2017年09月09日

江若ハフ-20

江若鉄道ハフ3の続きです。運転ボードのTillig線路で試運転をしてみました。

キハ14で牽引します。しかし。いきなり脱線のトラブル発生!

20170909a.jpg
ポイントフログではなく、このジョイントでもなく、その手前の曲線と短い直線のジョイント部で脱線しています。

20170909d.jpg
車重は75gで少し軽いかもしれません。浮き上がりを推察して、ウエイトを搭載してみました。

ハフ3単独で手押しによる通過では脱線は発生せず通過できています。しかし気動車を連結して牽引すると脱線するのです。曲線はR353で連結器に力がかかり、ハフの車体を外側へ引くような形になっているようです。

20170909b.jpg
線路も少し問題があるのかもしれません。H0mとして販売されているもので、HOn3.5の運転に使用するには僅かに狭く、曲線のスラック不足であるのも原因のようです。ポイント接続部の直線を、切り欠きのない同じ長さの線路に取替えてみました。

これは少し効果があったようで、何とかエンドレス走行できるようになりました。
向こうのポイントのSカーブは問題なく通過できているので、線路の影響が大きいようです。


2017年09月09日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm