2015年09月23日

長尺雛壇

運転会展示用のひな壇線路を進めました。

20150923a.jpg
5月に作った900mm長の路盤にデュアルゲージ線路を取り付けます。
角材は取り付け位置決め用です。ボンドGクリアで接着しています。

20150923c.jpg
HO - H0m の線路で、16.5mm - 12mmのデュアルゲージです。
手前は乗工社の東急3450で12mmゲージ、向こうは自作の京阪初代700形で16.5mmゲージです。

20150923d.jpg
HO - HOe の線路で、16.5mm - 9mmのデュアルゲージです。
手前はモデルワーゲンの井笠貨車など、向こうは造形村の新幹線0系です。
デュアルゲージの狭い側を測ってみると6.8mmになっています。これならHOn2の線路として使えそうです。トリプルゲージとして展示利用しましょう。
HOn2.5+HOn2=HO?? 

20150923b.jpg
長尺ひな壇の組立状態を確認。
最上段と最下段の路盤は、PC枕木のフレキシブルトラックを敷設予定ですが、手持ちが無いようなので明日調達予定。


2015年09月23日 19:00 | コメント(0) | 模型線路

2015年09月22日

パンタ完 - TDK-C

1/87のTDK-Cパンタグラフ、シリンダパーツをつけるのを忘れていました。

20150922a.jpg
1本シュータイプも作ってみた。

20150922b.jpg
トビカで塗りました。

2015年09月22日 23:00 | コメント(0) | 1/87

2015年09月21日

パンタ組 - TDK-C

午前、地域の行事で公園と通学路の清掃作業に行きました。

20150921a.jpg
貨車は艶消しクリアーでオーバーコートを行いました。

20150921b.jpg
アートプロ製品のTDK-Cタイプパンタグラフを組み立てます。エッチング製のバラキットですが、組み上がってみると良い感じの仕上がりになります。

20150921c.jpg
4個ほど組み立てました。
私鉄電車用のパーツのあることがありがたいです。
でも、すぐに何か使うアテがあるわけではありません。

20150921d.jpg
1/80用のTDK-Cタイプと並べて見ました。
左アダチ製、中フクシマ製、右アートプロ製1/87

2015年09月21日 23:00 | コメント(2) | 模型各種

2015年09月20日

貨車塗装

かなり前に組んで、生地完成状態で棚に入れたままにしていた貨車を塗ります。

20150920a.jpg
モデルワーゲンの井笠ホワ・ホワフ、乗工社のワフです。

20150920b.jpg
分解して洗浄、乾燥。

20150920c.jpg
これを使ってみることにします。

20150920d.jpg
底に溜まっているところからよく混ぜると、かなり濃い液体です。
吹き付けると艶消しになるということなので、専用シンナーで薄めました。

20150920e.jpg
試しにワフの軸受けを塗ってみました。なるほど、完全艶消しになります。

20150920f.jpg
調子に乗って、いろいろ塗ってみました。

20150920g.jpg
車体にも塗ってみました。少しザラつきも感じますが、車体はレタリング後にオーバーコートしますので調整できるでしょう。

20150920h.jpg
3両とも組んでみたところ。

20150920k.jpg
レタリングして一気に完成…のはずが、井笠ホワ・ホワフ用のインレタがない…!

20150920m.jpg
乗工社のワフだけ仕上げることにします。
昔に作った同型車を見本に、古い乗工社のインレタを使いました。もう30年くらい前のインレタと思われますが、転写状態も保存も良好です。検査表記とかは他のインレタを動員して適当につけます。

20150920n.jpg
マルケーのマークを入れて、ワフ8としました。
頸城鉄道にこんなのがいたかどうかは調べたりしないように…。


2015年09月20日 23:00 | コメント(2) | 1/87・9mm

2015年09月19日

銚子電鉄 - 塗装

銚子デハ101です。

20150919a.jpg
下回り、ビューゲルをトビカトップガードで塗りました。

20150919d.jpg
動力回りは黒染め液を使いました。

20150919e.jpg
台車枠を取り付けて、床板へ組み付け。

20150919f.jpg
床下機器は突起を床板穴へはめ込み、床上へ出た突起を曲げて抜けないようにするだけ。

20150919g.jpg
配線の中継端子板は両面テープで床板に貼り付けました。

20150919h.jpg
テストランでは起動時に滑り気味なので、わずかですがウエイトを積載しました。

20150919m.jpg
運転ボードで試運転です。

まだ少し車重が軽い感じですが、車体と合わせてから調整しましょう。

20150919k.jpg
車体は洗浄して塗装準備。

20150919b.jpg
塗色ですが、昔に作った501は西武色を塗ったような。
しかし、塗料ストックにはないので、よく似た色をさがすけど、微妙に違う感じです。

20150919c.jpg
このへんが近いけど、スロの方が赤みがあるかな。
501の色は、わずかに黄色い感じがするけど…

適当に在庫色を使うか、マッハへ買いに行くか。
行くとしたら木曜日の午後かな。大阪合運には間に合わないかも。


2015年09月19日 22:00 | コメント(2) | 1/87・12mm

2015年09月18日

銚子電鉄 - 残り組立

コンベンションの組立講座で製作途中となっていた銚子電鉄デハ101を仕上げることにします。

20150918a.jpg
何かアレンジを考えていましたが、素組みしてしまうことに方針変更。

20150918b.jpg
床下機器を組み立て。

20150918c.jpg
ビューゲルも組み立て。穴と突起の組み合わせで、3つのポジションをとることができます。

20150918d.jpg
ヘッドライトステイはハンダ付けしてしまいました。
ビューゲルは撮影用で、穴に差し込んだだけです。

2015年09月18日 23:00 | コメント(2) | 1/87・12mm

2015年09月17日

京阪走行

京阪700形です。運転ボードで走らせてみました。

20150917a.jpg
動力はキドマイティのパワートラックWB24.5なので、走行性能は期待できません。
デコーダ搭載無しでDCアナログ制御、点灯装備無しです。

4.5Vくらいかけないと走り出しません。運転ボードでは8Vくらいで適切な速度です。電圧上げるとポイントで脱線する可能性が高まります。

これでHOJC競作出品はヨシとしましょう。作り始めたのが2007年9月30日なので、ちょうど8年目の9月に完成です。
初期の図面はあるのですが、昭和30年代の更新直前の姿は写真も少なく、調べているうちに時間がたってしまったような次第です。予定していたパーツを途中で変更したものも多く、手持ちパーツで作った後でネット上で写真を見つけたりして残念な部分もあります。でもクラブの競作課題が後押ししてくれたので、今夏か ら一気に完成へ持ち込めました。

各車のビューです。

700形奇数車701号
20150917c.jpg
山側サイド  左:大阪側  右:京都側  床下機器空気側

20150917b.jpg
川側サイド  左:京都側  右:大阪側  床下機器電気側

20150917m.jpg
床下 左:京都側  右:大阪側

20150917q.jpg
屋根上 左:京都側  右:大阪側

20150917k.jpg
京都側 非貫通前面

20150917h.jpg
大阪側 貫通前面

700形偶数車706号
20150917e.jpg
山側サイド  左:大阪側  右:京都側  床下機器空気側
京阪電車・車両70年の図面には偶数車の山側が公式として掲載されています。

20150917d.jpg
川側サイド  左:京都側  右:大阪側  床下機器電気側

20150917p.jpg
床下 左:京都側  右:大阪側

20150917n.jpg
屋根上 左:京都側  右:大阪側

20150917g.jpg
京都側 貫通前面

20150917f.jpg
大阪側 非貫通前面

非貫通前面の尾灯位置は貫通前面と同様に、もっと外側へ寄っていたようです。参考にした600形の顔になっています。
初期の700形は主電動機4個だったのですが、昭和20年代後半に706〜710が90KW×2個となり、4個車と2個車を組み合わせて701+706〜705+710のように編成された時期があるようです。モデルの車番はこの事例を参考にしています。


乗車記録
醍醐7:31普通5504六地蔵
六地蔵7:45普通10001中書島
中書島7:54通勤快急3603天満橋
天満橋8:45谷町線32112谷九
谷九14:05千日前線25903なんば
なんば14:10御堂筋線21607淀屋橋
淀屋橋14:20特急3156中書島
中書島15:04普通13654六地蔵
六地蔵15:13バス2303和泉町




2015年09月17日 23:00 | コメント(0) | 1/87・16.5mm