2019年07月31日

自動往復運転回路

山背鐵道組立式レイアウトの出展作業の続きです。16.5mmゲージで往復運転をするための回路を作成します。

20190731a.jpg
アナログでの自動往復運転は割と普及しているようで製品も各種販売されているようです。 回路もいろいろですが、タイマIC555を利用して長周期パルスを発生させ、出力でリレーを駆動して線路極性を切り替えるという回路になります。

20190731b.jpg
ネット上に掲載されている回路があるので、それらを参考にしながら、基板の上へ適当に部品を配置しました。回路図も書かないで組んで行ったのですが、一部配線忘れがあって、あとからジャンパ線やコードを追加しています。

20190731c.jpg
リレーは5V駆動で、接点容量2A 24V DC 2回路3接点です。

20190731d.jpg
回路の電源は乾電池4本直列電源6Vを使ってみました。
走行電源からDC8V程度出力して、往復装置へ入れます。往復装置で極性が切り替わるのを確認します。


極性転換の周期の最短は5Hz 時間にして0.2秒程度ですが、最長は測定していません。 で、これらを箱にうまいこと詰め込むのが面倒な作業ですね。
タグ:電源
2019年07月31日 23:00 | コメント(0) | 模型技法

2019年07月30日

車止めと配線

山背鐵道組立式レイアウトの緑化作業の続きです。車止めの仕上げと電気配線を行いました。

20190730a.jpg
二つとも組んでみました。終端標識は点灯できるようなパーツも入っていますが、非点灯の標識だけにしています。

20190730b.jpg
バラストを盛ってボンド液で固着しました。

20190730c.jpg
終端部に置いてみます。

20190730d.jpg
少し古めかしいスタイルの車止めですが、何もないよりはいい感じ。

20190730f.jpg
オーナーから供給されたパーツで電気配線します。

20190730e.jpg
往復運転の折返し用ダイオードを取り付けています。

2019年07月30日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2019年07月29日

車止めの組立

山背鐵道組立式レイアウトの緑化作業の続きです。12mmゲージ側の引上線となる終点に車止めを付けてみることにします。

20190729a.jpg
Classic Story の製品です。こちらはフレキシブル線路用ということです。

20190729b.jpg
バラストなども同梱されています。

20190729g.jpg
こちらはIMONシステムトラック用ということです。

20190729h.jpg
こちらのバラストはグレー系の色です。


20190729c.jpg
フレキシブル線路用を組んでみます。

20190729e.jpg
レイアウト側のバラストとの関係で、全体の高さを少し下げています。



20190729f.jpg
側柱を取り付ければベースの形はできあがり。

レイアウトオーナーとの打ち合わせや出かける用事もあって、工作はこれで中断です。

乗車記録
醍醐17:26東西線5517山科
山科17:44湖西線区は117-307京都
京都21:38快速モハ220-11山科
山科21:49東西線5116醍醐

2019年07月29日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2019年07月28日

緑化作業

山背鐵道組立式レイアウトの緑化作業の続きです。

20190728a.jpg
現物合わせでケガキを入れます。6Bの鉛筆を使っています。

20190728b.jpg
ハサミでカットして位置合わせを確認します。

20190728c.jpg
5mm幅の両面テープを全体に貼りました。

20190728d.jpg
内側部分も貼り付けます。端部はカッターで切り落とし。



20190728e.jpg
貼り終わりました。

20190728f.jpg
最後の一枚。

20190728g.jpg
担当分のできあがり。

20190728h.jpg
全体をつないでみました。


2019年07月28日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2019年07月27日

緑化作業

山背鉄道レイアウトの緑化作業続きです。

20190727f.jpg
型紙を作るかどうするか考えていましたが、型紙作りを現物合わせでやるなら、材料を直接現物合わせでやってみたところ、微調整のカットは必要ですが何とか行けそうです。

20190727c.jpg
内側も現物合わせですが、直線部はケガキ線を引いています。

20190727d.jpg
犬走り部の間隔などはそれほど厳密な寸法を必要としないので、多少の凹凸は気にしないで進めます。

20190727b.jpg
両面テープで取り付けします。

20190727e.jpg
スペーサハメコミ部のところも現物合わせとケガキを併用してカットしています。

20190727a.jpg
12mm本線、16.5mm-12mmデュアルゲージ、16.5mm のブロック2つできました。

2019年07月27日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2019年07月26日

緑化作業

西大寺車輛の作業は一旦中断して、線路の作業を行います。コンベンション出展のための山背鉄道レイアウトです。

20190726a.jpg
ベニヤ平原をできるだけ少なくするため、空き地にレイアウトマットを貼ります。

20190726b.jpg
Tomix 8169 Landscape Mat (mixed green) を使用。落ち着いた良い色です。
曲線カットのケガキ線はレイアウトオーナーの方で書かれたものを使います。

20190726c.jpg
現物合わせカットも必要なところはあります。

20190726d.jpg
犬走りに相当する部分は、タミヤアクリルカラーのXF-57 「バフ」 を塗りました。

20190726e.jpg
犬走りは5mm程度にしています。

20190726f.jpg
接着剤は使わないで、両面テープで貼り付けています。補修や改造などが必要になったときにはがしやすいと思われます。

20190726g.jpg
もう一枚、収納スペーサ位置合わせ用角材の部分をよけて貼りました。

真ん中の部分は寸法取りが難しいです。現物合わせで型紙を作るのが良さそう。
2019年07月26日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2019年07月25日

西大寺キハ2

西大寺キハの続きです。

20190725a.jpg
手スリとか雨樋とか、キットに残っているパーツを取り付けました。

20190725b.jpg
後部デッキの手スリは中央部を切り取るのですが、もう少しこのままにしておきます。

20190725c.jpg
全体を組んで線路に乗せてみました。前面の曲線が平面になってしまっているのと、前面窓の高さがヘッダに届いてないので、かなり印象の異なる車輛に見えてしまいます。

20190725d.jpg
写真によると、実物の後部デッキの扉は引戸になってます。デッキ手スリは側面にもあったようです。追加できるか…

20190725g.jpg
西大寺鉄道のアサガオ型ピンリンク連結器中心高さは457mm。18インチでしょうか。1/87では5.25mmとなります。もう少し高くてもいいかな。

20190725e.jpg
キハ2+キハ4+ハボ12+ハボ5  「会陽」の特別輸送時は6両連結編成がありました。
キハの間のギヤチェンジタイミングはやはりブザーで行っていたのでしょうか。そうすると引き通し電線があったのか?それとも汽笛というかタイフォン合図でしょうか。

20190725f.jpg
連結面間が開きすぎのような気もする。カプラーを全部「長」タイプにしているけど、「短」にしてみるかなぁ。長さの差は2mmなので、連結面としては4mmも短くなる。


2019年07月25日 23:00 | コメント(0) | 1/87・10.5mm