2020年01月26日

新年運転会

所属クラブの運転会です。

20200126h.jpg
16.5mmと12mm、9mmの山背鉄道レイアウト 展開、組立、調整中
自動往復運転装置を接続する予定でしたが、ダイオードを接続した線路の片方持参忘れが発覚、これがないと自動停止しないので手動往復となりました。

20200126c.jpg
12mmゲージ線路を銚子デハ101で試運転していますが、デコーダ搭載したのを忘れていて、アナログパワーパックで走らせていました。

20200126g.jpg
今回はクモハ123-1を中心に電車を持ってきました。

クモハ123-1走行動画
バラスト撒いた区間は走行音が反響しています。

20200126m.jpg
JM化した旧型国電クモハ53+クハ68も走らせました。
久々登場、廣瀬氏のJMレイアウトです。シノハラフレキ線路で作られています。KATOユニトラック唐竹割り線路よりは安心して走れるようです。
旧国の走行動画

以下、他の方々の作品など

20200126b.jpg
今回の出し物、牛越さんが導入されたDCC用ローラー運転台

20200126n.jpg
小菅氏はレイアウトへ組み込む跨線橋を作成中です。パンタ付き車輛の通過状況を確認するのが今回の課題です。

20200126p.jpg
小菅氏のEF64。国鉄型のパンタは低めなので無事通過。

20200126q.jpg
クモハ123は少し高めに調整したので、際どいけど通過。

20200126ex.jpg
乗工社の東急3450形はPT42ですが、自分の好みで高めにしているので通過困難。

20200126d.jpg
日立モハ13はTDK-Cですが、これは通過できるときもあるけど当たってしまう。
総じて高急グループのパンタ車は上昇を高めにしているので、跨線橋を低くしたいという小菅氏の好みとは合わないかな。1/87建築限界を調べないといけませんね。

20200126fx.jpg
牛越氏の名鉄EL。これも際どい高さ。

結果として、あと数ミリ高めに調整するということになりましたが、はたしてどうなることやら。

20200126r.jpg
三原氏の東武ネルソン63号機ができました。お得意のテンダ重量をエンジン側にかける方式で、金属製客車7両を牽引して周回しました。

63号機が客車を牽く動画

20200126s.jpg
巻本氏は製作駐車料の走行試験。このトキは3Dプリンタ製品を入手されたもの。

走行試験編成の動画

20200126t.jpg
1/80・16.5mmと思われる阪急P−6 100系 列車無線付きなので晩年タイプかな。

同じく阪急P−6の7両編成の動画
晩年の7連急行編成ですね。動画的にはちょっと残念、パンタを上げて走ってほしかった。

乗務記録
醍醐8:15〜会場9:20
会場16:45〜城陽18:05
城陽19:55〜20:35
2020年01月26日 23:00 | コメント(0) | 鉄道模型運転会