2018年08月11日

西大寺キハ4 梅鉢単端 - 4

午前の早めの時間で、金閣寺近くのお寺へ往復。

乗工社の梅鉢単端、西大寺鉄道キハ4ということにしましょう。 実物資料を探してきました。レイル29号掲載、湯口氏の写真をお借りします。

20180811c.jpg
おでこライトではなく屋根上ライトですね。

20180811b.jpg
おでこの穴を真鍮線で埋めて、屋根上にライト台をつくりました。砲弾型ライトの支柱を立てておきました。

20180811d.jpg
後部は貫通扉があって、厚手の渡り板とデッキ手スリが特徴です。

20180811a.jpg
渡り板はキットのをはがし、0.8mm厚真鍮板をハンダ付け、手スリは0.55mm径真鍮線を曲げたものです。

できた、…と思ったけど、客扉両側の手スリを忘れてた…

乗務記録
醍醐7:30〜金閣寺8:10
金閣寺8:40〜醍醐9:30

2018年08月11日 23:00 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2018年08月10日

改軌 梅鉢単端 - 3

梅鉢単端の続きです。下回りはゲージ9mmのまま組んでしまっても良かったのですが、できれば西大寺鉄道キハ3〜5のモデルにしてみようということで、10.5mmゲージに改軌してみました。過去の作例とか探すのも面倒なので、思いつくまま図面もなしの現物合わせ工作です。

20180810b.jpg
ゲージだけで考えると 10.5mm−9mm で1.5mm拡げるのですが、ギヤがあるのでギヤ〜車輪間をカットしてパイプでつなぐことにします。片側0.75mmの拡大となります。

20180810a.jpg
ギヤ〜車輪間が2.5mmなので2.5mm+0.75mm=3.25mmにパイプを切ります。旋盤がないので糸鋸による手作業切断です。

20180810c.jpg
フレが出ないように注意してパイプで接続します。バックゲージは NMRA S4.2 によれば 8.89 +0.05 -0.13 となってます。8.94〜8.76の範囲です。

20180810d.jpg
パイプをヤスリで仕上げた関係で短くなってしまいました。出来上がった輪軸のバックゲージをはかると、8.75mmくらいなので、0.01mmほど狭くなりました。

20180810f.jpg
車軸がパイプになって太くなったので、プラフレームの軸受部を削りました。

20180810e.jpg
動輪押さえ板は0.2mm厚帯材を取付。

20180810g.jpg
何とかおさまりましたが、スムーズに走るようになるまで、いろいろ調整が必要でした。車輪のフレはないのですが、プラフレームの軸穴が大きくなってしまい、車軸がヨーイングをおこすので薄いワッシャなどはさんで動きを制限しています。

20180810k.jpg
シノハラデュアルゲージ線路の10.5mmゲージにのせたところです。

20180810h.jpg
何とか試運転までこぎつけることができました。下回りだけの試運転動画です。

20180810m.jpg
車体を取り付けて記録写真です。向こうは9mmゲージ線路。

20180810p.jpg
乗工社の丸山単端 頸城ジ5 とならべてみました。サブロクと標準軌みたいな違いがあります。

実物の西大寺鉄道は見たことない、もちろん乗ったことないので、日本の3フィートナローの感じがどんなんだったのかはわかりません。保存車があるようなので、見に行かないとね。

2018年08月10日 23:00 | コメント(3) | 1/87・10.5mm

2018年08月09日

梅鉢単端 - 2

梅鉢単端の続きです。

20180809c.jpg
改軌の件は後回しにして、車体を組んでしまいました。

20180809d.jpg
こちらは貫通扉がついています。

20180809e.jpg
下回りはPU101ユニット動力になっていますが、ギヤボックスに輪軸だけ入れて撮影しています。動力や伝動ギヤはまだ入れてません。

20180809f.jpg
車輪と軸受けの間はゆとりがあるので改軌できるかも。

2018年08月09日 23:00 | コメント(0) | 1/87・9mm

国鉄キハ20 - 6

もデルワーゲンのキハ20続きです。

20180809a.jpg
車側表示灯をつけました。モデルエイトのパーツです。表示灯の高さはもう少し高いようです。もう終わりか、と思ったら屋根上の排気筒がないです。キットにはパーツはありませんので、適当な材料さがして自作ですね。

20180809b.jpg
台車を組んでみました。とりあえず組説通りにしていますが、非動力台車からも集電しようという意図でこんな複雑な構造にしているようです。もりこーさんらしい設計なんですが、台車枠と輪軸の支持状態がユルユルで、軸穴から抜けやすくなっています。

タグ:MW キハ20
2018年08月09日 22:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年08月08日

大谷本廟

残暑お見舞い申し上げます。

20180808b.jpg
大谷本廟へお墓参りに行ってきました。京阪バスで醍醐から五条坂まで、バスターミナルから毎時4本、不等間隔で途中の経由地が異なりますが、五条坂まではどれに乗ってもOK。

20180808a.jpg
清水寺へ向かう人波に比べるとココへの人出は少なめです。

20180808c.jpg
誰もいない瞬間を撮影できます。

乗車記録
醍醐バスタ11:13バス****五条坂
五条坂12:45タクシー河原町御池
京都市役所前14:39東西線5210醍醐
2018年08月08日 23:00 | コメント(0) | お出かけ

2018年08月07日

梅鉢単端 - 1

キハ20の作業を中断して別のキットを組み始めています。

20180807a.jpg
組説を見ると、すぐできそうかな…と思ったのですが…。

20180807b.jpg
窓下に真鍮線をつける作業があって、時間がかかりました。

20180807c.jpg
枠にはなったけど、屋根・床板はまだです。

作り始めたけど、これってどこら辺の鉄道にあったのか?
 西大寺くらいしか思いつかないな。
  だとすると改軌…か?
2018年08月07日 23:00 | コメント(0) | 1/87・9mm

2018年08月06日

国鉄キハ20 - 5

モデルワーゲンのキハ20続きです。

20180806k.jpg
ドアステップは0.4×0.2真鍮帯材で作成。サボ受けはキットのパーツですが、サボが入った状態になっているのでキハ20にはあまり似つかわしくない感じです。

20180806m.jpg
ホロ枠に0.8×0.2帯材で上カバーをつけました。キットの車体用パーツはコレで終わりです。

夕方から、高校時代の友人と鴨川の納涼川床のお店で飲食会をしてきました。

20180806b.jpg
西側の堤で七夕飾りをしていました。 この時期、こんなイベントをやっているのですね。お店のお客さんは半分くらいが外国の方々のようでした。

20180806f.jpg
ライトアップのようす。 iPhoneのカメラで撮影です。

乗車記録
醍醐17:04東西線5115三条京阪
京都市役所前21:47東西線5615醍醐
タグ:MW キハ20
2018年08月06日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm