2019年01月10日

競作課題

所属クラブの2019年競作課題が、「1」に関係する車輌 ということになりました。自分も投票したのですが、さて何を作るか探し出してきました。


20190110a.jpg
投票課題候補が出たときに、ストラクチャーというのもあったので、たしかコレがあったな、と記憶を甦らせておきました。お題が決定して、そのままスライド登板も可能かなというものです。「車輛」じゃないですが、毎回広範囲に捉えて車輛じゃない作品も登場するので、これは許容範囲と勝手に解釈しておきます。

20190110b.jpg
もうひとつの候補はこちら。国鉄C11ではありますが、江若鉄道C11 1 にする予定でストックしているキットです。

この機関車は昨年11月に東武鉄道が動態保存に向けて事業開始したので、一躍有名な機関車になってしまいました。C11 1の情報には以下のように書かれています。

1947(昭和22)年に江若(こうじゃく)鉄道(滋賀県)の発注により、日本車輌製造にて製造。江若鉄道で客車を牽引したのち、1957(昭和32)年から雄別炭礦(ゆうべつたんこう)鉄道(北海道)、1970(昭和45)年から釧路開発埠頭(北海道)にて貨物列車を牽引して活躍しました。1975(昭和50)年廃車後、静態保存されていました。

江若鉄道は比較的はやく無煙化が進められて、自分の利用範囲では蒸気機関車牽引の列車に乗った記憶はありません。江若離脱後、北海道に渡ってそのまま活躍し続けているという知識もなかったので、今思えば1972年に北海道へ行ったときに見ることができたのですが、意識の中にはありませんでした。どちらかというと蒸機よりも気動車の方が好みなので、江若廃止後の移籍車輛訪問をしたときも気動車の取材を重点にしていました。
しかし、模型化ということでは江若在籍車輛を可能な限り作ってみたい、という方向性で活動していますので、今回の競作課題を利用して製作できれば良いかなと思っています。

2019年01月10日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2019年01月09日

通販で合板

お店で購入の合板があまり良くないので、昨年末にシナベニヤ合板を通販サイトで申し込んでみました。

20190109a.jpg
本日配達されてきました。

20190109b.jpg
開梱途中。 ダンボールの内側プチプチは最近の梱包の標準かな。

20190109c.jpg
3mm厚シナベニヤ合板910mm×910mmです。
お店で探したものよりは、価格は高いし送料もかかりますが、平面性はかなり良い感じです。カット無料だったので、128mm×910mmに2枚切ってもらい、残りはそのまま送ってもらいました。カット幅をノギス測定してみましたが、128.4mmなので許容範囲としましょう。

線路板の工作を再開しなければ…。
2019年01月09日 17:00 | コメント(2) | 模型技法

2019年01月08日

本の移動

CDラジカセはほとんど使われてないので、別の場所へ収納していただくことになり、上の段を本に使えることになりました。

20190108a.jpg
高さに収まりそうな本を集めてとりあえず並べました。

ついでに月刊誌の解体を始めてしまったのでどうなることやら…。
2019年01月08日 23:00 | コメント(0) |

2019年01月07日

DSair2で3列車(続)

DSair2の試運転続きです。

20190106c.jpg
画面に合わせる方法がわかりました。かなり使いやすくなって慣れてきた。スロットルの速度計Maxを120km/hに設定しました。

一つのエンドレスで3列車運転をやってみました。ポイントを電動化してないので手が出てきます

ポイントの操作をやるには、まずポイントマシンを取り付ける必要がありますね。あとは複数端末で動かしてみることですが、協力してもらえるか…説得しないと…。
タグ:DCC HOn3.5 DSair2
2019年01月07日 19:00 | コメント(0) | 模型技法

2019年01月06日

DSair2で3列車

DSair2の試運転続きです。

20190106b.jpg
DesktopStationさんにご教示を受けて、iPhone の safari ブラウザで上下のバーを出ないようにすることができました。ホーム画面に登録することで、使いやすくなりました。サイズの関係で少し上下に揺らぐのが残ります。

20190106a.jpg
運転ボードのマルチゲージ線路で3列車走らせてみます。電源は12V 2A です。


少し慣れてきたかな。あらかじめ走らせるパターンを決めておいて、順番にタッチしていきました。しかし、列車を見て、スマホを見て、という視線の切替が近眼で老眼の高齢者にはキビシイ。物理デバイスがあると、そのデバイスからのレスポンスを感じながら操作できるので、列車から目を離す回数が減って、操作における安全性が高まるような気がします。


続きを読む
タグ:HOn3 DCC HO HOn3.5 DSair2
2019年01月06日 20:00 | コメント(0) | 模型技法

2019年01月05日

本の移動

ブラウン管式受像機時代に使用していたテレビ台を整理して本を並べられるようにしました。

20190105a.jpg
分散して置いていた社史など、重量のある本をまとめることができました。

20190105c.jpg
実は家人のご意見との都合で、上の段にCDラジカセを置いてますが、ここにも本を置けるんやけどなー。
何とかしたら何とかなるか…
続きを読む
2019年01月05日 23:00 | コメント(0) |

2019年01月04日

東大路縦走

バスと電車でお出かけしました。

20190104a.jpg
乗車したバスの整理券。右側の数字は日付なのか??

20190104b.jpg
目的地はここです。

20190104c.jpg
中へ入ってお詣り。

まだ時間があったので、地下鉄東山駅まで歩くことに。

20190104d.jpg
八坂神社は通過。

20190104e.jpg
ここにお詣りすることにしましたが、石段キツい。御影堂は工事中でした。

大谷本廟から地下鉄東山駅まで、通りとしては五条から三条まで南から北へ歩いたことになりますが、知恩院で30分ほど費やしたので、移動時間としては1時間くらいでしょうか。

乗車記録
醍醐バスタ10:11京阪バス****五条坂
大谷本廟11:15〜徒歩〜知恩院11:50
知恩院12:20~徒歩〜東山
東山12:43東西線5504醍醐
2019年01月04日 23:00 | コメント(0) | お出かけ