2017年07月31日

キハ36気動車サウンド

江若キハ36のサウンドの書き換え作業をしてみました。デコーダを取り扱っている模型屋さんで、希望のサウンドを入れてもらえるサービスもあるようですが、せっかく自分の録音したサウンドデータがあるのでオリジナルでやってみたいという気持ちです。

とりあえずタイフォンのラッパ音が歯切れ良く出たら、アメリカンから日本形になるかな…。

別府鉄道の音はくぐもったような音なので、岡山臨港鉄道のキハ1003の音を入れてみました。
続いてエンジン音もキハ1003から切り出して入れ換えてみました。


実物は機械式なのでギヤチェンジなどを入れられたら良いですが、まだそこまでは対応出来ていません。とりあえず小型気動車らしい感じにはなったと思います。

20170731b.jpg
さて、前にサウンドを搭載しているキハ501を出してきてキハ36と並べてみました。どちらも現実の江若鉄道にはいなかった車輛ですが、気動車で交直急行電車色に塗ると江若になってしまいます。


しかしキハ501のサウンドは出力もスピーカも大きいので当然大きな音です。キハ36も音が出ているはずですが、まったくわかりません。タイフォンは一応聞こえるようです。これを運転会で走らせるとキハ501でもそれほど大きな音ではないのですねー。キハ36のキューブスピーカではこんなもんでしょうか。運転会では聞こえないでしょうね。

キハ501に入れたサウンドトラックスのグース用デコーダは書き換えができない?のかどうかわかりませんが、ホーンがグースなのでどうしてもアメリカンサウンドです。何とかしたい、デコーダ載せ替えようかな…。

2017年07月31日 22:00 | コメント(0) | 1/87・12mm