2019年09月06日

線路整備

マルチゲージレイアウトの6.5mm−9mmの線路板つづきです。

20190906a.jpg
エンドレスに組み込んで確認しました。

20190906b.jpg
反対側から。

20190906c.jpg
待避線部分の拡大画像。

20190906d.jpg
ポイントのDCCコントロールを配線します。DCC電源線をコネクタ着脱可能にしておきます。KATOのコネクタ付きの線が余っていたのでそれを使います。

20190906e.jpg
ポイント用デコーダはDS51K1です。DCC電源は12mm線路から供給。

20190906f.jpg
配線の状態を記録。

20190906g.jpg
新設のブロックの裏側はDCC電源線が通過するだけ。

20190906h.jpg
コードはスキマから取り外し可能になっています。

20190906k.jpg
DCC電源線は右端のコネクタから給電。

20190906m.jpg
全体接続の裏側。

20190906n.jpg
緑化作業を行います。

緑化完成。運転ボードで動作試験をします。
20190906p.jpg
組み立て手順。 三つ並べて置く。

20190906q.jpg
ユニジョイナーをつなぐ。

20190906r.jpg
三つまとめて裏返す。

20190906s.jpg
DCC電源線をコード押さえにはめる。

20190906t.jpg
コネクタをはめる。

20190906u.jpg
ひっくり返して表にする。 DCC電源線コネクタをはめる。

20190906x.jpg20190906x.jpg
全体をエンドレスにする。

20190906y.jpg
ポイント転換テスト。DCS50Kを12mm線路へ供給する。電源コネクタから9mmゲージポイントに給電される。

ポイント転換テスト動画

6.5mm線路が一部ありませんので、HOn2はエンドレス周回走行できません。線路は発注中。



続きを読む
2019年09月06日 23:00 | コメント(0) | 模型線路