2014年11月23日

IMON ED75 - (6)

本線Webページの鉄度模型/運転会へ、11月16日(日)のミニ運転会の様子を掲載しました。
 
その運転会で、models IMON原宿店レイアウトのシノハラ線路は無事通過出来たED75ですが、運転ボードの急曲線ではどうでしょうか。
20141123a.jpg
フライシュマンHOの線路はそのままにして、TilligのTT用12mmゲージ道床付線路を敷きました。
 
20141123b.jpg
引き込み線は撤去しても良かったのですが、そのまま上を乗り越しても敷けそうだったので、ちょっと乱暴なようですがHO線路をまたぐように敷いてみました。
 
20141123c.jpg
緩い勾配が付くと共に、ねじれなども発生して悪路になっています。
 
20141123d.jpg
ED75をテストします。直線はまあ問題なく走るようですが、R353の急カーブは追従できるのでしょうか。
 
20141123f.jpg
手で押してカーブに入れてみると、モータとギヤボックスを結ぶシリコンチューブに負担がかかるようです。しかし、台車の首振りなどは問題なく、ショートなども発生しないようです。
周回を動画でどうぞ。640x480なのでダウンロードが良いかも。
ポイント直線側でのR353エンドレスで、異音が出ることもなく静かな走りで周回できました。
 
さて、ポイントを分岐側にして待避線の通過をしてみました。
20141123g.jpg
分岐側へ入ったときの様子です。ポイント付近はR353のSカーブになっています。台車の動きはだいじょうぶですが、動力のシリコンチューブはかなりの負荷かも。
 
20141123h.jpg
もう少し進むと、シリコンチューブはまた違った状態になります。
無事通過できています。なかなかの通過性能を誇りますね。
反対回りの周回です。割りと高速で突っ込んでも、通過出来ているようです。
 
16.5mm貨物列車と共演です。速度を高めにしていたら、Sカーブを通過できずに脱線しました。
 
20141123e.jpg
客車を連結しての通過テストです。20m級はR353の通過がキビシイので、17m級オハ27系の登場です。オハ27はR353を通過出来るよう調整していますので、機関車との連結さえ問題なければ周回できます。
だいじょぶなようです。
ポイント分岐側Sカーブは連結器の関係で客車が通れません。待避線を作るならSカーブにならないように敷かなければ通過出来ません。
 
20141123k.jpg
ED75でも運転ボードで楽しめそうです。
車体の製作を進めなければ…
 
2014年11月23日 23:27 | コメント(9) | 1/87・12mm