしまいます。走行も不安定になるので安定化をめざして少し加工してみました。

20140604a.jpg
台車枠の中に軸受枠があります。テンダーの揺れはボルスタの径が小さく、テンダー台車のローリング可動範囲が大きいのが原因のようです。

20140604b.jpg
ボルスターの加工は困難なので、揺れたときの可動範囲を極力抑えるように考えます。クラブメンバーの加工例も参考にしました。

20140604c.jpg
台車をはずし、軸受け枠取り付けネジを、長めのものに交換しました。
M1.4×4のプラネジです。
台車を取り付けて走行テストをしました。ここからは動画です。

起動時の揺れはほとんどなくなりましたが、本体とテンダーが若干ずれることがあるようです。
単機で本線走行させてみます。

エンドレス周回は特に問題ないようです。6番ポイント分岐側への進入です。

ポイント背向から進出するときに先輪が脱線しています。よく調べると、ポイントで脱線しているのではなく、カント付き曲線に入るジョイントで脱線しています。ひねられたような動きになるので、追従がキビしいようです。復元バネの具合をゆるめに調整してみました。
ナハフ11を連結してみる。

エンジン側の上下分解なしで、何とか走行の調子を取り戻したようです。
あとはウエイト補重をするかどうか、というところ。補重すると走りの調子も変化する可能性があります。
 

2014年06月04日 21:33 | コメント(2) | 1/87・12mm