2020年04月08日

追分から大谷へ

4月6日、京阪京津線の続きです。
東海道を追分から大谷まで歩いてみました。天気が良くて暖かい、というか暑いくらいです。

20200408a.jpg
街道の東海道も、官設鉄道東海道線も、京津電気軌道も、この谷間を通ります。1912年大正元年、東海道路上に併用軌道でしかれていた京津電気軌道は、1925年大正14年2月京阪電気鉄道に合併、京阪京津線となります。1932年昭和7年、国道1号線(京津国道)の改良にともない、道路と分離して専用軌道となります。東海道線は大正10年に新逢坂山トンネルの方へ移行しますので、蒸機列車と並んで走っていたのは9年間くらい、京津電気軌道で東海道併用軌道時代となります。


20200408b.jpg
東海道線は25‰勾配ですが谷間の中へ向かっていき、京津線は40‰勾配でまだ登り続け、関所跡付近で最高地点となり、京津線の逢坂山トンネルへ入りります。大正10年から長く放置となった旧東海道線跡は、その路盤跡を利用して昭和37年名神高速道路が開通しました。

20200406c.jpg
原色編成が勾配を登っていきます。 801F びわ湖浜大津行

20200406d.jpg
回生ブレーキの定速制御で勾配を下ります。 813F 太秦天神川行

20200408c.jpg
この区間には名神をくぐって山側へ行くための踏切があります。名神に埋もれた旧東海道線路盤跡に出会えるかも。上から写真を見ると向こう側には何もないようです。

20200408e.jpg
名神高速はまだ京津線の上になっていますが、旧東海道線の路盤は谷の方へ入って行ってたようです。

20200408f.jpg
もう一つ踏切があって、名神の向こう側へ行けます。上から写真を見ると墓地があるようなので、ここには押しボタン式歩行者信号付き横断歩道があります。

20200408g.jpg
このあたりの谷の下に旧東海道線大谷駅がありました。

20200408h.jpg
大谷町の集落へ入ってきました。街道の東海道は歩道橋左の方へ向かっています。

20200408k.jpg
歩道橋途中から撮影。踏切の向こうの道が街道の旧東海道です。この踏切から右側に京津線旧大谷駅がありました。ホーム長さが短くて800系4両編成は止まれない、曲線と踏切のため延長も困難、ということで浜大津側へ移設されています。

20200408m.jpg
歩道橋上から。ガードレールのところが京津線旧大谷駅跡です。現大谷駅は桜の中に見える右側になります。

20200408n.jpg
旧大谷駅跡を通って大谷駅へ入る800系びわ湖浜大津行 811F

20200406e.jpg
大谷駅で新色811F と 原色801F が並びました。

今回の掲載はここまで。
2020年04月08日 23:00 | コメント(0) | 京阪