2015年02月14日

配線作業 - C56 (5)

C56のDCC化作業の続きです。難関と思われる機炭間の配線接続に入ります。

20150214a.jpg
デコーダの端部に配線を覆っている接着剤のようなものがあります。コードの処理で邪魔になるので外すことにします。ピンセットではがしました。

20150214b.jpg
スピーカが丸形から角形になったので、それに合わせてテンダの底穴も拡大。

20150214c.jpg
これでテンダ車体の取り付けに余裕ができた感じです。

20150214d.jpg
石炭をかぶせて線路に乗せ音出しテストです。

二重のエンクロージャ効果?で良い感じ。

20150214e.jpg
黒い箱を外してみました。スピーカとテンダ車体だけではどうか?

少し音が拡散するような感じでしょうか。やはり黒い箱をつけることにします。

20150214f.jpg
サウンドデコーダをテンダに搭載したので機炭間配線が5本必要です。モーター出力の橙灰線、ヘッドライト点灯のための青白線、動輪右側の集電線をテンダへ引き込む線、の計5本です。コネクタで取り外し式にするか…、5本となるとコネクタも場所をとってしまいます。

20150214h.jpg
とりあえず簡単確実な方法として直結してみました。ヘッドライトはまだ工作してないので、橙灰線と集電線の3本を接続しています。

20150214g.jpg
前から見るとこんな感じ。

音出しながら走行テスト。 スローはあまり効かないけどこんなもんか。

DCアナログでの走行テスト。12V近くまで上げないと動きません。

20150214k.jpg
線路に乗せたまま車体をかぶせてみました。意外とうまく入ってくれた。

音出し、走行テスト。


タグ:蒸機 C56 DCC
2015年02月14日 23:50 | コメント(5) | 1/87・12mm

2015年02月13日

交換作業 - C56 (4)

今日は曇りがちだったので、おだやかな光線で撮れました。

20150213a.jpg
宇治線 普通 V0800C 10000系 10002F  六地蔵駅

C56のDCC化作業の続きです。

20150213b.jpg
テンダに取り付けている丸いスピーカーは、サウンドデコーダ付属のもので20mm径です。プラのエンクロージャーが付属していて、最初に付いていた向きとは逆にしてテンダに接着しています。この上にデコーダを載せているので不安定、配線がテンダ内に収まるのかアヤシイ。
そこで小型の長方形スピーカーに交換してみることにします。デコーダ説明書ではインピーダンス8Ωでいけるようなので、接続して音出しテストしてみます。

20150213c.jpg
1.2mm厚プラ板でエンクロージャーを作りました。高さも少し低くなったかな。
スピーカー自体は長円形で、枠が長方形15mm×25mm、8Ω 1Wです。

20150213d.jpg
スピーカーにかぶせて線路に乗せ音出しテストします。

音の大きさは丸形スピーカーとあまり変わらない感じ。

20150213e.jpg
スピーカーはテンダに接着。エンクロージャーは黒に塗装。

20150213f.jpg
スピーカーにかぶせるとこんな具合で、デコーダも安定するようです。

音の出る側は3mm径の穴が7カ所、丸形に合わせて開けてあるのですが、このくらいで十分のようです。しかしテンダ車体を取り付けると音がどうなるかは…。

乗車記録
醍醐7:52普通5508六地蔵
六地蔵8:08普通10002中書島
中書島8:20特急6112天満橋
天満橋9:02谷町線32102四天
四天14:08谷町線22618天満橋
天満橋14:23特急3553中書島
中書島15:04普通10652六地蔵
六地蔵15:13バス2237和泉町

2015年02月13日 23:49 | コメント(3) | 1/87・12mm

2015年02月12日

調整作業 - C56 (3)

C56のDCC化作業の続きです。

20150212a.jpg
テンダに搭載したデコーダから、モーター出力の橙灰線をつないでみました。

20150212b.jpg
DT402DJを持ち出して、F9以降の動作を確認してみます。

F19で汽笛の音が変更できるので、一つ一つ聞いて日本型に近いかなというのに設定してみました。

F24でブラスト音も変更できるので、これも一つ一つ聞いて日本型に近いかなというのに設定してみました。DT402DJの取り扱いとデコーダの設定と、取説を読みながらなので時間かかりました。
これでスロットル1の走りなので、ブラストと速度がうまく合わないようです。もう少しゆっくり走ってほしいけど、加速率や最終電圧など調整しても、あまり効果はないようです。テンダからだけの集電なので、ジョイント部で集電不良になります。

20150212c.jpg
デコーダとコアレスモーターとの相性があるのかもしれません。そこでモーターを交換、というかキット同梱だったマシマモーターに戻してみることにします。

20150212d.jpg
マシマモーターを取り付け。集電ブラシを0.3mm径ベリリウム銅線で作成。

アナログで走行テスト。

20150212e.jpg
デコーダからのモーター出力をマシマモーターへ接続。集電系もテンダと接続。

初期状態から少しは進化して日本型の音に近づいたかな…という感じです。スロー走行はあまりできないようです。エンドレスを敷いて走らせないと、速度とサウンドの感じがつかめないです。

タグ:蒸機 C56 DCC
2015年02月12日 21:49 | コメント(2) | 1/87・12mm

2015年02月11日

搭載作業 - C56 (2)

C56のDCC化作業の続きです。

20150211a.jpg
Tsunamiデコーダの D&RGW K-Class がありますので、音的にはこれが搭載できれば良いかなと。デコーダの大きさ的には何とか入りそうな感じです。

音を出してみると、アレ?…これはC-Classの汽笛ではないか。パッケージが826004にチェックが入っていて、中身は826016なのか〜…
うーん、こんなこともあるんですね。まあ、未搭載C-Classの機関車もあるので、そっちに使うことにして、そのまま保管だな。
とりあえず元のMRC1639を載せることにしましょう。

20150211b.jpg
配線の取り回しの関係で、テンダ開口部を拡げました。上下の取り付けは四隅に穴を開けなおしました。

20150211c.jpg
デコーダをテープでスピーカ上に取り付け。サウンド出力線とスピーカ線をハンダ付け。この状態で通電テストをしてみました。
スピーカの大きさからすればこんなもんでしょうかね。

20150211d.jpg
電源線の赤黒線をテンダの下へ出して、集電基板にハンダ付けしました。これでテンダ単体から音がでることになります。

20150211e.jpg
線路に乗せて音出しテスト。
集電はちゃんとできているようです。さて、エンジン部とどうつなぐかが大問題。


タグ:蒸機 C56 DCC
2015年02月11日 23:56 | コメント(2) | 1/87・12mm

2015年02月10日

搭載作業 - C56 (1)

C56にサウンドデコーダを搭載する作業を始めました。

20150210a.jpg
スピーカとデコーダをテンダに入れるのですが、寸法的には入ることを確認しているものの、配線の取り回しスペースがどうなるか、あまり考えていませんでした。

20150210b.jpg
とりあえず分解して確認。一応準備工事はしてあるのですが、どうなることやら。
8ピンプラグがついていますが、ソケットを使うことはないので、切ってしまいました。

20150210c.jpg
搭載前に通電テストしておくことにします。音が出るのか、モーターが回るのか。D101を持ってきてクリップコードでつなぎました。
基本がアメリカンなのは仕方ないですが、ブラストの音は日本型とはほど遠い感じ。あとで調整できるものはCV値変更してみましょう。

20150210d.jpg
スピーカーを若干改造してテンダに接着してしまいました。


タグ:蒸機 C56 DCC
2015年02月10日 23:50 | コメント(0) | 1/87・12mm

2015年02月09日

蒸機点検

昨日の運転会でC12は快調だったのですが、C56と重連してみようと動かしてみるとショートしたり動きが不調です。ショートは集電ブラシのゆがみが原因だったのですが、動きが悪いのは調べないといけません。

20150209d.jpg
エンジン部だけで動かしてみます。
何か異音が出ているようです。
20150209e.jpg
分解して調べることにします。

20150209f.jpg
動力部を全部分解しました。掃除しながら一段階ずつ組み付けて行きます。
ロッド類を取り付けてコロガリテスト。
まあだいじょうぶでしょう。第一動輪のイコライザが不調だったようです。ネジとナットで調整するようになっていますが、走行していると振動でナット位置が変わってしまいます。短いネジに交換してナットは止めにしました。

20150209g.jpg
集電ブラシを交換するため、はずしました。テンダ集電で動力テスト。
何とか復活できそうです。

20150209h.jpg
これを機会にサウンドデコーダ搭載工事をしようかと思います。

タグ:C56
2015年02月09日 23:55 | コメント(0) | 1/87・12mm

轍叉氷結

今朝は冷え込みが厳しかったようです。

20150209a.jpg
先週月曜日と同じシーンですが、シングルスリップのフログが…

20150209b.jpg
たまっていた水が凍り付いてしまったようです。

このショットは久しぶり。
20150209c.jpg
宇治線電車 V0802C 10000系 10054F
近鉄特急 賢島行801列車 ビスタEX+22000系
場所的、時季的に逆光なので撮りにくいのです。

乗車記録
醍醐7:52普通5509六地蔵
六地蔵8:08普通10005中書島
中書島8:20特急9501天満橋
天満橋9:02谷町線22619四天
天王寺15:08御堂筋線8007淀屋橋
淀屋橋15:30特急8760中書島
中書島16:14普通13655六地蔵
六地蔵16:30普通5514醍醐

2015年02月09日 18:09 | コメント(0) | 京阪