2015年08月17日

京阪分解

京阪700形です。

20150817a.jpg
走行の問題はまた後回しということにして、塗装のため分解しました。

20150817b.jpg
金属パーツは洗浄して乾燥待ち。

今日は一日中、雨模様のため、塗装作業には入れません。

2015年08月17日 23:00 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2015年08月16日

京阪運転

京阪700形です。

20150816a.jpg
ユニトラックR730のカント付で走行テストします。

20150816b.jpg
6番ポイント(旧型)も走行テスト。

うーむ、ユニトラック6番ポイントの通過もアヤシイ??

20150816c.jpg
4番ポイントのヤードをつなぎました。台枠の分だけ高いので。曲線部で勾配をつけています。

ユニトラック4番ポイントの通過も困難…

20150816d.jpg
フログ部分のフランジウェイが広いので、異線進入で脱線してしまうようです。

2015年08月16日 21:00 | コメント(4) | 1/87・16.5mm

2015年08月15日

生地完成

京阪700形です。

20150815a.jpg
床下機器を作りました。写真を頼りに箱類の形を加工したり脚をつけたり、けっこう時間がかかってしまいました。床下機器取付板は、奇数車はt0.8プリント基板、偶数車はt0.6真鍮板を使っています。

京阪ではサイドの表示を山側・海側でなく、山側・川側で表示しています。京阪本線の大阪から京都方向を見て、山側は生駒・東山の方向になるので、東海道線などでは海側に当たる方向になります。京阪でいう山側=国電の海側に空気系機器を取り付け、京阪でいう川側=国電の山側に電気系機器を取り付けてています。京都側運転台の片運車に奇数番号をつけているので、結局旧型国電などと同じ方向性を持つことになっています。、
700形は両運車ですが、京都側非貫通車を奇数番号車としています。

20150815b.jpg
奇数車 山側床下機器(空気系)  左 大阪方 貫通   右 京都方 非貫通

20150815c.jpg
奇数車 川側床下機器(電気系)  左 京都方 非貫通  右 大阪方 貫通

20150815d.jpg
偶数車 山側床下機器(空気系)  左 大阪方 非貫通  右 京都方 貫通

20150815e.jpg
偶数車 川側床下機器(電気系)  左 京都方 貫通  右 大阪方 非貫通

20150815g.jpg
屋根上にヒューズ箱らしきものがあるようなので、箱を取り付けておきました。

20150815m.jpg
運転ボードで試運転です。ウエイト未搭載ですが、床下機器をつけたので、少しウエイト効果があるかも。

7〜8V、0.1A程度での走行を確認しました。

20150815q.jpg
乗務員ステップを0.6×0.2真鍮帯材を組合わせて作りました。
乗務員扉脇の手スリは0.25mm径真鍮線です。

20150815p.jpg
上 偶数車  下 奇数車   左 大阪方  右 京都方
奇数車は京都側台車からも集電して、プリント基板経由でパワートラックへ給電する予定です。
  
20150815f.jpg
左 奇数車  右 偶数車  大阪方 川側

20150815h.jpg
左 奇数車  右 偶数車  京都方 山側

全体の重さを測ったら、奇数車・偶数車とも同じ126gになってしまいました。奇数車のパワトラと偶数車の床下機器取付板の真鍮板の重さがほぼ同じってことですね。奇数車はプリント基板を使っているので、少し軽くなっている分もあるか。

2015年08月15日 23:00 | コメント(2) | 1/87・16.5mm

2015年08月14日

京阪前下

京阪700形です。

20150814a.jpg
前面運転台下部を両運対応にしました。連結器を両側ともIMONのHO-205に変更。エアーホース、ジャンパ栓も取り付け。

20150814b.jpg
貫通側が先頭に出る場合はこんな感じ。ライトとホロは塗装後取り付け予定。

20150814c.jpg
左が偶数番号車、右が奇数番号車のなります。

20150814d.jpg
連結器などを交換したので、運転ボードで試運転をしました。
非貫通側の台車だけワッシャをはさんで台車枠の動きを固定しています。ウエイトは搭載してないのですが、脱線することなく周回できました。

2015年08月14日 23:00 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2015年08月13日

京阪前面

京阪700形です。

20150813a.jpg
貫通側前面にも前照灯、尾灯、行先板掛けなどを取り付けました。
うーん、京阪顔には見えない…南海1201か名鉄800のように見えてしまうな。

2015年08月13日 23:00 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2015年08月12日

京阪両運

京阪700形です。
両運であることを忘れて非貫通側にだけライト・標識掛けなどをつけたのですが、貫通側が先頭に出ることもあるので、対策を検討しなければなりません。

20150812d.jpg
貫通側を先頭にした淀屋橋行き普通の写真です。高橋氏から提供を受けていたものですが、この顔にするのはなかなか難しい…。

20150812a.jpg
連結器をドローバーにしていたので、これをやめてIMONのHO−205にすることを検討中。高さの関係でカプラー台を作らないといけません。

20150812c.jpg
ホロをつけても大丈夫なのか? もう少し薄くする必要がありそう。

20150812b.jpg
ホロの大きさは? 貫通扉と窓の間隔も何とかいけそうな感じ。
このホロはロスト製ですが、ホロ吊りの位置が高いかな。

20150812e.jpg
サンゴのホワイトメタル製を少し整形してみた。上辺のRがキツいけど、これで行くことにしましょう。

2015年08月12日 23:00 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2015年08月11日

蒸機歯科

宇治線で通勤するようになってからずっと気になっていたのですが、ようやく撮影することができました。

20150811a.jpg
桃山南口駅の北側にあるビルです。

20150811b.jpg
日本型ではないようですが、どうみても蒸気機関車をモチーフにデザインされた建物と思えます。

20150811c.jpg
仁科歯科という歯医者さんのビルです。建築家の高松伸氏の作品ということです。

20150811d.jpg
こういうタイプの煙室扉を持つのは欧州系のような気がしますが…

20150811f.jpg
さて、特急に乗車して線路を眺めると、レールの交換が行われたようです。
撮影地で有名な「千両松踏切」です。道路の踏切標識が蒸気機関車です。
                                       中書島−淀

20150811e.jpg
乗車している特急が少し遅れていて、こんなところで上り特急と出会いました。
車内から前面窓越しのガラス2枚を通しての撮影ですが、いい感じにおさまりました。前のパンタが架線柱にかからなければベストですが、そういうのはデジイチで連写しないと撮れないでしょうね。
                                       中書島−淀

20150811g.jpg
こちらは、小金川踏切の立体交差化工事です。 橋本−樟葉

乗車記録
醍醐9:42普通5606六地蔵
六地蔵10:00普通13003桃山南口
桃山南口10:12普通10053中書島
中書島10:21特急8052淀屋橋
淀屋橋11:12御堂筋線1812桃山台
桃山台15:10御堂筋線1010なんば
なんば15:40千日前線25610日本橋
日本橋15:42堺筋線3306恵美須町
恵美須町16:15堺筋線66804扇町
梅田17:10御堂筋線21001淀屋橋
淀屋橋17:20特急8755中書島
中書島18:04普通10654六地蔵
六地蔵18:13バス2240和泉町


2015年08月11日 23:00 | コメント(0) | お出かけ