2018年10月17日

西大寺ポイント走行試験

運転ボードにHOn3線路を小判形に敷きました。途中に4番ポイントで待避線を入れています。線路はシノハラ製フレキシブルトラックです。

20181017a.jpg
曲線半径は386mmで直線長さは850mmです。
ポイント転換はカブースインダストリーの手動転換器がついています。

キハ4の単行運転でエンドレスと4番ポイント走行試験

20181017b.jpg
続いてハボを牽引してみます。連結器はモデルワーゲンの朝顔形ピンリンク式です。リンクはC形と分類されているものを使用.

20181017c.jpg
連結器の状態をアップで。 牽引時はリンクがピンの両端にかかります。

20181017d.jpg
推進時は朝顔で押すまで行かず、リンクが押し込められて連結器本体同士を押し合っています。押すときは朝顔ヘッド同士が当たるのが正しい?動作でしょうね。リンクが長いのが原因か。

キハ4は軸距が16mmで、低速で4番ポイントに入ると、フログにはまり込んでしまいます。それでも通過できるのですが、客車の車輪がはまってショートしてしまいます。ある程度の速度を出して通過しなければなりません。

2018年10月17日 23:00 | コメント(2) | 1/87・10.5mm