2019年01月16日

ユニジョイナー研究

池袋鉄道模型芸術祭用線路の製作続きです。今回の線路ではユニジョイナーを使って接続する線路が多いので、ユニジョイナーの改善を考えています。

20190116b.jpg
ユニジョイナーのプラスチック部分は良くできていて、はずしたときにジョイナーの残るレールが必ず決まった側になるように道床裏側が整形されているようです。しかし金属部はゆるめになっているので、場合によってはレール間の段差や左右ずれがついたままでも接続できてしまいます。このゆるさがユニジョイナーの接続・取り外しの扱いやすさの特徴ではあるのですが、列車走行に影響してしまうこともあります。
また、電気的にはレールとの接触部が線状に接触するだけで、底面は空洞になってしまいます。燐青銅ジョイナー時代からすると、形状の改善がされているらしいのですが、多くのユニトラックをつないだ線路では給電点から遠ざかると電圧降下が顕著になります。金属部の構造もその原因の一つではないかと思われます。

20190116a.jpg
ユニジョイナーの長所をなるべく残したまま、段差発生と電気接触を改善できないか、金属ジョイナー部を交換してみたらどうか、いろいろやってみています。KATOのレール断面に合うジョイナーがあるのか……
2019年01月16日 23:00 | コメント(4) | 模型線路