2015年07月28日

京阪走行

京阪700形です。

20150728g.jpg
下回りの走行部は先にできているので、はめ込んで取り付けるだけです。

20150728a.jpg
ヘッドライトを仮固定して顔の雰囲気を確認しました。

20150728h.jpg
ワークスKさんから資料提供いただいた実物700形です。

20150728b.jpg
この時代の電車はPC枕木線路はなかったでしょうね。

20150728c.jpg
運転ボードのNゲージ線路を片付けて、フライシュマンのHO線路を敷きます。

20150728d.jpg
左702+701右の編成で、動力は701号にWB24.5を取り付けています。

そのまま走らせてみましたが、ウエイトを搭載しないと粘着不足、集電不良という感じの走りです。

下回りだけにして適当にウエイトを搭載してみました。

逆回りに走らせて見ると、702号が曲線ポイントで外側へ脱線しました。

20150728e.jpg
曲線ポイントの走行状態を調べてみました。フランジウェイが広く、フログへ落ち込んでしまいます。そのときに外側車輪が持ち上がって浮いています。

20150728f.jpg
内側車輪は完全に落ち込んで、外側車輪は乗り上げています。そのまま進むと外側へ落ちてしまいます。

ホイールベース24.5mmの日光製ボギー台車でフライシュマンの曲線ポイント通過は困難なようです。DT19の気動車などでも同じような現象で外側へ脱線します。


2015年07月28日 22:55 | コメント(6) | 1/87・16.5mm