2018年10月07日

第18回関東合運_1

第18回鉄道模型関東合同運転会 1日目です。

20181007b.jpg
企画展示用レイアウトで行われた開会式。
けんかつの主任さん?でしたっけ、テープカット と くす玉開き が行われました。

20181007e.jpg
企画展示は「平成を駆け抜けた車輌たち」というタイトルです。HOJCからは牛越さんの「名鉄120形電機とホキ80」を出展しました。

20181007d.jpg
体育館展示クラブ

20181007c.jpg
体育館展示クラブ 中央向こうの青い布がかかったブースが企画展示場所です。

20181007f.jpg
HOJC競作課題展示の状況です。
20に関係する車輛ということでしたが、拡大解釈で「20に関するもの」ならOKのようになって、ギヤシステムなども展示の仲間に入りました。

20181007g.jpg
今回の展示部屋は「ふじのくに鐵道模型同好会」との同室になりました。ニス塗りの台枠で複線エンドレスのレイアウトです。

20181007n.jpg
HOJC側の展示状況

組線路でマルチゲージ

20181007k.jpg
現地作業も行われています。自動運転モジュールの調整中。

20181007h.jpg
こちらはDCCデコーダのリセット作業中。

20181007m.jpg
自動運転モジュールを前に、いろいろ講話

20181007s.jpg
大阪合運のバラスト撒布に続き模型工作実技講座を開催、糸鋸、穴あけ、ハンダ付け、鑢がけなどの講習が行われ、講師が入れ替わり立ち替わり、二日間にわたる実践作業が伝授されました。


C62の牽くニセコ編成がエンドレスを疾走する

内側の標準軌エンドレスを京阪が走る

20181007p.jpg
快調な走りの相武鐵道


18時から懇親会
20181007q.jpg
立食形式なのですぐに座らないように、というお達しを意地でも守ろうと…

相武鐵道で夜間運転
20181007r.jpg



タグ:HOJC 関東合運
2018年10月07日 23:00 | コメント(1) | 鉄道模型運転会