2019年01月24日

ブレーキシュー取替

突然ですがJMの旧国の作業です。

20190125a.jpg
昨年8月JAM会場で購入したアクラスのブレーキシューです。購入だけして終わった気になってしまていたらしく、取替作業を忘れていました。

20190125b.jpg
そんなわけでクハ68の台車のブレーキシューを取り替えする作業です。

20190125c.jpg
アクラスのブレーキシューを日光台車のボルスタに取り付けるのですが、パーツが袋に入っていただけで特に方法は書いてないし、何かいろいろ突起があるけれど、どのように使うのかわからない。

20190125d.jpg
とりあえずゼリー状瞬間接着剤で取り付けて見ましたが、材質的には接着しそうにない感じです。

20190125e.jpg
でもとりあえず固まっているので、センターピン穴の部分を切り取って、作業を進めます。

20190125f.jpg
とりあえずで進めていると、どうもアヤシイ。ちょっとブレーキシューの向きを直そうと動かしたら。片方の接着が外れてしまいました。

うーん、どうするか考え中……。
タグ:JM 旧型国電
2019年01月24日 23:00 | コメント(0) | 1/80・13mm

2019年01月23日

屋根修理開始

ようやく工事の順番が回ってきて、昨年9月4日の台風で損傷した屋根・壁の修理を始めます。

20190123e.jpg
9月4日台風通過後17時半に撮影

20190123f.jpg
外れ落ちた棟板  9月4日撮影

20190123a.jpg
資材到着 作業開始

20190123b.jpg
お昼の状態

20190123c.jpg
足場完成 15時

20190123d.jpg
さてどうなることやら。
2019年01月23日 18:00 | コメント(0) | 管理人ノート

2019年01月22日

最近入荷の本

水野良太郎氏の鉄道模型単行本は読んだことがなかったのですが、入門書のような本を入手できました。

20190122a.jpg
手ブレしたか……と思わせる581系ですが、カバーの写真は廣田尚敬氏撮影ということなので、流れている写真を採用したものでしょう。
タグ:
2019年01月22日 23:00 | コメント(2) | 模型一般

2019年01月21日

線路の中に

運転ボードに敷いたままの線路をボーッと眺めていたら、HO線路のまん中に何やら光るものが……

20190121a.jpg
おっ、これはヤバイ !!  だれかセンターピンを落としているようです。

20190121b.jpg
面倒なことになった。 黄色のオーバートン客車のどれかが落としているはず……
端っこから順番に虱潰しするか……

20190121c.jpg
あっ! コイツや〜

20190121d.jpg
線路の傍で修理を試みましたが、タッピングねじ受け側のプラが劣化しているようで、最後まで締めると止まりますが、台車の回転も止まってしまいます。台車が回るように少しゆるめようとすると、ネジが抜けてしまいます。

20190121e.jpg
結局入場扱いとなって本格メンテナンスです。車体側の穴にゼリー状瞬間接着剤を塗り込んで、ねじ山を補修。センターピンをゆっくり締め込んで何とか復旧させました。すぐに本線復帰はさせないで休車扱いです。
2019年01月21日 23:00 | コメント(0) | 1/87・16.5mm

2019年01月20日

本の移動

背表紙の製本テープは結局ネット通販で入手することになってしまいました。

20190120a.jpg
止まっていた合本化作業を進めました。
2019年01月20日 23:00 | コメント(0) |

2019年01月19日

ユニジョイナー研究

池袋鉄道模型芸術祭用線路の製作続きです。黒石線路とTillig線路のユニジョイナーを検討してみました。

◆BlackstoneModels ProTraxx線路

BlackstoneModels製品のHOn3用道床付組線路ProTraxxです。
20190119a.jpg
レールはcode70になっています。使えるジョイナーはシノハラcode60用、PECOのN/009用が嵌まりますが、シノハラcode60用は少しキツめです。両方のジョイナーを試しました。

着脱動作の動画を撮ってみました。

20190119c.jpg
手前がシノハラcode60用、向こうがPECOのN/009用ジョイナーです。PECO製の方がわずかに長いので適しているかなと思われます。


◆TILLIG H0m Bettungsgleissystem

メーターゲージ1/87 12mmゲージH0m用線路としていますが、標準軌1/120 12mmゲージのTT用線路と共通で販売されています。品番も同じになっています。レールの形状寸法がWEBに掲載されています。模型鉄道でも基本であるレールのデータが公開掲載されているのはすばらしいですね。
20190119h.jpg
高さ2.07mm÷1/10インチ(2.54mm)=0.81496なので、code81.5のレールになるでしょうか。しかし底部が厚めのフォームになっています。シノハラのcode70用ジョイナーがピッタリで使えます。

20190119d.jpg
しかしここではあえてシノハラ製は避けて、PECOのSL-110を半分にカットして使えないか試してみました。

20190119e.jpg
整形されたジョイナーの真ん中をニッパーでカットすると、切断面は当然変形してしまいますが、その部分を少しずつ拡げて硬めに入るように加工しました。

着脱動画です。

20190119g.jpg
目分量でカットしたので長さが揃っていませんが、レールはきちんと向き合って底部から固定され、左右ずれもありません。ジョイナー1コで接続部1ヶ所を賄えるので経済的でもあります。

TILLIGレール用には純正ジョイナーもあり、道床なしの軌框に使うものですが、道床付線路でためしてみました。
20190119k.jpg
さび色に着色されたジョイナーです。少し長めなのでユニジョイナープラ部をそのまま使えないようです。

20190119m.jpg
ユニジョイナーなしのまま接続してみます。少し硬めになっていて、カッチリとはまります。グラつくようなことはありません。

着脱動画です。

ユニジョイナーなしの場合、はずしたときのジョイナーがどちらに残るか、はずし方に影響を受けて一定にならないようです。

線路板に固定してみてどれが使いやすいか、もう少し検討します。

2019年01月19日 23:00 | コメント(2) | 模型線路

2019年01月18日

資材調達

四条烏丸付近に出かけたついでに、線路板のための資材を仕入れました。

20190118a.jpg
できるだけ真っ直ぐなのを選んで……

20190118b.jpg
コレを持って次の場所へ……

20190118c.jpg
カンパーイ

乗車記録
醍醐16:34東西線5508烏丸御池
烏丸御池16:56烏丸線1711四条
四条22:10烏丸線1820烏丸御池
烏丸御池22:17東西線5217醍醐
2019年01月18日 23:00 | コメント(0) | お出かけ