2014年06月03日

原因究明作業3

乗工社D51の復活作業を進めることにします。

先日からのコメントや、クラブメンバーからメールでもアドバイスをいただいたので、線路上で先輪の動きを確認してみました。
20140603b.jpg
先台車に補重したウエイトがカプラーに当たっているようです。先輪をドライバで少し持ち上げると、カプラーに当たり、台枠を持ち上げるように働いて第一動輪も浮いてしまいます。

20140603d.jpg
先台車内部と上にウエイトをつけてあったのですが、これまでは微妙なところでクリアできていたようです。この部分のわずかな上下動が、動輪への影響を及ぼして空転を発生するような事態になったと考えられます。「輪重抜け」というやつでしょうか。

20140603e.jpg
先台車上のウエイトをはずしました。

20140603c.jpg
上下動のゆとりができたようです。しかし、先台車の押さえはどうなるか。
従台車ははずしたまま、先台車だけつけて走らせてみた。

20140603h.jpg
問題ないかと思われたのですが、速度を上げると曲線部で第一動輪が外側へ脱線しました。先台車も浮き気味のようです。

20140603f.jpg
取り外していた復元バネを使ってみることにします。
原形通りに取り付けると左右復元が強すぎて、ポイント通過に支障が出るためにはずしたものです。そこで、バネ座の穴を拡げて左右動をゆるくし、上下方向のおさえは効かせて左右の復元は弱めに調整しました。

20140603g.jpg
従台車の復元バネも同様な加工をしてみました。
先台車、従台車を取り付け、2−8−2のD51で走行テスト。

イモン線路では、まあまあ合格の範囲でしょうか。
シノハラポイントとR600の通過はテストコースがないのです。
 
2014年06月03日 23:51 | コメント(0) | 1/87・12mm

2014年06月02日

今日は実物で

模型の課題が山積ですが、今日は中書島定点撮影。

20140602b.jpg
模型よりキツい5.2番シングルスリップ。
最近は渡り側を通過することはほとんどないようで、サビ浮いてます。

20140602a.jpg
特急 出町柳行 B0708Z 8000系  中書島駅

乗車記録
醍醐7:52普通5506六地蔵
六地蔵8:08普通10001中書島
中書島8:20特急6103天満橋
天満橋9:03谷町線221097四天
四天15:43谷町線22609天満橋
天満橋15:55急行7202樟葉
樟葉16:28特急6153中書島
中書島16:44普通13051六地蔵
六地蔵16:53バス2237和泉町
 
2014年06月02日 21:27 | コメント(0) | 京阪

2014年06月01日

原因究明作業2

それにしても暑い。

20140601b.jpg
ディスプレイの上のプリンタ台に貼っている温度計は…

20140601a.jpg
37℃あたりです。
汗が出ているウチは良いが、のどの乾きを感じてくると危ないです。

20140601e.jpg
確認のため体温を測ってみた。 まあ、安全な範囲かな。

部屋は暑いけど、D51の作業も進めてみます。
20140531b.jpg
従輪もはずして。0−8−0にしてみました。

20140601d.jpg
先輪、従輪をはずしたD51のシルエット。走行不安定になるか?


特に脱線しやすくなるということもなく、ポイントも無事に通過できています。
ボイラーのウエイトは、全部動輪にかかっているので、粘着は良いでしょう。

さて、先輪と従輪をどのように調整して取り付けるか…。
 
2014年06月01日 16:47 | コメント(2) | 1/87・12mm