2015年06月16日

特急並び

高槻発車後の特急並び撮影をしてみましたが…

20150616a.jpg
内側線は回送の287系高槻駅の入構待ち、外側線を 2025Dワイドビューひだ25号が通過していきます。自分が乗っている3415Mの走行状況も関係するので、頭が並ぶような位置で撮影するのは難しい。

乗車記録
醍醐7:35普通5613山科
山科7:51新快速3415Mクモハ223-2093新大阪
新大阪8:34御堂筋線1817桃山台
桃山台17:41御堂筋線9102淀屋橋
淀屋橋18:10特急3154中書島
中書島18:54普通10651六地蔵
六地蔵19:15普通5511醍醐
2015年06月16日 23:00 | コメント(0) | JR東海道線

2015年06月15日

緑色電車

山科駅ホームへ上がったら、湖西線が発車するところでした。117系を含め緑一色塗りが増えてきているようです。

20150615a.jpg
2804M 湖西線 近江舞子行 113系8連 C5+L14編成

乗車記録
醍醐7:47普通5601山科
山科8:09新快速3419Mモハ223-2190新大阪
新大阪8:48御堂筋線8903桃山台
南千里18:11普通8414淡路
淡路18:33快速3423烏丸
四条19:19普通1815烏丸御池
烏丸御池19:25普通5102醍醐
タグ:113系
2015年06月15日 23:00 | コメント(0) | JR東海道線

2015年06月14日

過去ログ追加

高急モデルノートの過去ログ移転作業を行いました。 2008年5月〜6月分を高急モデルノート2に登録しました。 地味な作業でぼちぼちとやっていますが、まだ2008年7月〜2009年10月までの分は、一部分だけとなっています。

古い写真をちょっとだけ。
20150614a.jpg
地上時代の京阪五条駅駅舎です。  1975年2月10日撮影

20150614b.jpg
自動改札はもちろんないし、自動券売機もありません。窓口で乗車券類発行する係と改集札係が配置されていました。上下線別ホームなので、上り線にも係員が配置されていました。

20150614c.jpg
左側が1975年、昭和50年の窓口発行乗車券です。
右側は1974年、昭和49年の窓口発行乗車券です。
この期間に乗車券の大きさやデザインが変更されたようです。

タグ:京阪
2015年06月14日 16:49 | コメント(0) | お知らせ

2015年06月13日

架線柱考

引き出しの中に残っていたKATOのHOユニトラック用単線架線柱を組み立てました。

20150613a.jpg
ランナーから切り取るだけなので、組み立てるというほどのこともないですが。

20150613b.jpg
架線柱を立てるベースとなる 「架線柱台」 5-052 です。ユニトラック中心から架線柱中心まで30mmとなっています。架線柱の径は4.2mmなので、線路中心から架線柱端まで27.9mmです。
さて、そのまま組んで収納してしまっても良かったのですが、少し前に車両限界などのことでメールやりとりしたので、この架線柱はどんなもんだろうとゲージを当ててみることに。

20150613c.jpg
ユニトラックPC枕木タイプS246PCの道床裏突起に架線柱台をはめ込んだものです。立てているのは、NMRA STANDARDS GAGE HO SCALE TypeT MARKWb です。Clearances S-7 のうち、Table2:Classic Dimensionsに該当するものです。
これを見れば、直線の標準設置では問題なく通過できるでしょう。

20150613d.jpg
さて、カント付き曲線ではどうなるでしょうか。
製品の注意事項に、「カント付き線路の場合は、730mm以上の線路をご利用ください。」とあります。写真はR730-22.5PCの道床裏突起に架線柱台をはめこんで、タイプ2架線柱を曲線外側設置としたものです。断面部分だけを見る限りでは架線柱に当たることはありません。オーバーハングの長い車両を連結運転したときはどうなるか、「現物合わせ」が必要かもしれません。

20150613e.jpg
次にR730-22.5PCの道床突起部に架線柱台をはめ込んで、タイプ1架線柱を曲線内側設置としてみました。NMRA STANDARDS GAGEは僅かに架線柱に当たってしまいます。断面部分だけ見てもHO Scaleには使えないということです。
製品の注意事項には、「上記の設置条件は、当社21m級の車両の通過条件です。外国型など、車両長がある場合は、曲線部分にて接触する可能性があります。」と書かれています。外国型でなくても1/87・16.5mm日本型の25m級新幹線では、R730mm曲線で接触してしまうかも、という設計のようです。R730とR790の複線に架線柱を立てて新幹線運転を楽しむ場合、標準設置方法では接触してしまうので、架線柱台の設置寸法を検討しないといけないようです。

20150613f.jpg
どのくらいゆとりを持たせれば通過できるでしょうか。線路中心と架線柱中心の距離を35mmにしてみました。断面部分を見る限りでは、これで通過のゆとりができるようです。しかし、車両長による内側偏位は検討してないので、結局は実際に車両を乗せて「現物合わせ」とするのが良いようです。

タグ:KATO 架線柱
2015年06月13日 23:00 | コメント(4) | 模型一般

2015年06月12日

サボ受け

以前に有馬急行電鉄さんから譲り受けた江若鉄道のサボですが、そのまま袋に入れて保存していました。窓際にでも掲示したいと考えていたのですが、懸案事項のサボ受けを作ってみることにしました。

20150612a.jpg
実物のサボ受けは金属製と思われますが、適当な金属材料もないので、手持ちあり合わせの木材で作ることにします。

20150612b.jpg
材料と脳内図面からそれらしき形に作ってみました。ちょっとゴツい感じもしますが、サボの重さは1枚で1.2kgあるので、それなりの受けが安心かと。
t2.5ラワンベニヤ合板と20×30朴角材の組み合わせ。木工用ボンドと皿タッピングネジの併用で組み立て。

20150612c.jpg
上からt3シナベニヤで止め板を木工用ボンドだけでつけました。
これで壁に取り付けて2枚を支えられるのか……

20150612d.jpg
とりあえず位置決めしてΦ4×20トラスタッピングネジ2本で取り付けてみました。
表面から角材を壁まで貫通してネジ止めが必要かなと思いましたが、これでも何とか支えられそうな感じです。

20150612e.jpg
1枚目、近江今津行きサボを入れてみた。特に危険な感じはない。

20150612f.jpg
重ねて高島町行きサボを入れてみた。何とか支えられそうです。

20150612g.jpg
阪急の特急標識とならべて撮影。
サボ受けは江若グリーンに塗るか、そのままにしておくか…

タグ:江若鉄道
2015年06月12日 22:59 | コメント(2) | 管理人ノート

2015年06月11日

分岐摩耗

木曜日の京阪電車です。

20150611a.jpg
V0805U 普通 宇治行 13005F 中書島駅

20150611b.jpg
3番線のシングルスリップポイント

20150611c.jpg
3番線側のみに走る頻度が高いので、レールの摩耗が偏ってきているようです。

乗車記録
醍醐7:52普通5510六地蔵
六地蔵8:08普通10004中書島
中書島8:20特急6106天満橋
天満橋9:02谷町線32309谷九
谷九14:26千日前線25603日本橋
日本橋14:33堺筋線8411恵美須町
恵美須町15:45堺筋線8413北浜
北浜16:01特急6556中書島
中書島16:44普通13655六地蔵
六地蔵16:53バス2439和泉町


2015年06月11日 23:00 | コメント(0) | 京阪

2015年06月10日

工事罫書

帰りの京都市交地下鉄烏丸線四条駅で電車待ち中、ホームの先を見ると何やら赤い線が引かれています。

20150610a.jpg
どうやらホームドア設置工事のためのケガキ線のようです。   四条駅上り線

乗車記録
醍醐7:47普通5517山科
山科8:00新快速3417Mクモハ223-1007新大阪
新大阪8:39御堂筋線1813桃山台
南千里15:27普通7407吹田
吹田17:25普通5424淡路
淡路17:39快速急行9889烏丸
四条18:22普通3703烏丸御池
烏丸御池18:32普通5109醍醐
2015年06月10日 23:00 | コメント(0) | 京都市交